all the wayで注意しておくべき意味はこれです!

高橋
こんにちは高橋です。
今日は「all the way」という表現を取り上げてみます。
おなじみの単語で構成されているので、意味を取り違えることは一見なさそうに見えますが、曲者はこういうところに潜んでいるものです。
今日も曲者退治をはじめてみましょう!

「all the way」=「ずっと」、「はるばる」

ウィッキー三世
今日は「all the way」ですか?
乱三世
一番はじめに思いつくのはどんな使い方?
ウィッキー三世
それは「ずっと」ってことですよね。「all the way」をそのまま直訳すればこうなるってやつですね。
乱三世
「way」を方向ぐらいに考えるとそれに「all」をつければ「ずっと」となるということだな。これがまず1つ目ということでいいと思う。サンプルを示すとまさにこういうことになる。

 
 

「ずっと」の例です!

Tommy was silent all the way to the car.
トミーは車に行くまでずっと無言でした。
 
 

乱三世
『Never let me go』(『わたしを離さないで』)の一節だけど、車までの道を「ずっと」無言だったということだな。1つ目が「ずっと」だとすると、次はこれを紹介しておこう。違和感はそれほどないと思う。

 
 

「all the way」が「わざわざ」の意味になります!

“Genco, dear friend, I have brought my sons to pay their respects, and look, even Johnny, all the way from Hollywood.”
ゲンコ! 息子たちを連れてきたよ。それからジョニーもだ。わざわざハリウッドから来てくれだぞ。
 
 

乱三世
『ゴッドファーザー』から取ったものだけど、「わざわざ」というのが「all the way」の2つ目の意味になるな。これは日本語で別の表現をするとどうなる?
ウィッキー三世
ハリウッドから「わざわざ」っていうことですから、「はるばる」とかそういうことですか。
乱三世
そう。例えば辞書(Collins cobuild)を引くとこの「はるばる」の事情がどんな感じかわかるから見てみよう。
 
 

「わざわざ」、「はるばる」がこんな風に説明されています!

You use all the way to emphasize how long a distance is.

 
 

ウィッキー三世
どれだけの距離があるか強調していると。
乱三世
だから、日本語にすると「わざわざ」、「はるばる」ってことになるわけだな。2つ目の「all the way」に関してもそれほど問題はないと思う。

「all the way」=「完全に」

乱三世
ここまでの2つは「all the way」臭がプンプンしていたから、問題なかったと思うけど、3つ目は少し苦戦するかもしれない。
ウィッキー三世
「all the way」臭がないんですか?
乱三世
「少し匂うな~」くらいの感じかな。肉をほとんど食べない人の屁みたいな感じだな。
ウィッキー三世
例えが下品ですよ。
乱三世
とにかく強くは匂わないから注意して嗅ぎ分けなければいけないってことだ。これもサンプルを持ってきたから目を通してみよう。違和感がなければ、「all the way」はほぼ征服できたようなものだ。

 
 

「all the way」が「完全に」にという意味になります!

If the bastard had really hurt Connie, he’d make a cripple out of the bastard. But the wind coming over the causeway, the salty freshness of the air, cooled his anger. He put the window down all the way.
※cripple 手足の不自由な人、身体障害者

もしカルロのやつがコニーを本当に痛めつけていたら、二度とそんなことをできないような体にしてやるつもりだったが、土手道を渡ってくる風が、あるいは塩の香りを含んだ新鮮な空気がソニーの怒りを冷やしていた。彼は車の窓を全部しめきった。
 
 

乱三世
「He put the window down all the way.」でどうなっている?
ウィッキー三世
「車の窓を全部閉めた」ですか。
乱三世
「全部」っていうのは、つまりどういうことなの?
ウィッキー三世
「完全に」しめた、という感じですか。
乱三世
そう。この「完全に」っていうのが曲者のわけだな。しかも、この使い方はなじみがないにも関わらず色々なところで目にするからやっかいなんだな。このブログでは小説や映画からの引用っていうのを必ずするだろ?
ウィッキー三世
単語を頭に入れる基本は実例にあたるってことでしたね。
乱三世
自分の人生に影響を与えたようなコンテンツだったら、それは絶好の実例になるわけだ。とにかくこの「all the way」を調べてみると一番多いのが「完全に」という使い方になるということだ。
ウィッキー三世
「はるばる」や「ずっと」とかよりも多いということですか?
乱三世
そう。さっきも引用した『Never Let Me Go』(『わたしを離さないで』)からもサンプル持ってきたから見てみよう。

 
 

「完全に」の別の例です!

Because the road was completely straight, and because the setting sun was falling on it all the way down to the end, ~
海岸通りはまっすぐな道です。それに、道全体が夕日に照らされていて、端から端まで完全に見通せます。
※日本語は土屋政雄氏の訳をそのまま引用しました

 
 

乱三世
こっちは道を夕日が照らしているということだから、さっきのサンプルよりもイメージはしやすいと思う。
ウィッキー三世
道の「全部」を照らしているということですね。
乱三世
そう。繰り返しだけど、この「完全に」が曲者であると同時に最も頻度が高い「all the way」の使いかたになるということだな。あともう一つ別の意味をあげるとしたら、例えば「Prices go all the way from $100 to $1000.」なんて文章で表せる「all the way」だな。これは研究社の昔の英語-日本語の辞典から取ったものだけど、わかる?
ウィッキー三世
値段の幅を示しているわけですよね。
乱三世
この場合の「all the way」はどういう意味になりそう?
ウィッキー三世
100ドルから1000ドルまで幅広くという感じですか。
乱三世
そう。「さまざまな」という風にもできる「all the way」だということだな。「Prices go all the way from $100 to $1000.」で「値段が100ドルから1000ドルのものまでさまざまある」ということだ。下にまとめもしておいたから参考にしてほしい。
「all the way」のポイント
●ずっと
●はるばる、わざわざ
完全に
●さまざま(幅広く)

 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
「I’ll e-mail you」という表現は「e-mail」という本来名詞であったものを動詞として扱うようになったために成立している文章になります。TOEICではリーディングにチャット形式の問題が出るようになってから、こうした今の英語を多く取り上げる傾向がよりはっきりしてきました。以前こんな記事を書いていますので、のぞいてみてください。
「名詞が動詞になるの!? 知っておくと便利です!転用された名詞たち」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です