onが aboutと同じ意味になるの?「~について」と訳せるon

高橋
こんにちは高橋です。
今日は、久しぶりに前置詞を取り上げてみたいと思います。
取り上げるのは「on」「about」です。「on」に関しては以前「前置詞の区別で一番大事なのは実はこれ! ~「on」と「in」の違いについて~」という回で取り上げましたので、基本的な考え方に関してはそこですべてお話しました。では、今日はどんな「on」なのかというと「about」に関係する「on」ということになります。「on」の基本からはみ出したくせ者を「about」と対比しながらみていきます。

 
 

「on」のイメージについて復習しましょう!

乱三世
以前、やったとき「on」 を「in」 との対比で説明したと思うけど、その性質はどんなものだった?
ウィッキー三世
英語の「island」(島)に対する意識からイメージを膨らませればいいんでしたよね。
乱三世
どういうイメージ?
ウィッキー三世
「接している」ということですね。
乱三世
「in」は?
ウィッキー三世
場所であれば「広い地域の中にいる」ということでしたね。
乱三世
「中に」ということだな。ついでに「at」にも触れたけれど、これはどういうものだった?
ウィッキー三世
「at」は「その1点」ということでした。
乱三世
そう。こういう基本的なことを前提にして、時間を表す際にはどんな前置詞を用いるのが適当か、ということも話したと思う。例えば「on the morning」としてあるか「in the morning」としてあるかで、何がわかるんだった?
ウィッキー三世
それは話し手の「意識」がわかるということですね。「朝」をどういう性質の「朝」として捉えているのかがわかるということでした。
乱三世
そう。前置詞に関しては、他にも取り上げているから、下にあげた記事を一緒に参照してもうらうのがいいと思う。

 
 

はみだしものの「on」について

ウィッキー三世
それで、今日はこの「接している」というイメージだけだと、ちょっとしんどい「on」を紹介するわけですか?
乱三世
「about」といったら普通どんな意味?
ウィッキー三世
「about」なら「~に関して」とか「~について」なんていう意味が一番先に浮かびますね。
乱三世
ちょっと注意すべき「on」っていうのは、まさにその「~について」とできる「on」のことなんだな。これはさらに説明を入れるより、実例に当たったほうが早いと思うので見てみよう。「羊たちの沈黙」からだ。
 
 

「~について」となる「on」の実例です!

Clarice Starling leaned against a dice table in the FBI’s casino and tried to pay attention to a lecture on money-laundering in gambling.
クラリス・スターリングは、FBIのカジノのダイステーブルに寄りかかって、賭博におけるマネーロンダリング(不正資金洗浄)に関する講義に集中しようとしていた。
 
 

ウィッキー三世
「a lecture on money-laundering in gambling」ですか。
乱三世
これで、「マネーロンダリング(不正資金洗浄)に関する講義」となるんだな。
ウィッキー三世
日本人だったら本当に「about」を使って満足してしまいそうなところに「on」が使われていますね。
乱三世
「~に関して」であれば確かに「about」がまず一番の選択肢と考えるのが自然だな。
ウィッキー三世
だとすると、その違いは何かということになりますよね。
乱三世
まず、日本人が一番最初に頭で浮かぶであろう「about」の使い方というのはたぶんこんな感じだと思う。
 
 

「about」の実例です!

I learned a lot of what I know about writing from Derek Hartfield. Almost everything, in fact. Unfortunately, as a writer, Hartfield was sterile in the full sense of the word.
※sterile不毛の、無益な、殺菌した
僕は文章についての多くをデレク・ハートフィールドに学んだ。殆ど全部、というべきかもしれない。不幸なことにハートフィールド自身は全ての意味で不毛な作家であった。

 
 

乱三世
これは村上春樹の「風の歌を聴け」の英訳から取ったものだけど、デレク・ハートフィールドという架空の小説家を取り上げて、その人から文章の全てを学んだとうそぶいてみせた有名な文章になる。
ウィッキー三世
「I learned a lot of what I know about writing from Derek Hartfield.」ですか。
乱三世
「about」を使って何の違和感もない文章になると思う。では、さっきの「on」の使い方とどう違うのかというと「on」を「~ついて」「~に関して」という意味で使うときは「話題などがより重大であったり、または専門的であったりする場合に使うことが多い」ということなんだな。一方で「about」は、日本人の感覚通り、「ごく一般的な事柄について使うことが多い」という違いがあるということだ。
ウィッキー三世
「on」の例は「a lecture on money-laundering in gambling.(マネーロンダリング(不正資金洗浄)に関する講義)」となっているので、専門的に使っているというのがよく出ていますけど「about」の例はわかりにくいですかね。
乱三世
それだったら例えば同じ「風の歌を聴け」からこんな場面があるから取ってみようか。

 
 

もっとわかりやすい「about」の例です!

Still, he’s always curious about the books I read to kill time, peering at them with the curiosity of a fly staring at a flyswatter.
※curiosity好奇心
※flyswatter虫たたき、ハエたたき

僕が時折時間潰しに読んでいる本を、彼はいつもまるで蠅が蠅叩きを眺めるように物珍しそうにのぞきこんだ。
 
 

乱三世
これは「鼠」という「僕」の友達が全然本を読まない人間で、「僕」が本を読んでいると、こういう反応をする、というのを描いた文章だな。「he’s always curious about the books I read to kill time」「時間潰しに読んでいる本についていつも興味があるようだった」くらいの意味になるわけだ。「時間潰しに読んでいる本について」なんだから全然専門性がないだろ?
ウィッキー三世
そういう文章を選んだんでしょうけど、ここまでいくとこじつけみたいに思えますね。
乱三世
こじつけでいいんだよ。お前が言う通りそういう文章を選んで持ってきたんだよ。それで覚えられるんだったら、万々歳じゃない。とにかく、ここまでのおさらいだ。「~について」「~に関して」という意味で使う「on」と「about」の違いを答えてみて。
ウィッキー三世
「on」は「話題などがより重要であったり、専門的なときに使う」ということですね。「about」は「もっと一般的な話題のときに使う」ということでした。
乱三世
日本人が思う「about」でいいということだな。下にまとめておこう。
ポイント
「~ついて」という意味で使うときは以下の通りの分け方ができます。
on……話題などがより重大、あるいは専門的なときに使う
about……より一般的な事柄について使う

 
 

TOEICでもはみだしものの「on」が問われる?

ウィッキー三世
TOEICに関して言及しておかないと、それってTOEICに出ますかっていう質問をもらいますよ。
乱三世
結構多いんだよな。そういう質問。これ出るかな?
ウィッキー三世
僕に聞いてどうするんですか。
乱三世
ここまで、細かい分け方を訊かれることはあるの? と言われてしまうかもしれないけど、実は公式問題集でもちゃんと出てくる使い方なんだな。空欄の直前に「on」がある嫌な形だ。
 
 

part5の問題でこんな風に出てきたことがあります!

Tomorrow’s session will train participants on (how) to prepare containers for overseas shipments.
明日の会合では、海外への発送品用にコンテナを準備する方法について、参加者に研修をします。
 
 

ウィッキー三世
これは要するに「how」を答えさせる問題なわけですか?
乱三世
そう。「how」のところが空欄になっている問題だな。今回は「how」を埋めた形で引用したけど、空欄の前の「on」はかなり嫌だと思う。
ウィッキー三世
「about」にしてくれていたら簡単だったでしょうね。
乱三世
「on」が「~ついて」という意味になる、と知らなかったら、一瞬「?」となるだろ?
ウィッキー三世
こういう形で「on」が出てきているのだから、本番で問われる可能性だってある、ということですか。
乱三世
結局、点数を取らせない問題というのは、こういう重箱の隅をつつくようなものになることは確かだな。今日はこのあたりで。
 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
私は、年中英語を「聴い」ていますが、気晴らしになるのが、日本語→英語の順番で流れてくるコンテンツを聴いているときです。要するに日本語訳の後に英語が流れてくる順番になっているものですね。とにかくゲーム感覚で聴くことができるので、ちょっと気分転換をしたいときなどにもぴったりです。その日本語→英語で流れてくるもので一番役に立ったのが、LINE登録特典で紹介しているコンテンツになります。課金などありませんので、よかったら覗いてみてください。「LINE登録していただいた方のみ試聴可能な特典動画を公開中です!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です