more than fiveは5以上でいいの? more thanとless thanの本当の意味とは?

高橋
こんにちは高橋です。
今日は「以内」「以下」「未満」という小学生で習う日本語表現を英語でどう言えばいいのか説明してみました。「以上」は「more than」、「以下」は「less than」とすれば問題ないようにも思えますが、どうでしょうか?少しでも不安がある人は覗いてみてください!

 
 

more than は以上? less thanは以下?

ウィッキー三世
今日は「more than」「less than」ですか?
乱三世
まず日本語の意味から聞くけど、「5以上」と言ったら、5は含むの? 含まないの?
ウィッキー三世
5を含んだ数字ですね。
乱三世
「5以下」は?
ウィッキー三世
これも含みます。
乱三世
日本語には「未満」という言い方があるけど、「5未満」と言ったらどうなる?
ウィッキー三世
これは5を含まない数ですね。
乱三世
じゃあ、「5未満」を以下を使って表すとどうなる? 小数点を含まない自然数で言ったらどうなる?
ウィッキー三世
「4以下」ですね。
乱三世
日本語の前提は大丈夫そうだから、例えば英語で「more than five」となったらどうなる? 今日の本題だ。
ウィッキー三世
普通で考えたら「5以上」ということになると思いますね。
乱三世
そうね。日本人にとっては一番紛らわしい表現になると思う。「more than five」としてあったら、「5を含まない」というのが正解だ。これが個数、あるいは小数点の数字を含まない自然数だったらどう表すことになるの?
ウィッキー三世
「6以上」ということですか。
乱三世
そう。TOEICでここまで意地悪な質問はないとは思うけど、とにかく考え方としては頭に入れておいかないと旅行のときやビジネスの場面で苦労することも出てくるはずだ。まず「more than」の実例を村上龍の「69」で確認しておこう。

 
 

more thanの例です!

“The year’s almost over. We’ll never finish the textbook if I have to spend most of my time hitting people. From now on I won’t give anyone more than three whacks.”
※whack杖などで激しく打つ、強打
「1年もそろそろ終わりに近づいてる、何発も殴ってると時間のムダで授業がそのぶん遅れるから、これからは四発以上は殴らないことにする」
 
 

乱三世
これシミズという古文の教師の発言だけど、陰険な教師で点数の悪い生徒を木の棒で殴っていたというんだな。「4発以上殴らない」とあらわしたいときの回答が載っているだろ?
ウィッキー三世
「I won’t give anyone more than three whacks.」ですね。4以上で「more than three」としてあります。
乱三世
そう。「more than three」は3を含まない、「4以上」ということになるわけだ。
ウィッキー三世
「4以上」は「more than three」と言えばいいというのは分かりましたけど「three」を使って「3以上」を表すことはできないんですか?
乱三世
それは「three or more」とすればいい。
ウィッキー三世
「3かそれより上」ですか。
乱三世
わかりやすいだろ? 「more than」の考え方がわかったら、次は「less than」もつぶしておこう。考えた方が同じだからわかりやすいと思う。「less than five」を答えてもらおう。
ウィッキー三世
これは、5を含まない「5未満」ということですね。
乱三世
そう。「less than」=未満だ。これは「under」としても同じ意味になるな。例えば「5未満」を「under」で表すとしたらどうなる? 一応答えてみて。
ウィッキー三世
「under five」でいいわけですか。
乱三世
これは「5才」未満の意味にもなるわけね。「less than」に関して実例を持ってきたから見てみよう。

 
 

less thanの実例です!―ゴッドファーザーより

It took Neri less than three days to make up his mind.
ネリが決心を固めるまで、3日かからなかった。

 
 

乱三世
「less than three days」で3日とかからなかったと訳してあるけど、さっき説明したやり方で言うとどうなる?
ウィッキー三世
「3日未満」ということですね。
乱三世
例えば「5以下」と表したければではどう表現するのがいい?「more」のときと同じように「or」を使うと?
ウィッキー三世
「five or less」ですね。
乱三世
そう。「more than」と「less than」についてここでいったんまとめておこう。
ポイント1
more than five……5を含まない6以上という意味(自然数の場合)
less than five……5未満という意味(自然数の場合4以下とも表現可)

 
 

以内としたいときはどう表現する?

ウィッキー三世
「以内」という表現がありますよね。
乱三世
うん。2週間以内とかね。締め切りと言えばTOEICの問題というくらい、よく見かける表現だ。
ウィッキー三世
数量の範囲を表すときに「以内」としたい場合はどうすればいいんですか?
乱三世
お前が大好きな「within」っていうのがあるだろ? 「最大」ということで言えば「up to」なんていうのもある。
ウィッキー三世
「最大~」だから「以内」ということですか。
乱三世
そう。一応「witihin」の実例をみておこうか。 「1時間以内」としている文章だ。

 
 

TOEIC必須単語のwithinの表現です!

Late that afternoon Hagen received a call from the producer’s secretary that a car would pick him up within the hour to take him out to Mr.Woltz’s country home for dinner.
その日の午後遅く、へーゲンはプロデューサーの秘書から電話を受けた。郊外にあるウォルツの自宅で夕食を取るため、1時間以内に迎えの車を行かせるという内容だった。
 
 

乱三世
これはもう説明が不要だろ? 例えば「10メートル以内」だったらどうなる? 答えて。
ウィッキー三世
「within ten meters」ですね。
乱三世
「up to」を使って「up to 2 free gifts」とすればTOEICっぽくなるだろ?
ウィッキー三世
「最大2個の無料プレゼント」ですか。
乱三世
そう。あとさっきの「or less」っていうのももちろん使えるわけだ。「5分以内」だったらどう表現すればいいわけ?
ウィッキー三世
「5 minutes or less」ですね。
乱三世
もしくは「no more than 5 minutes」とすればいいわけだ。
ウィッキー三世
「6分以上」ではないということだから「5分以内」ということですか。
乱三世
そう。「or less」を紹介したからついでではないけど、「more or less」なんていう便利な表現も紹介しておこう。久しぶりに「コロンボ」の会話からだ。

 
 

「more or less」はこんな意味です!

―I want to double check a few things with you. You saw the murder scene on the television screen in there?
ちょっといくつか確かめたいことがあるんだけど。あなたはここで(カメラを通して)殺しをみたわけだよね。
―That’s right.そうです。
―What time was that? 何時ごろ?
―Well, it was about nine-thirty, more or less. 21時30分かそのあたりです。
―Right, and Mr. Van Wick, he says he left around nine-thirteen.
ヴァンウィックさんは21時13分に(家を)出たと言っていたけど?(間違いない?)
―That’s about right. そうです。

 
 

乱三世
「more or less」って便利だろ?
ウィッキー三世
これは「だいたい」ってことでいいんですか?
乱三世
そう。「more」か「less」なんて、あいまいな感じがそのまま出ているだろ? 今日はこのあたりで。
ポイント2
●within/up to……以内、最大~
※両方ともにその示した数字以内という意味(「within ten meters」だったら10メートル以内)
※例えば5分以内であれば、「no more than 5 minutes」や「5 minutes or less」とも表せる
●「more or less」……「だいたい」

 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
私は「聴く」ことを英語学習の中心に据えていると何度も紹介してきました。
今日の最後に取り上げた「more or less」という表現はまさに「聴い」ていたときに「なるほど!」と思った表現です。「聴く」だけで意味がわかったんですね。
隙間時間を有効活用するという意味でもこの「聴く」学習は最強の学習方法です。私のやり方を参照してみてください。
「私の勉強方法についてはこちら!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です