クレジット?credit? 今さら聞けない? TOEIC必須単語creditについて

高橋
こんにちは高橋です。
今日は「credit」というあなたにもおなじみの単語を取り上げてみました。もちろん「クレジットカード」の「クレジット」ですが、英語の「credit」は意味が広く、TOEICでは「クレジットカート」からはちょっと想像できない意味を聞かれたりもします。その中心となるのはどんな意味なのか、解説してみました。
 
 

creditは「信用」を中心に置くとうまくいきます!

ウィッキー三世
日本に居たらまずクレジットカードの意味だけですみますね。
乱三世
クレジットカードって普通高校生は作れないだろ?
ウィッキー三世
そりゃそうでしょう。
乱三世
なんで?
ウィッキー三世
なんでって高校生は学業が本分で、基本的には金を持ってないからですよ。
乱三世
要するに高校生っていう社会的な身分を考えるとお金に関しては「信用」がないからだろ?
ウィッキー三世
お金がないんだからお金に関しては「信用」がないでしょうね。それが何だっていうんですか?
乱三世
英語の「credit」は「クレジット払い」っていう意味ももちろんあって「credit card」とすればそのまま「クレジットカード」のことだけど、核になるのは「信用」ってことなんだな。だから、これを中心にして考えるとわりと色々な意味が取れるようになるわけ。クレジット払いっていうのは支払いを猶予してもらうことだろ?
ウィッキー三世
「信用」がなければいけないってことですか。
乱三世
そう。例えば、「信用」が転じて「功績を認める」ともできるわけだな。映画なんかで最後にスタッフの名前が出てくるだろ?
ウィッキー三世
あれも「クレジット」って言いますね。
乱三世
その「credit」は要するに「称賛」っていうことだな。人を「信用」していて、「功績を認める」から「称賛」できるわけだ。この「信用」っていう核になる意味が端的に出ている実例を持ってきたから見てみよう。「羊たちの沈黙」からだ。
 
 

核になる「信用」がわかるcreditの実例です!

“Give me some credit. I’m asking you to respond to the questionnaire, and you will or you won’t. Would it hurt to look at the thing?”
※dumbばかな、まぬけな ※scam汚い手口、せこいやり口
もう少しましな人間だと思ってください。私はアンケートに答えてもらえるかどうか訊いているのです。あなたは承知するかもしれないししないかもしれない。書類を見ても別に害になることはないでしょう?
 
 

乱三世
これはスターリングとレクターの初対面の会話から取ったものだけど、レクターに対して「give me some credit.」と言っているだろ?
ウィッキー三世
「もう少しましな人間だと思ってください」という訳が当てられていますね。
乱三世
「もう少しましな」ってことは、「もう少し認めてくれ」ってことを言っているわけだな。つまりは「信用したうえで認めてくれ」ということだ。スターリングはこの時訓練生の立場でレクターに会っているわけ。レクターがまだ「自分を信用していない」、「自分という人間を認めていない」、だから「give me some credit.」と言ったということだ。他にもこんなものがあるから見てみよう。

 
 

give ~credit for=「認める」の意味です!

Carlo Rizzi liked Michael but did not fear him as he had feared Sonny. Clemenza, too, though he gave Michael credit for a bravura performance with the Turk and the police captain, could not help thinking Michael too soft to be a Don.
bravura勇壮、華美
カルロ・リッツィはマイケルが好きだったが、ソニーを恐れたようには彼を恐れなかった。クレメンツァもまた、ソロッツォと警部を殺った見事な仕事ぶりを認めていたものの、ドンになるには柔(やわ)すぎると思っていた。

 
 

乱三世
これは「ゴッドファーザー」からの引用だけど、「give ~credit for」で「認める」という意味になる。
ウィッキー三世
マイケルがドンになる器かどうか寸評しているわけですね。
乱三世
それで、一定の「評価」は与えているということだな。繰り返しだけど「credit」っていうのは「信用」を核にして考えるとうまくいくということだ。「disgrace」っていうのはどういう意味が知っている?
ウィッキー三世
「不名誉」なんて意味ですよね。
乱三世
その反対が「credit」になるわけ。
ウィッキー三世
「名誉」っていうのは信用の上に成り立つものという感じですか?
乱三世
そう。いったんここでまとめておこう
ポイント1
●creditは「信用」という意味を核に置くと意味が取りやすい単語
●クレジット払い/称賛/功績を認めること/名誉/(映画等の)クレジットなどの意味がある
●give ~credit forで「認める」となる

 
 

TOEICで大事になる意味はこれです!

ウィッキー三世
creditが「信用」を核に据えるとうまくいく、というのはわかりましたけど、TOEICに出ますか?
乱三世
聞かれてまず嫌な意味はこれだろうな。辞書(Collins cobuild)ではこんな風に出ている。
 
 

TOEICで聞かれるcreditはこれです!

A credit is a successfully completed part of a higher education course. At some universities and colleges you need a certain number of credits to be awarded a degree.

 
 

乱三世
これどんな意味?大学ではある特定の数の「credit」がないと学位が取れないって書いてあるんだけど。
ウィッキー三世
そうなると「単位」となるわけですか。
乱三世
そう。例えば公式問題集では、こんな風に出てきたことがある。

 
 

TOEICの公式問題集で出ている「単位」です!

Students can choose from a range of full-credit classes provided entirely over the Internet.
学生は、すべてインターネットで提供されて、定められた単位を完全に取得できるさまざまな講座から選択が可能である。
 
 

ウィッキー三世
「credit」として単位っていうのはちょっと苦戦するかもしれないですね。
乱三世
いや、一度核になる「信用」を頭に入れれば苦戦はしないと思うよ。
ウィッキー三世
「信用」でいいわけですか。
乱三世
「単位」っていうのは学位を取るための「信用」の積み重ねのわけだ。この学生は学位に値する「認められる」(信用のある)存在だとすれば、すんなりいくと思う。
 
 

creditで「振り込む」という意味もあります!

乱三世
ほかに重要な意味としてこんなものがあるから、紹介しておこう。また辞書(Collins cobuild)から引いてみよう。

 
 

「振り込む」の意味です!

When a sum of money is credited to an account, the bank adds that sum of money to the total in the account.
 
 

乱三世
ちなみに前にもやったけど「an account」っていうのはどういう意味?
ウィッキー三世
「口座」ですね。
乱三世
そう。この「account」も本当に意味が広くてしかもTOEICでその意味の多くが聞かれるから絶対に外してはいけない単語だな。
 
 

 
 

ウィッキー三世
この場合の「credit」は「振り込む」ということですよね。「口座」の残高に加えるってことですよね。説明している意味は。
乱三世
そう。名詞で「振込」とすることもできる。TOEICに出るかと言われれば怪しいけど、これもクレジット払いとセットで覚えておくといい。ちなみに、会計用語として「貸方に記入する」なんていう意味もあるけど、これは完全に会計用語を理解していないと、解説できない領域なので、ここでは省略しよう。とにかく「credit」はどんな意味を中心にした方がよかったかもう一度、答えてもうおうか。
ウィッキー三世
「信用」ということですね。
乱三世
そう。今日はこのあたりで。
ポイント2
●TOEICに出るのはcredit=「単位」の意味
●creditで「振り込む」「振込」の意味もある

少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
このブログではさんざん触れてきたことですが、TOEICでは一目で難しい!と感じる、今まで見たこともないような単語に出会うことはまれです。ただそれはTOEICで聞かれる単語が簡単だ、ということにはなりません。TOEICのテストで点数に差をつけさせる「やり口」の一つはよく知られた単語の「主役」ではない「わき役」の意味を聞くことです。カギになるのは「多義語」です。こちらも覗いてみてください。
「得点アップのコツは意外なところにある!? わくわくTOEIC対策34」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です