毎日わくわくTOEIC対策! その10 edgeエッジ~「ゴッドファーザー」を借りて~

高橋
こんにちは高橋です。
今日は昨日の「fieldフィールド」に引き続き「edgeエッジ」を取り上げたいと思います。
あなたは、日本語になっている「エッジ」以外の意味をすぐに頭に思い浮かべることができるでしょうか?
今日もいつものように、実際にその言葉が使われている小説の「場面」から抜き出して解説してあります。
それではどうぞ!

 
 
 
 
 

ウィッキー三世
今日は「edgeエッジ」なんですよね?
乱三世
お前よ、どうでもいいけど、私より先に話し始めるなよ!礼儀がなってないよ!
ウィッキー三世
えっ? でもそんなルールなかったじゃないですか。
乱三世
なんて怒ったりしてしまったときに、「ちょっと苛々してしまって……」ぐらい、いいたくない?
ウィッキー三世
もう始めてるんですね。
乱三世
言いたくない? そういう風に。
ウィッキー三世
まあ、最近怒ることもなくなりましたけど。そういうことがあったらまあ……。
乱三世
そうだろ。そういうときに「I didn’t mean it. I’m just a little tired and on edge.」なんて言う風に村上春樹だったら表現するんだよ。まあ。翻訳がそうなっているだけなんだけどね。
ウィッキー三世
「edge」でイライラしてっていう意味になるんですか?
乱三世
「on edge」「イライラする」っていう意味になるね。口語表現だ。
ウィッキー三世
小説の中でそう英語に翻訳されている箇所があるってことですか?
乱三世
昨日引用した「1973年のピンボール」の中にそういうフレーズがあるんだな。まあ、この部分は後でもうもう一度高橋に触れてもらうとして、取りあえず先に進めよう。「エッジ」っていったらそもそも、どんな意味を思い浮かべる?
ウィッキー三世
だいたい「かど」とか「端」っていうことじゃないですか?
乱三世
うん。いいね。あと「縁」ともできるね。ほかには?
ウィッキー三世
「the edge of~」「~の間際」っていう意味になるんですよね。
乱三世
そういう意味もあるね。それは「verge」と同じ意味になるな。ほかにはどうかな?
ウィッキー三世
「edge」となると、あまりないような気がしますね。今日は熟語で重要な意味が隠れている感じですか?
乱三世
いや。熟語で紹介したいものもあるけど、「edge」として重要な意味が他にあるね。しかもTOEICでも聞かれたりするので頭に入れておきたい意味だ。
ウィッキー三世
いつものように例文はないんですか?
乱三世
見てみるか。今日はちょうどいいサンプルが「ゴッドファーザー」にあるから引いてみよう。

 
 
 
 
 

 
●”Anyway his only worry is that someday he’ll be framed by the authorities. So he doesn’t want to give them an edge

※framedは動詞で「たくらむ」「でっちあげる」という意味です。
 

 
 
 
 
 

乱三世
彼は何かを与えたくないっていうんだな。その何かを答えて欲しいのだけどどうかな?
ウィッキー三世
「authorities」は当局くらいでいいんですか?
乱三世
この場合は警察当局となるね。
ウィッキー三世
そうするとその警察に「有利になること」を与えたくない、くらいですか?
乱三世
すっと出たね。だいたいそれでいい。「強み」とか「優位」って意味だな。日本語訳は「とにかく彼は、警察の悪だくみに陥ることをひどく恐れている。それでやつらに弱みを握らせたくないんだ。」となる。意訳してあるけど、要するに「優位を相手に与える」→「弱みを握らせる」としているわけだ。
ウィッキー三世
「edge」で「優位」っていうのはちょっと意味としては出てこないですね。
乱三世
そうかもね。一応高橋に辞書も引いてもらおう。

 
 
 
 
 

「edge」で押さえておきたいのはこの意味だ!
高橋
「edge」は「縁」「端」などの意味のほかに「優位」という意味があります。辞書(Collins cobuild)では次のように出ています。

●If someone or something has an edge, they have an advantage that makes them stronger or more likely to be successful than another thing or person.

より強くしたり、成功しやすくするアドバンデージがある状態のことを指して「edge」とするというのですから、「優位」というのがぴったりきますね。ほかに先ほど出た、「いらいらして」という意味の「on edge」は村上春樹の「1973年のピンボール」でこう出ています。

“I didn’t mean it, ”I apologized.“I’m just a little tired and on edge. Put it back on.”

「そんなつもりじゃなかったんだ。」と僕は言い訳した。「少し疲れて苛々してただけさ。もう一度聴こう。」(※日本語は原文です。「I apologized.」は「僕は謝った」と普通なります)

また、辞書では、こう出ています。

●If you or your nerves are on edge, you are tense, nervous, and unable to relax.

緊張して、神経質になっていてリラックスできていない状態を指して「on edge」とするわけですね。「いらいらして」がちょうどよく当てはまる言葉になります。

 
 
 
 
 

乱三世
「edge」=「優位」という意味は重要だから突っつかれても驚かないようにしておきたいところだね。
ウィッキー三世
熟語はもっとあるんですか?
乱三世
あともう一つ紹介しておこうか。今度は「羊たちの沈黙」から引っ張ってみたから、ちょっと考えてみて。
 
 
 
 
 

 
“I don’t know.” A little shrill, that. “I don’t know,” she said again, to take the edge off it.
※shrillは「甲高い」の意味
 

 
 
 
 
 

ウィッキー三世
「take the edge off」でどういう意味になるかですか?
乱三世
そう。ちなみに、バッファロービルに殺された被害者の口の中から蛾の幼虫が見つかってそれを調べている場面で使われている表現になる。映画ではこのセリフは残っていないけど、場面としてはちゃんと残っているね。
ウィッキー三世
ちょっと声が、かん高かったから言い直したというんですよね……。
乱三世
そうだな。「Take the edge off」で「刃をなまらせる」「(味・言い方などを)やわらげる・穏やかにする」「(痛みなどを)和らげる」という意味になる。ということは、訳を当てると「わからないわ。今のは少し声がかんだかかった。「わからない」口調を和らげてもう一度言った。」とできるね。
ウィッキー三世
答えを知ってから後づけみたいですけど「off」があると何となく想像しやすい熟語ではありますね。
乱三世
日本語で「エッジが効いている」なんていうことがあると思うけど、「エッジが効かなくなった」って想像すればいいんじゃないかな。
ウィッキー三世
「Take the edge off」で「エッジが効かなくなった」→「(味・言い方などを)やわらげる・穏やかにする」ですか。なるほど。ほかにはあるんですか?
乱三世
例えば「over the edge」として「気がふれる」という意味になったりするな。これはもっと想像しやすいだろ?
ウィッキー三世
「edge」を越えちゃったということですねものね。
乱三世
そう。ただ、TOEICに出るかといったらあやしいところだから参考程度ということにしておこう。

 
 
 
 
 

「take the edge off」を辞書で調べるとこう出ています。
高橋
●If something takes the edge off a situation, usually an unpleasant one, it weakens its effect or intensity.

通常好ましくない状況でその「影響」や「強さ」を和らげるときに使われる言葉ということになりますね。「(味・言い方などを)やわらげる・穏やかにする」という風にできる熟語です。

 
 
 
 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓

TOEICランキング

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

 

●追伸

高橋
今日は久しぶりにジムに行ってくたくたですが、日課にしているブログはなんとか無事更新することができました。
よかったらまた暇つぶしに遊びに来てください!
ツイッターを始めました!気軽にフォローしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です