TOEIC得点アップのコツは英英辞典の使いこなしにあり! おすすめの英英辞典はこれ!

高橋
こんにちは高橋です。
今日は英英辞典(英語を英語で解説したもの)についてお話したいと思います。よく、英和辞典(英語を日本語で解説したもの)との比較で、英英辞典は説明の中にわからない単語があった場合にその単語まで調べるという手間ができて、とても使いこなすことができないという声を聞きます。
確かに、まだ英語を習いたての学習者にいきなり英英辞典を使うように勧めるというのは無理があります。ただ、私はある程度力が付いた段階で英英辞典を使う方がいいという意見を持っています
なぜそう思のか今日はまずその理由を書いていきます。またその中でわからない単語があったときにはどうするかという対処法にも触れてみたいと思います。もちろんオススメの辞典も挙げてあります。
 
 

なぜ英英辞典なのか?「retreat」という単語を使って説明します!

ウィッキー三世
今日は英英辞典を使う理由ですか?
乱三世
これってこのブログを読んでくれている人ならばもう説明不要だとは思うんだな。
ウィッキー三世
どういうことですか?
乱三世
そもそもTOEIC攻略で重要なのは、どんなところにあると説明してきた?
ウィッキー三世
「多義語」ってことですか?
乱三世
TOEICでは、日本語にもなっている平易な単語の馴染みの少ない別の側面が聞かれることがよくあるということだな。
ウィッキー三世
そこに注意点があるということですよね。特に長文の問題では。
乱三世
多義語の1つ1つの意味をカウントすれば900点に必要な単語数と英検1級に必要な単語数とは大きな開きがあるわけではないというのも話したと思う。
ウィッキー三世
多義語の征服がポイントだということですよね。それと英英辞典とどう結びつくんですか?
乱三世
ずっと英英辞典で調べた意味を載せてきたじゃない。このブログで。
ウィッキー三世
だから?
乱三世
だから? じゃないよ。単語を取り上げるときにいつもやろうとしていることはその言葉の中心的な意味を拾うということだろ? それを拾うためには英和辞典ではなくて英英辞典でやるのが一番ふさわしいということだよ。多義語っていうのは、一つの単語で色々な意味があるってことだ。 つまり、その中心的な意味を取って、後は文脈に聞くっていうのが一番効率的だし、しかも頭に入れやすい方法なわけだ。それをこのブログでずっと実践してきたということだよ。
ウィッキー三世
確かに毎回、英英辞典から引用してましたけど、単に格好つけたいだけなんだと思っていましたよ。
乱三世
お前見た目通りのバカだろ? わざわざそんなことして何の意味があるんだよ。ブログで英語ばっかり載せると海外からエロいホームページに誘導するようなスパムメールがやたらと届くんだよ。格好つけているだけでそんなことするわけないだろうが。
ウィッキー三世
でも、その中心を取るのは英和辞典ではダメなんですか?
乱三世
お前「retreat」って単語知っている? 今までと同じような形で実際にTOEICで聞かれる単語を取り上げて解説したほうがより納得してもらえると思うからやってみよう。「retreat」はどんな意味。
ウィッキー三世
これは「社員研修」とか「研修旅行」とかっていう意味でたまに見かけますよね。
乱三世
TOEICだと随分端っこの方の意味を聞かれるわけだけど、中心になる意味は「離れる」ってことなんだな。例えば英英辞典(Collins cobiuld)ではこう出ている。
 
 

「離れる」の意味です!

If you retreat, you move away from something or someone.
 
 

乱三世
「you move away from something or someone.」のところは何を言っているの?
ウィッキー三世
「move away from」を使っているから「立ち去る」とか「離れる」ってことですね。
乱三世
そう。これが「retreat」の一番初めに説明されている意味になるわけだ。その他にはこんな説明もある。
 
 

「退却する」の意味です!

When an army retreats, it moves away from enemy forces in order to avoid fighting them.
 
 

ウィッキー三世
こういうのは軍事的な意味はTOEICではまず出ないですね。
乱三世
意味だけを取ると要するに兵が「退却する」ってことだろ?
ウィッキー三世
「離れる」の意味でいいと?
乱三世
そう。他にも、例えばこんなのが載っている。

 
 

「隠居所」/「静養所」の意味です!

A retreat is a quiet, isolated place that you go to in order to rest or to do things in private.

 
 

乱三世
これは「休んだり」「個人的に何かする場所」を指して使うわけだ。そしてその場所っていうのはそもそもなんだと説明している?
ウィッキー三世
「静かな、離れた場所」だということですね。
乱三世
この「retreat」っていうのは他にも「人生から引退する」とか「開発などを断念する」っていう意味もあるけど、全部「離れる」でいいわけ。
ウィッキー三世
TOEICに出る「研修旅行」や「社員研修」というのも「離れる」っていう意味から当然来ているということですか。
乱三世
そう。会社から離れたところでやるから「研修旅行」なわけだ。「retreat」以外の全部の単語がこういう風にすっきり説明できるわけではもちろんない。ただし、その言葉の意味を英語の別の表現を使って説明してくれている辞典でないと、こういう風に中心を取るというのは結構難しいことなんだな。例えば、今回の「retreat」で言えば、英和辞典のほとんどが、ただ、1「立ち去る」、2「退却する」、3「静養所」なんていう風に羅列しているだけだと思う。
ウィッキー三世
英英辞典のようにはいかないというわですか。
乱三世
繰り返しだけど、英英辞典で中心の意味を拾えれば、後は単語の意味なんて文脈に聞けばいいわけ。今回の「retreat」は「離れる」を頭に入れていれば、細かい意味は必要ないということだ。こういうやり方は何もTOEICの多義語を征服することだけでなくて、単語に親しむということでも大きな助けになるはずだと思う。
ウィッキー三世
ただ、あまり、力がないと、そもそもその説明がわからないという問題が出てきますよね。
乱三世
はじめのうちは、英和辞典と併用すればいい。意味がわかっていれば英語の説明も取りやすいよ。
ウィッキー三世
説明で使われている言葉でわからないところだけ、英和辞典で調べるというのはダメですか?
乱三世
今回「retreat」で使われている「move away from」がわからなければそこだけ調べるというのだっていいと思う。初めは完璧でなくてもちろんいい。英語を英語で説明している文章に慣れるというのはそれだけで英語力がつくことだから、あせらずやることだよ。
ウィッキー三世
英英辞典でオススメっていうのはいつもこのブログで使っている「Collins Cobuild」ですか?
乱三世
そう。この辞書は「If」とか「When」を使って、その単語を説明しているところがほかにない特徴になる。何かを説明しようとする文章そのものに親しむことができるという点でも特にオススメだな。英語力を上向かせたいと思ったらまず使ったほうがいい。それと紙の辞書を買うとCDROMもついてくるから、それをノートパソコンに入れて持ち運ぶこともできるよ。
ウィッキー三世
このブログでTOEICの点数の落とし込み方としてキンドルの活用を以前話しましたけど(→こちらをどうぞ「今度こそ挫折しない!「聴いて」TOEICの点数をUPする方法 その1」)キンドル版はないんですか?
乱三世
キンドルでももちろん手に入れることができるよ。キンドルでもパソコンに入れたCDROMでも説明で使われた単語をクリックするだけで無限に新しい単語の意味を知ることができるから使い勝手がとてもいい。「Collins cobuild Advanced Learner’s」というのが日本人の学習者用としては最適だと思う。
私のオススメの英英辞典です!(左が紙、右がキンドルです)

  

 
 

「circulation」の場合はこういう風に英英辞典を使います!

乱三世
英英辞典で中心の意味を取るというのが重要だということを「circulation」を使って同じようにやってみよう。以前この単語を取り上げたとき、その動詞の「circulate」のイメージを借りるのがオススメだと説明しただろ?
ウィッキー三世
確か「客の間を行ったり来たりしている」とか「忙しく動き回っている」というイメージでよかったはずですね。
乱三世
その説明をしてくれる文章が例えばこういうものになるわけだ。同じくCollins Cobuildから取ってみよう。

 
 

「circulate」の意味を引用したものです!

If you circulate at a party, you move among the guests and talk to different people.
 
 

ウィッキー三世
この「客の間を行ったり来たりしている」というコミカルな感じを中心に据えるとだいたいうまくいくということでしたね。
乱三世
「circulation」ってほかにどんな意味があったか覚えている?
ウィッキー三世
「血流」とか「流通」ですね。
乱三世
動詞の「circulate」はどう?
ウィッキー三世
「噂が広がる」とか「貨幣が流通する」っていう意味がありますね。
乱三世
もちろん「circulate」とっていうのは、「circle」とか「circular」から来ているんだから円を描くようなイメージをするとうまくいくと思うけど、「噂が忙しく行ったり来たりしている」から「噂が広がる」わけだし、「金が客の間を忙しく動き回っている」から「貨幣が流通する」ということになるわけだな。この流れでTOEICに出る「a circulation desk」なんていうのも簡単に説明できるということだっただろ?
ウィッキー三世
「本が忙しく動き回っている」から「受付カウンター」となるわけですね。
乱三世
そう。返すところだけでもないし、貸すだけのところでもない。総合の受付というのが一番しっくりということだ。これはアメリカの大学のホームページで「a circulation desk」とは何かを説明してくれているところがあってその文章も引用して確認したと思う。念のためもう一度引用するとこうなっている。

 
 

「a circulation desk」の意味がこんな風に説明されています。

What is a circulation desk?

The circulation desk is the place at any library where you can check out and return books, pay fines, pick up your holds, and more. They are usually located near the main entrance of each library, and are sometimes called the “Loans Desk”.

 
 

ウィッキー三世
忙しく行ったり来たりしているから「you can check out and return books, pay fines, pick up your holds, and more.」となるということですね。
乱三世
そう。この考えに沿っていけば、「circulation」の他の重要な意味も拾えるということだな。
ウィッキー三世
「発行部数」ですね。
乱三世
これも「If you circulate at a party, you move among the guests and talk to different people.」でいいわけ。日本の流通システムで言うと、本が取次や書店、客の間を忙しく動き回っているわけだ。(「circulation」の詳しい記事はこちらをどうぞ→「TOEIC必須単語のcirculationはcirculateからイメージを拝借するのがオススメです!」)
ウィッキー三世
とにかく、中心になる意味を拾って後は文脈に聞くということですね。
乱三世
それが、できるのは英英辞典だけということだ。そして、その英英辞典のなかでも特にcollins cobuildがオススメということだな。今日はこのあたりで。
 
 

ポイント!

●英英辞典を活用すると中心になる意味が取りやすく、単語の把握に威力を発揮します!
●常に文章の中に落とし込む形で単語の意味を説明しているCollins Cobuildが特にオススメです!

  
 
 

少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
僕は比較的早い段階から単語の意味を引くときはcollins cobuildに頼るようにしていました。それは、英語学習を必要に駆られて再開したときからずっとそうでした(ちなみに初めて受けたTOEICの点数は400点台という大惨敗です)。今は855点になりましたが、辞書はcollins cobuildを中心に、というのはずっと変わっていません。説明に使われている言葉は平易なものばかりなので、それほどハードルは高くないと思います。ぜひお試しあれ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です