TOEICに出るassociateはここに注意!!「associate」別の顔が悪さをする!?

高橋
こんにちは高橋です。
今日はあなたにもおなじみの「associate」を取り上げました。もちろん「結びつけて考える」といった意味が頭に入っていれば用が足りる単語ですが、
TOEICでは注意しておかなければならない別の顔が存在します。こういう「ダークサイド」を放置すると、きっと「悪さ」をしますから、今日でつぶしてしまいましょう!

 
 
 
 
 

TOEICの「associate」はここに注意が必要です!

ウィッキー三世
「associate」っていまさら説明されてもって感じじゃないですか。
乱三世
「associate」ってどういう意味で覚えている?
ウィッキー三世
それは動詞だったら「結びつけて考える」とか「提携させる」とかがすぐに思い浮かびますよね。
乱三世
「結びつけて考える」だったら「associate A with B」ってことだろ?
ウィッキー三世
そうですよ。
乱三世
「提携させる」だったら 受け身の形で使ったり、「associate yourself with~」なんていうふうにするってことだな。
ウィッキー三世
だいたいこの意味を押さえておけば大丈夫だと思っていますけど。
乱三世
今日初めて読んでくれた人もいるかもしれないから一応確認しておくけど、このブログではなんで「多義語」を多めに取り上げているんだっけ?
ウィッキー三世
単語に関してはTOEICっていうのは「縦」に深く聞いてくる傾向があるってことですよね。
乱三世
誰でも知っている単語の別の意味を聞いてくるということだな。なんで簡単な単語しかないのに、意味が取れないのか不思議に感じたら、こういう単語を疑えとずっと話してきたわけだ。
ウィッキー三世
特に日本語にもなっているよく知られた単語っていうのが要注意ということでしたね。
乱三世
そう。例えばその一つで「serve(サーブ)」という単語を以前紹介したわけだ。テニスの「サーブ」なんかが日本人にも親しいものだと思うけど、主に「serves as」の形のとき、全然違う意味になるということだったろ?
ウィッキー三世
「(変わりに)役立てる」「役割を果たす」でした。
乱三世
簡単なところでは「copy」で注意すべきなのは、どんな意味だった?
ウィッキー三世
CD1部、本1冊、レコード1枚ということですね。
乱三世
つまり、CDや本やレコード「そのもの」を指すということだろ? これは複製技術の発達でオリジナルがコピーでもあるっていう複雑な事情が出てきて、そういう事情がそのまま言葉に反映されているわけだ。
ウィッキー三世
要するに今日の「associate」も気をつけなければいけない意味があるってことなんですか。
乱三世
そう。前置きが長かったけど、こういう意味は注意しなくても大丈夫?っていうのがあるから見てみようか。今日は、オバマ前アメリカ大統領の自伝「Dreams from My Father」からだ。

 
 
 
 
 

Trinity’s associate pastor, a middle-aged woman with graying hair and a no-nonsense demeanor, ~
※pastor牧師、主任司祭
※no-nonsense真面目な、しっかりした
※demeanor行状、ふるまい、品行

トリニティー教会の副司祭は、真面目そうな白髪まじりの中年女性だった。

 
 
 
 
 

乱三世
「associate pastor」でどういう意味になっている?
ウィッキー三世
「副司祭」としてありますね。
乱三世
そう。「assistant」っていう単語を知っている?
ウィッキー三世
「assistant」?日本語にもなっている「アシスタント」ですよね。
乱三世
どういう意味?
ウィッキー三世
仕事なんかで「手助けをする人」っていう意味じゃないですか。
乱三世
なぜ「アシスタント」の話をしたのかというと、この「associate」を「アシスタント」の意味だと解説している単語集があるんだな。ただこれは今見たように日本語の「アシスタント」で覚えてしまうとちょっと危険なんだ。辞書でこの場合の「associate」の意味がわかりやすく載っているから確認してみよう。

 
 
 
 
 

associateの注意したい意味はこれです!

Associate is used before a rank or title to indicate a slightly different or lower rank or title.
 
 
 
 
 

乱三世
日本語の「アシスタント」と完全に同じ意味?
ウィッキー三世
これは、地位や肩書が下だとわかるように職名の前などにつける言葉を指して「associate」とできるということですよね。
乱三世
そう。例えば「アシスタントディレクター」だったら「アシスタント」とできることもあるかもしれないけど、むしろ、「正副」の「副」それから「準」なんていう風にするのが一番日本語ではしっくりくるはずなんだな。例えば「associate professor」としたらどういう意味になる?
ウィッキー三世
教授」ですか。
乱三世
そう。これは教授を助ける「助手」っていうよりも、その人の地位をあらわしているものだろ?「associate member」なんていうのを考えるともっとわかりやすいと思う。
ウィッキー三世
会員」ですね。
乱三世
「準会員」って別に「正会員」の「アシスタント」ではないだろ?
ウィッキー三世
単にその人の「地位」を示す言葉ですね。
乱三世
「associate」は今日引っ張ってきた辞書の文言で覚えたほうがいいわけだ。TOEICの公式問題集でも「Associate Sponsor」という風にしてこの「associate」を使っているところがある。これはスポンサー」と訳されているものなんだな。金をいくら出してくれるかによってスポンサーのランクを分けていて、この上のランクが「Primary Sponsor」だ。
ウィッキー三世
「筆頭スポンサー」くらいですか。
乱三世
繰り返しだけど、「Associate Sponsor(準スポンサー)」っていうのは「Primary Sponsor(筆頭スポンサー)」の「アシスタント」ではないわけだ。で、なんで単語集によっては「アシスタント」としているかというとそういう意味で「使えることもある」からなんだけど、そもそも英語の「assistant」と同じ意味だからっていうことも関係していると思う。
ウィッキー三世
というと?
乱三世
「assistant」にも、職業の「副」「準」を指して使うことができるということだ。つまり日本語になっている「アシスタント」とは完全に一致しない意味を持っていて、それが「associate」と同じということなんだな。
ウィッキー三世
「assistant」も多義語ということですか。
乱三世
そう。ちょっと話を整理すると、注意したい「associate」は職業などの「正副」の「副」や「準」なんていう「肩書」のことで、この「associate」の意味と同じ意味を「assistant」という単語も持っているということだ。
ウィッキー三世
この場合の「associate」は英語の「assistant」と同じで、日本語の「アシスタント」とは必ずしも同じではないということですね。
乱三世
そう「associate」=「assistant」なんだけど、この場合の「assistant」は日本語の「アシスタント」とはちょっと意味が違うということだな。念のために、「assistant」も辞書で引いておこう。

 
 
 
 
 

「associate」と同じ意味で「assistant」があります!

Assistant is used in front of titles or jobs to indicate a slightly lower rank. For example, an assistant director is one rank lower than a director in an organization.

 
 
 
 
 

ウィッキー三世
さっきの「associate」とほとんど同じ説明ですね。
乱三世
そう。繰り返しだけど、辞書の意味で覚えてしまったほうがいいということだ。とくにTOEICで注意してほしい意味を念入りに紹介したわけだけど「associate」の他の意味も少し紹介しておこうか。 
ウィッキー三世
「colleague」と同じ意味がありますね。
乱三世
「同僚」とか「仲間」ってことだな。ほかには例えば、こういうものがあるな。「汝の父を敬え」っていうノンフィクションから取ったから見てみよう。

 
 
 
 
 

Bonanno was deeply disturbed by the publicity he did get, because it was the first time in years that he was openly associated with organized crime.
※get a lot of publicity=大評判になる

ボナンノは自分の評判をひどく気にした。なぜなら彼が組織犯罪に関係があるとされたのは久しくないことだったからだ。

 
 
 
 
 

ウィッキー三世
「副」とか「準」とかじゃなくて一番初めに紹介したいのはこれだったいう感じの意味ですね。
乱三世
ボナンノっていうのは今までさんざん説明したけど、どんな人だった?
ウィッキー三世
もう耳にたこができるほど聞かされましたよ。
乱三世
なんだった?
ウィッキー三世
TOEICとは関係ないこと話すとまたPVがさがりますよ。「ゴッドファーザー」のモデルの一人と言われている人物ですよね。
乱三世
そう! そのマフィアの親分が気にしていたのが何だって言っているわけ?
ウィッキー三世
「犯罪組織に関係があるという評判」ですね
乱三世
「associate」でそうした好ましくない関係も表せるってことだな。
ウィッキー三世
悪事を行っているような人や組織と関係することを指して「associate」と当てるということですね。
乱三世
そう。今日は説明が長くなってしまったけど、まずは人の職業的な地位などを指して使わる「副~」や「準~」というのを、頭にいれてほしいというところかな。
 
 
 
 
 

「associate」にはこんな意味があります!
●職業、地位などを指して「準~」、「副~」(←TOEICで注意したい意味です!)
●結び付けて考える(associate ~with~)
●提携させる
●悪い仲間などと関係を持つ
●仲間、同僚

 
 
 
 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
私は、今TOEICの点数が855点ですが、750点を超えたときに一番力を入れていたのが、英語を「聴く」ということでした。耳から英語を入れることを選んだのは、当時編集の仕事をしていて(今はフリーの編集者)、とても机に向かう時間が作れなかった、ということが大きく関係していますが、これは今でもよい方法だったと思っています。もちろん、ただ「聴く」だけではなく色々と工夫があります。興味があればのぞいてみてください(「最初に読んで欲しい記事はこちら!」)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です