out of をoutの親戚くらいに考えていると失敗します!

高橋
こんにちは高橋です。
今日は「out of 」という表現を取り上げてみたいと思います。「out」を思い浮かべればすみそうな話ですが「out of」とすると「out」からかけはなれた意味になることがあります。しかもそのなかには「out」とは反対の「in」と同義語になってしまう「out of」までも存在します。「out of」の嫌なところをあぶりだしてみましょう!

「原因」になる「out of」

乱三世
普通「out of」 っていったらどういう意味が思い浮かぶ?
ウィッキー三世
それは、場所から出るときの「out of」ですよね。「in」の反対の。
乱三世
辞書(Collins cobuild)に「She let him out of the house.」なんて例文が載っているけどこれはどんな意味になる?
ウィッキー三世
「彼女は彼を家の外に出した」くらいですか。
乱三世
例えば「He looked out of the window.」って言ったらどんな意味になる?
ウィッキー三世
「窓の外を見た」ってことですね。
乱三世
これは、目線を外に出している感覚だな。「in」の反対で考えればだいたい意味を取り違えることはないと思う。ここまでは問題ない?
ウィッキー三世
日本人に染みついている感覚ですよね。
乱三世
だとしたら、この「out of」はどのくらい染みついているかだな。少し注意しておいたほうがいい意味で使われている例文を持ってきたから、これを見てみよう。『ゴッドファーザー』からだ。
 
 

「out of」が「原因」になったりもします!

He drinks too much out of disappointment but he never complains. He works hard driving the gravel truck and sings weekends for a few dollars.
※gravel砂利、砂利を敷く
彼は失望のあまり酒浸りになってしまったが文句ひとつ言ったことがない。砂利トラックの運転手として一生懸命働き、週末は小金稼ぎに歌っている。

 
 

乱三世
この場合の「out of」はどんな意味になる?
ウィッキー三世
「He drinks too much out of disappointment.」で「失望のあまり飲みすぎている」っていうことですか?
乱三世
この場合の「out of」はどういう意味なの?
ウィッキー三世
「失望が原因」でってことになるわけですか。
乱三世
そう。「out of」で「原因」とか「動機を」表すってことなんだな。辞書(Collins cobuild)にも聞いてみよう。

 
 

「原因」や「動機」の意味は辞書でこう出ています!

You use out of to say what feeling or reason causes someone to do something. For example, if you do something out of pity, you do it because you pity someone.

 
 

乱三世
「you do something out of pity」だったら「哀れみ、同情」が「原因」となるということだな。
ウィッキー三世
「because you pity someone.」と「because」を使って端的に説明しているわけですね。
乱三世
「in」 の反対の意味ばかりで固めているとちょっと出てこない意味になるから、まずはこれを注意しておきたいところだ。

「of」や「from」に近い意味の「out of」

乱三世
~から(で)できている、と表現したいとときに「of」 を使うことがあるだろ?
ウィッキー三世
「be made of~」なんていう表現をよく見かけますよね。
乱三世
「out of」も同じように使うことができるんだな。これは「of」の使い方が頭に入っていれば問題ないはずだけど、一応そういう使い方もあると意識しておいたほうがいいと思う。辞書(Collins cobuild)ではこう説明されている。

 
 

何からできているの?

If something is made out of a particular material, it consists of that material because it has been formed or constructed from it.

 
 

乱三世
これ例文として「Would you advise people to make a building out of wood or stone?」なんて出ているけどこれはどんな意味になる?
ウィッキー三世
「ビルを木でつくるか、石でつくるかアドバイスしていただけますか」くらいですか。
乱三世
そう。念のために確認だけど「be made from」という風に「from」を使うと「of」のときとはどう違うんだった?
ウィッキー三世
「from」のほうが「原料」に近い使い方だと頭に入れてありますけど。
乱三世
その素材が元の状態とは違うものになる場合に「from」が使われることが多くて「of」の場合は元の状態があまり変化していないことが多い、ということだな。「from」の話を出したついでで質問するけど、相手の出身地を聞くときはなんと質問するんだった?
ウィッキー三世
「Where are you from?」ですね。
乱三世
「of」も同じように「出所」を聞けることを知っていた?
ウィッキー三世
出身地を「of」でも聞けるということですか?
乱三世
「of」の場合は同じ「出所」でも「家柄」に対して使うことが多いな。そして「out of」を使うとそれをより強調するいい方になる。
ウィッキー三世
家柄っていうと具体的にはどう使うんですか?
乱三世
「come out of a poor family」なんてするわけだ。これは「貧しい家の出身」という意味になる。例えば「上流の家庭の出=come out of a upper class family.」なんていう風にも使えるわけだ。

「out of」 が「in」になります!

ウィッキー三世
最後は「in」と同じ意味になってしまう「out of」 ですか?
乱三世
今日の「out of」は何で取り上げようと思ったかというと、とても大切な意味がいくつもあるから、というのが一番だけど、TOEICでも突かれる可能性があると思ったから、というのも大きいな。
ウィッキー三世
長文なんかに紛れ込んでいたらてこずりそうな意味になってしまうと。
乱三世
TOEICの長文に使われる場面や文脈が想像できる意味なんだな。これも例文を持ってきたから見てみよう。

 
 

村上龍の『69』の英訳から取ってあります!

I was famous in my school for four things. The first was that in the fall of my sophomore year, I’d placed 321st out of some twenty thousand participants in a nationwide exam for people hoping to go on to medical school.
※sophomore(高校・大学の2年生)、(大学の)2回生、(3年制高校などの)1年生

僕は四つの理由で校内で有名だった。一つは一年の秋に行なわれた医大、医学部進学希望者対象の旺文社一斉模試で全国二万人中三百二十一番になったことがあるから。~
※日本語は原文をそのまま引用してあります

 
 

乱三世
「I’d placed 321st out of some twenty thousand participants in a nationwide exam」の部分だな。どんな風に訳せるわけ?
ウィッキー三世
「一斉模試で全国二万人中三百二十一番になった」ということですね。
乱三世
その「~中」がまさに「out of」なわけね。2万人いるその「中で」321番だったと表しているということだ。さらに同じ小説でこんな例も拾うことができるから見てみよう。
 
 

こんな例もあります!

~school, where most of the students were already wrapped in blankets, gasping for breath, or being led off, puking, to the first-aid room, or drinking hot glucose with trembling hands; and when I crossed the finish line, number 598 out of 662 male students, whistling “A Day in the Life,” not only Kawasaki but most of the teachers there agreed that I was scum.
※gasp~をあえぎながら言う
※puke嘔吐する
※first-aid 救急治療
※glucoseブトウ糖、グルコース

~他の大部分の生徒は息をぜえぜえはずませ毛布にくるまれたりある者は嘔吐して医務室に運ばれたり震える手で飴湯を飲んだりしている中を、男子六百六十二名中五百九十八位で、口笛で『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』を吹きながら、ゴールインして、カワサキだけではなくほとんどの教師から、人間のクズだと宣告されたのである。
※日本語は原文をそのまま引用してあります。

 
 

乱三世
マラソン大会で下から数えたほうが早い番号を取ったということを表しているわけだな。これって例えば企業のランキングでもいけるし、飲食店の好感度ランキングなんかでも使える表現になってくるだろ?
ウィッキー三世
まさに、色々な場面で使えるということですね。
乱三世
いつものように辞書(Collins cobuild)でも補足しておこう。
 
 

「in」と同じ意味になる「out of」がこう説明されています!

You use out of to indicate what proportion of a group of things something is true of. For example, if something is true of one out of five things, it is true of one fifth of all things of that kind.
 
 

乱三世
「if something is true of one out of five things, it is true of one fifth of all things of that kind.」のところは「5つのうち1つが当てはまる(正しい)とすると」(=「if something is true of one out of five things,」)「one fifth of all things of that kind.」なんだ、と表現を変えて説明しているわけだ。「one fifth」っていうのはどういう表現だった?
ウィッキー三世
5個あるうちの1つ。5分の1。ですね。
乱三世
「5つあるうちの1つ」だから「one fifth」と表現できるわけだ。前にやった分数覚えている?「3分の2」だったらどう表すんだった?
ウィッキー三世
「two-thirds」ですね。
乱三世
3分の1は?
ウィッキー三世
「a (one) third」ですね。
乱三世
そう。繰り返しだけど「one out of five things」だと「5つのうち(中)の1つ」になるということだ。「out of」の色々な意味の「中で」もとくに「in」と同じ意味になる「out of」が要注意だということだな。ここまで!
「out of」のポイント!
●「~のために」という原因、動機の意味になる
●「(材料をあらわして)から(作られている)」という意味になる
●「in」と同じ意味で「(ある数の)中から、中で」という意味になる

 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
「out of」 を使った表現に「out of the blue」というものがあります。これは「だしぬけに」とか「突然に」という意味です。『Never Let Me Go(わたしを離さないで)』にはこの表現が頻出します。一例をあげると「Polly asked, completely out of the blue」などと使っています。「blue」と使うところが面白いですが、これは日本語の「青天の霹靂」に近い表現と言えるでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です