fraction?friction? TOEICで聞かれて嫌なのはどっち?

高橋
こんにちは高橋です。
今日は、私が以前とんでもない間違いをしたことがある「fraction」を取り上げてみたいと思います。この「fraction」はあなたもよくご存知の「friction」によく似ていますね。私が間違えた原因もここにありました。「a」と「i」が違うだけで意味を取り違える可能性があるというのは、非ネイティブの学習者の悲哀ですが、今日は、「ゴッドファーザー」の印象的な場面から取って頭に入れやすいようにしてみました。

 
 
 
 
 

TOEICでもマークしておくべき「fraction」

ウィッキー三世
今日はまた紛らわしい単語ですか?
乱三世
「刀」と「力」が似ているから、覚えるときに苦労するっていう人はあんまりいないだろ? 
ウィッキー三世
日本人でってことですか?
乱三世
そう。「苦手」と「若手」はどっちが「得意ではない」ってことなの?
ウィッキー三世
「苦手」ですよ。
乱三世
ちょっと待って! 「得意ではない」はクサカンムリの下が「右」だっけ?それとも「古」だっけ? って日本人だったらまず思わないだろ?
ウィッキー三世
それがなんだっていうんですか?
乱三世
いや、ネイティブだったら「fraction」と「friction」を取り違えることはまずないから非ネイティブの学習者っていうのはつくづく大変だ、と思っただけだよ。
 
 
「fraction」の発音です↓
「friction」の発音です↓
ウィッキー三世
そんなこと言ってても始まらないじゃないですか。今日は要するに「friction」っていう単語に足を引っ張られて「fraction」で怪我をしないように、って話なんでしょう?
乱三世
そう。TOEIC学習にとってはそんなに馴染みがないのは「fraction」の方だと思うんだな。お前が言ったとおり、「friction」が悪さしてこっぱずかしい間違いをしかねないということだ。今日は「ゴッドファーザー」の大事な場面から取ってみたから、まずはここから初めてみよう。

 
 
 
 
 

But he did not have time to think about that because two men came out of the car parked in front and walked toward him. The toll collector still had not appeared. And then in the fraction of a second before anything actually happened, Santino Corleone knew he was a dead man.
ただサンティノは前の車から二人の男が歩いて向ってきていたので、そのことについて考える暇はなかった。料金徴収の男は未だに姿を現さなかった。そしてその瞬間、実際に何かが起こる前にサンティノ・コルレオーネは自分が死ぬ運命であることを知った。
 
 
 
 
 

乱三世
これは、映画ではなく、小説で読んだときの特典みたいな場面だな。映画でもマシンガンでぶっ放される場面があるだろ?
ウィッキー三世
サンティノってドン・コルレオーネの長男ですよね。
乱三世
その長男が妹からの電話に怒って車を走らせた後、料金所で絶命してしまう場面だ。
ウィッキー三世
待ち構えていた敵の罠にはまって殺されてしまう場面でした。
乱三世
その場面で自分が罠にはまったことを悟った瞬間の記述になるわけだな。悟ったときを表わして「fraction」を使っているわけだ。「Just a second」って言ったらどういう意味?
ウィッキー三世
会話だったら「ちょっと待って」くらいじゃないですか。
乱三世
この場合の「fraction」っていうのは「ほんのわずか」ってことだな。「second」自体に「瞬間」って意味があると思うけど、「in the fraction of a second」で「ほんの一瞬」ってことだ。
ウィッキー三世
「瞬間」をさらに強調していると?
乱三世
そう。一応辞書(collins cobuild)にも端的に載っているから引いておこう。

 
 
 
 
 

「fraction」の「ほんのわずか」の意味はこう出ています!

A fraction of something is a tiny amount or proportion of it.

 
 
 
 
 

乱三世
そもそも「fraction」っていうのは「分数」のことだな。「比」とか「割合」ともいえるけど。「a tiny amount or proportion」ってなっているだろ?
ウィッキー三世
わずかな「量」や「割合」ってことですね。
乱三世
この「ゴッドファーザー」で引用した使い方はとにかく、よく使われるものだから、頭に入れておいたほうがいいと思う。例えばTOEICの公式問題集でも「Only a fraction of the products sold at Ogden’s Gifts are not made by local artisans.」(ogden’s Giftsで販売される製品のほんの一部のみが、地元の職人による制作ではありません)なんていう文章がパート5で出てくる。
ウィッキー三世
パート5って短文の穴埋めですよね。ブランクがどこになるわけですか。
乱三世
頭の「only」だな。「fraction」を「friction」と取り違えると、まるでわけのわかない文章になってしまうということだ。

 
 
 
 
 

「fraction」を頭に入れたら「friction」も確認しておきましょう!

乱三世
「fraction」ってさっきお前が言ったとおり「friction」っていう単語があるから紛らわしいと思うんだな。
ウィッキー三世
「friction」の方がほとんどの人は先に頭に入っているでしょうね。
乱三世
念のため、確認しておくと、こんな風に使われる単語だな。以前紹介したオバマの自伝「Dreams from My Father」からだ。
 
 

アメリカの前大統領オバマの自伝を紹介した回はこちらです!
オバマは不良だったの!? オバマ(前アメリカ大統領)の自伝から見るアメリカ

 
 
 

This created more friction between Sarah and her younger brother, especially because she knew that Barack was not always serious about his studies. Everything came too easily to him.
弟のバラクは勉強にいつも真剣に取り組んでいるわけではなかったからサラとバラクの関係は余計にギクシャクした。バラクはなんでも簡単にやってのけた。
 
 
 
 
 

乱三世
この引用文でのバラクっていうのは「バラク・オバマ」の父親の話だな。要するにオバマの父親とその姉がすこしうまくいかないところがあったというわけだ。「friction」は訳文だとどうなっている?
ウィッキー三世
「ギクシャクした」ですね。
乱三世
この「ギクシャクした」っていうのは白倉三紀子/木内裕也の訳から取ったけど、この場合の「friction」にピッタリだと思う。「friction」で最初に頭に浮かぶ意味ってどんなもの?
ウィッキー三世
「摩擦」ですね。
乱三世
そう。この引用文の意味は「摩擦」でもいいけど、むしろ「conflict」に近いものだな。
ウィッキー三世
「紛争」とか「言い争い」とかそんな感じですか。
乱三世
関係がよくないときに使う言葉だ。辞書(collins cobuild)で引くとそのあたりを詳しく説明してあるから見てみよう。

 
 
 
 
 

friction=conflictの意味です!

If there is friction between people, there is disagreement and argument between them.

 
 
 
 
 

乱三世
「there is disagreement and argument between them.」っていうんだからわかりやすいだろ?
ウィッキー三世
「意見の相違とか不一致」「論争」とか「議論」があるってことですか。
乱三世
もちろん「摩擦」から推察できる意味ではあるけど、人間同士の摩擦のときは、両者の間に「ギクシャクした」ところがあるってことだ。とにかく、「fraction」とこの「friction」の意味の違いを頭に入れてしまいたいところだ。

 
 
 
 
 

まとめ
●fraction……ほんのわずか、分数
※TOEIC公式問題集の「Only a fraction of the products」は「製品のほんの一部のみ」の意味。
 
●friction……摩擦、人間関係の摩擦

 
 
 
 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
意味を理解していない段階で音だけ聞いていてもそれこそ何の意味もない、とよく言われますが、私は人の意見は徹底的に無視してセリフの音を「聴き」続けていました。「意味」というのはそもそも人間関係の中にしかないわけです。であればその人間同士の関係を理解できればほとんどの「意味」は想像できてしまいます。最後まで確認できないところがあればそこを確かめればいいわけです。ポイントは日本語訳で頭に入っている素材を選ぶこと。私はこの方法でリスニングの点数が470点まであがりました。
●私の勉強方法についてはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です