coverの意味は簡単にカバーできる?TOEIC必須の多義語を征服する!

高橋
こんにちは高橋です。今日は「cover」という多義語を取り上げてみたいと思います。私は編集の仕事をしているので、「カバー」と聞くと「本のカバー」をすぐに連想してしまいます。でも、この「カバー」は英語にすると「cover」にはなりません。英語の「cover」は日本語で言うところの「表紙」を指します。日本語の「カバー」は「jacket」などとします。頭から混乱させてしまってはいけないので整理しておくと、

●カバー(文庫や書籍についている着脱可能な部分)=jacket
●表紙(本や雑誌の一番表にくる厚紙の部分。着脱不可)=cover

です。今日はこのほかにもたくさん意味のある「cover」を見ていきます。

 
 
 

「cover」は「覆う」が基本!TOEICに出る意味を拾いました!

ウィッキー三世
今日は「cover」ですか?
乱三世
一番基本的な意味は「覆う」ということになると思う。
ウィッキー三世
まんま「カバー」ですか。
乱三世
「彼女は手を口に当てた」としたければ、「She covered her mouth with her hand.」とすればいい。手を口に当てるというのは、要するに「口を覆う」ってことになるわけだ。それから「雲が空を覆った」だったら、「The clouds had covered the entire sky.」なんてできる。例えば、距離を覆った(カバーした)らどうなる?
ウィッキー三世
距離をカバーっていうのはどういうことですか?
乱三世
「その距離を行く」ってことになるわけだな。実例を引っ張るとこんな感じだ。
 
 

「cover」=ある距離を行く―村上龍「69」より

Nevertheless, I did take part in the long-distance race my first year. The course covered seven kilometers: from the school to Mt.Eboshi, halfway up the mountain, and back.
それでも、一年生の時は、ロードレースに参加した。北高のロードレースコースは、校門を出発し、烏帽子岳という山の中腹まで駆け上がって、折り返す、七キロの行程で行われる。
 
 

乱三世
この場合自然な日本語にすると「そのコースは7キロある」ってことだけど、要するに「7キロ行く」ってことだな。「距離を覆っている」わけだ。あと「coverage」の親戚になる意味があるだろ? TOEICにもよく出る。これは?
ウィッキー三世
「cover」で「報道する」ですね。
乱三世
そう。「coverage」で「報道の範囲」という意味もあるから、ここから連想してもいいと思う。これは本当によく使われるから、まず落としてはいけない意味だな。実例も拾ってみよう。今度は「ハンニバル」からだ。
 
 

「cover」=「報道する」の意味です!

CNN excerpted the speeches in running coverage and the networks covered for the evening news. It was as the dignitaries filed off the dais that Krendler had his moment.
※dignitary高官 ※file off 1列縦隊で行進(移動)させる ※dais貴賓用の壇、高座
※have one’s moments で調子のよいときがある He has his momentsで今が絶頂だ

CNNは長時間の特番を組んで二人のスピーチのさわりを流したし、他の主要各局も夜のニュース番組で大々的に報道した。クレンドラーが得意満面の瞬間を迎えたのは、著名な来賓たちが一列になって演壇から降りはじめたときだった。

※日本語は高見浩の訳をそのまま引用しました
 
 

乱三世
クレンドラーっていうのは、クラリスの出世をことあるごとに妨害してきた司法省の高官だ。このあと、その脳みそがレクターとクラリスのディナーの一品にされてしまう、という悲惨な最期を迎えてしまうわけだな。
ウィッキー三世
これは「cover」=「報道する」のためにあるような例文ですね。
乱三世
そうだろ? 本当にニュースの原稿で読まれてもいいような内容だと思う。TOEIC必須の意味を紹介したから、もう一つ、「含む」という意味で使われている文章も紹介してみよう。
 
 

TOEICに出る「cover」=「含む」の意味です!

Starling wrote down:
Vintage keyed to birthdays, which was already covered in her little program. She made a note to add Givenchy to her list of high-end goods.
クラリスはメモに記した― “誕生年のヴィンテージのワイン”。それはすでに彼女の調査項目に含まれていた。クラリスはまた、“ジヴァンシー”を高級品目リストに書き加えた。

※日本語は高見浩の訳をそのまま引用しました
 
 

乱三世
これも「ハンニバル」からだけど、「含む」っていうのはまさに「その範囲を覆う」っていう風にできると思う。あとは例えば、法律が「覆う」とどうなる?
ウィッキー三世
法律が「覆う」ですか?
乱三世
さっきと一緒で「その範囲を覆う」ってするとわかると思うけど。
ウィッキー三世
だとしたら「法律の適用となる」くらいですか。
乱三世
そう。名詞で保険を「覆う」っていうのもあるだろ?
ウィッキー三世
これはそのまま「保険の適用範囲」ですね。あと「保険をかける」っていう風にもできますね。
乱三世
例えば、本や講義などで「覆う」を適用するとどうなるかわかる?「deal with」と同じ意味だけど。
ウィッキー三世
「扱う」くらいですか。
乱三世
そう。仕事で休んでいる人を「覆う」とどうなる?
ウィッキー三世
「仕事を変わりやる」「代理をする」くらいになるということですね。
乱三世
とにかく「覆う」っていうのを基本に考えていくとうまくいくと思う。あとはちょっと変り種でこんなのもあるな。「ゴッドファーザー」からだ。
 
 

「cover」=「隠れ場所」、「避難場所」=「shelter」

I’ve taken some precautions against that and he’s still got a good cover but that cover won’t last forever.
予防策を講じているし、マイケルはまだ安全な隠れ家にいるが、それもずっと安全というわけではない。
 
 

ウィッキー三世
「cover」で「隠れ家」という意味もあるということですか。
乱三世
あとは「犯罪を覆う」と「犯罪などの偽装」「偽装する」なんていう意味にもなるな。とにかく「cover」は意味が広い単語だ。とりあえずここまでのところをまとめておこう。
 
 

ポイント1 coverの主な意味
●覆う
●ある距離を行く
●報道する
●含む
●保険をかける/保険の適用範囲
●(本、講義などで)扱う
●仕事をかわりにやる
●隠れ家
●犯罪などを偽装する

 
 

coverの熟語には面白いものがあります!

ウィッキー三世
だいぶ以前に「undercover」という単語をとりあげましたけど、これも「cover」が入った熟語ということになりますか?
ファッションブランド「undercover」の意味を解説しています!
「その日本語、英語ではこういう意味になります その3 undercover (高橋盾の)アンダーカバー」
乱三世
あの「undercover」は一語の扱いで「覆面捜査」とか「秘密捜査」という意味だな。「under cover」という熟語は「隠れて」となる。まあほとんど意味は変わらないけど。他には「blow one’s cover」なんていうのがあるけどこれはわかる?
ウィッキー三世
「blow one’s cover」? ヒントはないんですか?
乱三世
「blow」って風が吹くって意味だろ? 覆われているものが、風が吹いてなくなると人間の何がわかるの?
ウィッキー三世
本性ですか。
乱三世
「正体をばらす」って言う意味なんだな。ほかにも「run for cover」とすると面白い意味になるからこれは実例で見てみよう。「ゴッドファーザー」からだ。
 
 

「run for cover」の意味です!

The Families would be after you. The Corleone Family would become outcasts. Even the old man’s political protection would run for cover.
ほかのファミリーは君をつけ狙い、コルレオーネファミリーはのけ者にされてしまう。ドンの政治的なコネもそうなれば知らん顔を決め込むだろう。
 
 

乱三世
これは、ドンを襲撃した麻薬の売人のソロッツォと、その保護をしている警官を殺した場合にどんなことが起こるか、幹部のトム・へーゲンが説明している場面だな。それでもソロッツォを生かしておくことがドンの生命にかかわると判断して二人ともにマイケルが撃ち殺すことになるわけだ。映画でも本当に有名な場面だ。
ウィッキー三世
「run for cover」で「知らん顔を決め込む」となっていますけど、これは意訳してあるんですよね?
乱三世
「慌てて隠れる」とか「安全な場所に隠れる」っていう意味になるんだな。「dive for cover」なんて言ったりもするけど、感じが出ているだろ?
ウィッキー三世
政治的なコネのある連中もやばい状況になったら「慌てて身を隠す」と。
乱三世
そう。まさにさっき説明した「隠れ家」に逃げ込むイメージだ。まとめをしておこう。
 
 

ポイント2
●under cover 隠れて、内密に
●blow one’s cover正体をばらす
●run for cover慌てて隠れる/安全な場所に隠れる

 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
最初に本の「カバー」の話をしましたが、編集者になって一番最初に覚えなければいけないのが、本や雑誌の各所を具体的に指示する言葉です。ノド、小口、背、天地、左右、そで、見返し、背などデザイナーとのやりとりや印刷所にデータを渡す際の必須用語となります。私が一番最初に読み方を間違えて恥をかいたのが「本文」です。これ、なんと読むか知っていますか?「ホンモン」と読ませます。「ホンブン」ではなく「ホンモン」です。こんなこと知っていてもナンパの種にもならないとは思いますが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です