responsible to? responsible for? FORがTOに変わると責任者が変わります!

今日のフレーズはこれ!

Neri was made directly responsible to Michael Corleone, with Tom Hagen as the necessary buffer.
ネリは、―トム・へーゲンをさしあたりのクッションにして― 直接マイケルが責任を負うことになった。
※Mario Puzo The Godfather

 
 

高橋
こんにちは高橋です。
今日は「responsible to「responsible forの違いについてお話してみます。「responsible for」は中学生の時に習うごく基本的な熟語ですが「for」が「to」になったときに「責任者=authority」が変わります。「You responsible TO someone」としたときの責任者は誰なのか? 注意しておきたいポイントをまとめておきました!

You are responsible TO someoneで責任者はsomeoneになります!

ウィッキー三世
今日は「responsible to」ですか?
乱三世
「responsible for」なんて馴染みがあると思うけど「to」になるとちょっと注意が必要になるんだな。
ウィッキー三世
「責任者」が違うということなんですか?
乱三世
冒頭にあげた「Neri was made directly responsible to Michael Corleone, with Tom Hagen as the necessary buffer.」という文章はどういう意味になっていた?
ウィッキー三世
「ネリは、 ―トム・へーゲンをさしあたりのクッションにして― 直接マイケルが責任を負うことになった」ですね。
乱三世
これは文章の骨格を取り出してみると「Neri was responsible to Michael Corleone」ってことなんだな。「Neri(ネリ)」と「Michael Corleone(マイケル)」っていうのが人の名前だ。そうなると、この場合の責任者は誰? もう訳を答えてもらったからわかるとは思うけど。
ウィッキー三世
「Michael Corleone(マイケル)」ですね。
乱三世
そう。つまり「You are responsible TO someone」責任者は「someone」になるということだ。この場合の「Neri(ネリ)」は「報告する責任を負っている」となるわけだ。言葉を変えれば「報告する義務がある」わけ。この場合の責任者(=authority)は「Neri(ネリ)」ではなく「Michael Corleone(マイケル)」だというのがポイントになる。
ウィッキー三世
「responsible for」とすると普通主語になった人が責任者(=authority)だから、ここに注意する必要があるということですか。
乱三世
そう。「responsible for」の感覚でいくと間違うことがあるということを言いたいわけだ。『ゴッドファーザー』に別の例があるからこれも見てみよう。
 
 

「responsible to」の典型的な使い方です!

“I’m responsible to your father for you, don’t ask me that. Another thing, I hear you’ve even talked marriage. I can’t allow that until I’ve sent somebody to speak to your father.”
私は君のお父さんから君のことを頼まれているんだよ。だからそれは難しいよ。それから君は結婚のことも口にしたそうじゃないか。それもおやじさんに話を通すまでは許すことはできないよ。
 
 

乱三世
「I’m responsible to your father for you」でつまり「私=I」は「報告する義務がある」ってことだな。
ウィッキー三世
責任者(あるいは監督者=authority)が「your father」でこの場合の主語の「I」は報告する立場にあるとなるわけですか。
乱三世
日本語で説明すると余計に複雑になってしまうような気がするから、辞書(Collins cobuild)での説明に頼ってみよう。この「responsible to」っていうのは英語で説明してもらったほうが意味がはっきりする典型的な例になる。
 
 

「responsible to」がこう説明されています!

If you are responsible to a person or group, they have authority over you and you have to report to them about what you do.

 
 

乱三世
「they have authority over you and you have to report to them about what you do.」で本当に意味がはっきりするだろ?
ウィッキー三世
つまり「you are responsible to a person」だったら「a person」に権限があって、「you(あなた)」は報告する義務があるっていうことですね。
乱三世
以前「report to」っていうTOEICの重要熟語をやったのを覚えている?
ウィッキー三世
「report to」で「出勤する」「管理下になる」という意味がありました。
乱三世
実はそのときに「responsible to」っていうのにも触れているんだな。「管理下になる」っていう意味の説明をもう一度抜いてみよう。
 
 

「report to」の説明です!

If you say that one employee reports to another, you mean that the first employee is told what to do by the second one and is responsible to them.

 
 

乱三世
「one employee reports to another」という状況があったら、その最初の「employee(=one employee)」が二番目の「employee(=another)」に「報告の義務がある」ということだな(=is responsible to them.)。
ウィッキー三世
「the first employee is told what to do by the second one」で要するに指示を出される立場に「one employee」があるってことですね。
乱三世
「report to X」としたときと「responsible to X」としたときの責任者はいずれもXになるということだな。念のため「responsible for」とも比べてみよう。

You are responsible FOR someoneで責任者は「あなた=you」です!

ウィッキー三世
「responsible for」だったら主語になる人が責任者ですね。
乱三世
これはもう使い方だけ確認しておけばいいと思う。『ゴッドファーザー』からの別の例文を見てみよう。
 
 

「responsible for」の典型的な使い方です!

He was held responsible for all this commotion, this uproar that had so affected the conduct of everyday business by the New York Families.
※commotion動乱、激動
※uproar騒ぎ、騒動
彼はこの騒動のすべてに責任があり、この騒ぎによってニューヨークのファミリーの日々の仕事に大変な影響があったのだ。

 
 

乱三世
「He was held responsible for all this commotion」だと、誰がこの騒動(=commotion)の責任者?
ウィッキー三世
当然「He=彼」ですね。
乱三世
くどいようだけど、こういうのは日本語の辞書よりも英英辞典で意味を追うことがおすすめだな。この場合もはっきりすると思うから見てみよう。

 
 

「responsible for」の説明です!

If someone or something is responsible for a particular event or situation, they are the cause of it or they can be blamed for it.
 
 

ウィッキー三世
「someone or something is responsible for a particular event or situation」だから「特定の出来事や状況」に対して責任があるということですね。さっきの「responsible to」みたいに人に対しての責任ではないわけですか?
乱三世
例えばオバマ前アメリカ大統領の自伝『Dreams From My Father』のなかに「I am now head of the household. I am responsible for you~」という一文がある。これはどんな意味になるの?
ウィッキー三世
「今は家族の長が私だから、あなたに対して責任がある」と言っているわけですか。
乱三世
この場合の責任者は誰になるわけ?
ウィッキー三世
当然「I=私」ですね。
乱三世
そう。こういう例もあるわけだからより「responsible to」との違いをはっきりさせておかないといけないわけだ。これが「I am responsible to you~」となったら逆に責任者は誰になる?
ウィッキー三世
「you=あなた」ですね。「I=私」に「報告する義務が生じる」ということになりますね。
乱三世
そう。以前「report to」で紹介した端的な説明をもう一度紹介すると「If you are responsible FOR someone, YOU are in charge. If you are responsible TO someone, THEY are in charge.」だということだ。下のまとめを参照しておいてほしい。(「report to~」についてはこちらからどうぞ!→→
reportには要注意!! TOEIC必須report to~の重要な意味はこの2つです!)

 
 

responsible FOR/responsible TO のまとめ
●You are responsible FOR someone,→責任者は「あなた=you」
●You are responsible TO someone,→責任者は「someone」

 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
2019年12月のTOEICテストではリーディングが390点だったにも関わらず、リスニングで480点を取ったので合計で870点でした。実体験として言えることはリスニングだけやっても800点は超えます。まずは聞くことからスタートしてみてください「TOEIC850点は英語を聞くだけで達成できるのか? 100%実体験を書きました!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です