「ホスト」とは今日でお別れ!「host」の多面性を身に着ける~わくわくTOEIC対策41~

高橋
こんにちは高橋です。
今日は「host」という単語を取り上げてみました。日本語で「ホスト」とすると、「ホストクラブ」で働いている人たちを指すことが大半だと思いますが、もちろん英語の「host」はこういうイメージだと失敗します。この単語の核になるイメージから解説してみました。今日もたくさんの実例付きです!

 
 
 
 
 

日本語の「ホスト」とTOEICでよく出る「host」

ウィッキー三世
今日は「host」ですか。
乱三世
そう。TOEICでもよく出るだろ?
ウィッキー三世
TOEICを何度か受けていれば、日本語の「ホスト」に引っ張られることはないとは思いますけどね。
乱三世
その「ホスト」っていうのはそもそもどこから来ているの?
ウィッキー三世
パーティーとかで客をもてなす「主人役」を指して「host」としますよね。そこからじゃないですか?
乱三世
そうね。一応サンプルを「ゴッドファーザー」から引用しておこう。

 
 
 
 
 

Surprisingly Woltz proved to be a truly considerate host.
意外なことにウォルツの接待は心がこもったものだった。
 
 
 
 
 

乱三世
接待としたけど、ようするに「guest」の反対の言葉と考えればいいわけだな。パーティーなどの「主人役」あるいは動詞の形にして「主人役を務める」なんていう風にできるわけだ。他にはどんな意味がある?
ウィッキー三世
テレビ番組などの「司会をする」とか「司会役」っていうのも「host」ですよね。
乱三世
そう。TOEIC必須単語だ。ほかには?
ウィッキー三世
イベントなんかを「主催する」っていうのがTOEICでは一番問われるんじゃないですか?
乱三世
これはさっきと同じように名詞にできるな。「主催」とか「開催」のようにできるってことだ。この場合の「host」で注意しておきたいのは、こういう使い方だと思う。辞書(Collins cobuild)に聞いてみよう。

 
 
 
 
 

If a country ,city, or organization hosts an event, they provide the facilities for the event to take place.

 
 
 
 
 

ウィッキー三世
これはどこに注意すべきなんですか?「市や国や組織がイベントを行うために施設を提供する」ことを指して「host」とするということですよね。日本語にすると「開催する」に近い意味だと思いますけど。
乱三世
「a country ,city, or organization」となっているところだな。
ウィッキー三世
「国」とか「市」とかが主語になっているところですか?
乱三世
そう。人ではなくて、「組織」が主語になるってところだな。「Cannes hosts the annual film festival.」っていうのが例文として載っているけど、例えば「前浜ビーチ」みたいな「地名」に属するようなものも主語になることがあるってことだな。
ウィッキー三世
実際にはその組織が動いているわけだけど、カンヌみたいに「地名」そのものが主語になっても驚かないようにするってことですか。
乱三世
「東京都主催」「東京都にて開催」みたいな日本語にもなじんでいるから問題ないとは思うけど、免疫をつけておいたほうがいいということかな。TOEICでもこの「人」以外が「開催」「主催」するっていうのはよく出るから、確認のためだ。

 
 
 
 
 

「parasite」から連想する「host」

乱三世
「host」ってほかにも重要な意味があるだろ?
ウィッキー三世
見出しにつけた「parasite」(パラサイト)って「寄生虫」ってことですよね。
乱三世
昔「パラサイト・イヴ」なんていう小説があったから日本人にもなじみのある単語だと思うけど、その「parasite」が寄生している対象が「host」ってことだな。
ウィッキー三世
要するに寄生生物の「宿主」くらいになるわけですか。
乱三世
そう。村上春樹の「羊をめぐる冒険」にこういう文章があるから見てみよう。
 
 
 
 
 

“The sheep that enters a body is thought to be immortal. And so too the person who hosts the sheep is thought to become immortal.
人の体内に入ることのできる羊は不死であると考えられている。そして羊を体内に持っている人間もまた不死なんだ。
 
 
 
 
 

ウィッキー三世
体内に羊を宿しているというところから考えると「宿主」っていうのがぴったりなわけですか。
乱三世
この場合は動詞で使っているけど、「parasite」と「host」の関係と考えていいと思う。この「host」に近い使い方でちょっと面白いものが「スターウォーズ」の「エピソード2」にあったからついでに紹介してみよう。惑星カミーノを訪れたオビ=ワンがクローン軍について説明を受けている箇所だ。

 
 
 
 
 

We modified their genetic structure to make them less independent than the original host.
「ホスト」よりも自我のない(他者依存)のクローンにするため遺伝子を操作したのです。

 
 
 
 
 

ウィッキー三世
ヨーダをはじめジェダイの面々がクローン軍の計画が勝手に進んでいたことを感知できずにいたわけですよね。
乱三世
調べるうちにサイフォ=ディアスっていう十年も前に死んだジェダイが依頼をしたということがわかったわけだ。で、「クーロン」というのは、「host」の遺伝子を操作してつくられたものだというのが、上の発言だ。
ウィッキー三世
つまり、元になる遺伝子の持ち主を指して「host」としているということですか。
乱三世
以前取り上げた「copy」って言う単語とセットで覚えておきたい意味だ、ということかな。よく「a host computer(ホストコンピューター)」って言い方するだろ?
ウィッキー三世
複数のオンラインに接続されているコンピューターのうちの上位のものというイメージですよね。
乱三世
さっきの「parasite」と「host」の関係に近いと思うんだな。比喩的に使われているけど面白い使い方ということだ。

 
 
 
 
 

「host」の変り種はこれ!

乱三世
最後に変わり種を紹介しておこう。ラテン語の「敵」とか「軍勢」ってとこから来ている意味だ。「ゴッドファーザー」から引いたから見てみよう。
 
 
 
 
 

And in any case this was a land where to be called disfigured you had to compete with a host of men who had suffered extreme physical misfortune.
※disfigure~の外観(体裁など)をそこなう 
いずれにしろこの地では、醜いと言われるためには、ひどい肉体的な災難にあった大勢の人間と競い合わなければならなかった。

 
 
 
 
 

ウィッキー三世
これは、抽象的な文章ですね。
乱三世
マイケルが麻薬の売人とそのボディーガード役の警官を撃ち殺したあと、シシリーに潜伏しているときの描写になるな。このときマイケルの顔の片側は警官に殴られて凹んでいたわけだ。ただし別の片側は美しい彼本来の容姿のままだったから、自分で考えるよりも周囲にはそれほどハンディと映らない、という意味で書いてある文章なんだな。お前が言う通りかなり抽象的ではあるけど、問題は「host of men」としているところだ。
ウィッキー三世
これで「大勢の人間」となるわけですか。
乱三世
そう。辞書(collins cobuild)には「A host of things is a lot of them」と載っている。
ウィッキー三世
「多くの」とか「多数の」という感じですか。
乱三世
この意味だと同義語は「multitude」になるな。今日は、TOEIC必須の「開催する」とか「司会者」っていうのも、もちろんだけど「parasite」(寄生虫)に対する「宿主」くらいまではマストとして押さえておきたいね。

 
 
 
 
 

「host」まとめ
●主人役、主人役を務める
●司会をする、司会役
●主催、開催、主催・開催する
※「人」以外が「開催」「主催」する場合に特に注意が必要
●宿主 ※parasaite(寄生虫)に対する言葉
●A host of~で大勢の、多数の ※multitudeと同義語

 
 
 
 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
人気ブログランキングへ

TOEICランキング

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
「hostage」とすると「人質」と言う意味になります。例えば「ゴッドファーザー」で拉致されたトム・へーゲンがこんな風に考える場面があります。「For the first time he really believed that Sollozzo did not mean to kill him or hold him as a hostage.」(初めてソロッツォが彼を殺したり人質にするつもりでないことを信じることができた)。ヒリヒリした場面に触れると単語は自然と入ってくるものなので、ぜひ自分の好きなコンテンツから仕入れる癖をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です