oneselfは組み合わせでどんな意味にも変身する!?「前置詞+oneself」の色々な形

高橋
こんにちは高橋です!
今日は再帰代名詞の「oneself」を前置詞とセットで使った場合の意味の違いについて触れてみました。「to oneself」「for oneself」「by oneself」としたときにどんな違いが出てくるのか、実例付きで紹介してあります。また「itself」と前置詞の組み合わせについても補足したので、合わせて目を通してみてください。

 
 
 
 
 

ウィッキー三世
今日は、前置詞+「oneself」ですか。
乱三世
友達との別れ際に「じゃあね」とか「気を付けてね」と言いたいときになんて表現する?
ウィッキー三世
「take care of yourself」ですか。
乱三世
これも一応前置詞+「oneself」だな。とにかく頭につく前置詞によって意味が変わってくるからそのあたりを見ていこう。
ウィッキー三世
前置詞の性質の違い、というのがそのまま出るわけですか。
乱三世
そのあたりも見てみよう。まずは、「by oneself」と「for oneself」からだ。「by」と「for」だな。上は村上春樹の「羊をめぐる冒険」から、下は「ゴッドファーザー」からだ。

 
 
 
 
 

by oneself

“Nothing I’ve tried to do by myself has ever come off”
「これまで一人で何かやろうとして、うまくいったためしがないんだよ」

 
 

for oneself

“I spoke for the good of the Family, not for myself. I can take care of myself.”
「ファミリーのためだと思って話したんだ。自分のためではない。自分のことは自分で面倒見ることができるからね」

 
 
 
 
 

乱三世
「by oneself」からいこうか。これはどんな意味?
ウィッキー三世
「一人で」、ですね。
乱三世
そう。ただ、この場合は「独力で」っていうニュアンスも入っているな。「for oneself」は?
ウィッキー三世
これは「自分自身のために」ってことですよね。
乱三世
この「by oneself」と「for oneself」は両方「一人で」とか「独力で」っていう意味があるんだけど、「for oneself」とすると、このサンプルで見たように「自分自身のために」っていうニュアンスが入ってくるな。例えば、研究社の英日辞典に「She built a new house for herself.」(彼女は自分のために家を建てた)っていう例文が載っているけど、これを「by herself」ってしたらどういう意味になる?
ウィッキー三世
「She built a new house by herself.」ってことですか?
乱三世
そう。どういう意味?
ウィッキー三世
「自力で家を建てた」ってことになるわけですか。
乱三世
他人に頼むことなく「自力で」っていうニュアンスが出るね。
ウィッキー三世
逆に「for oneself」だと、この場合「自分で」っていうニュアンスが消えるということですか。
乱三世
「人に頼んで建てた」っていうニュアンスが出るということだな。
ウィッキー三世
おもちゃじゃないから実際の家の場合は「by oneself」とはなりにくいかもしれないですね。
乱三世
自分のやる気だけではどうにもならない部分があるわけだな。前置詞の違いでこういう微妙な違いが出るから注意が必要ということだ。続けて「to oneself」を見てみよう。上が「ゴッドファーザー」、下は吉田修一の「パレード」だ。2つのサンプルを比べてほしい。
 
 
 
 
 

「to oneself」その1

“So to ask me to perform a service in these matters is to ask me to do a disservice to myself.”
こういうことで助力を求めるというのは、私自身に害が及ぶことを頼んでいるのと同じなのです。

 
 

「to oneself」その2

In the beginning Misaki and Naoki used what is now the girl’s room and I had what is now the guy’s room to myself.
最初は、今の女部屋を美咲と直輝が使い、私が一人で現在の男部屋を使っていたのだが~

 
 
 
 
 

ウィッキー三世
微妙な違いですね。
乱三世
下から見てみようか。
ウィッキー三世
「自分自身の部屋」ってことですよね。
乱三世
上は?
ウィッキー三世
「自分自身に」ですよね。
乱三世
「自分自身に」とか「自分のために」っていうことなんだけど、上の文章はちょっと感じが違うだろ?
ウィッキー三世
「to do a disservice to myself.」で「私自身に害が及ぼす」くらいですか。
乱三世
「to oneself」にはそういうニュアンスがあるんだな。「disservice」っていうのは「害」とか「ひどい仕打ち」って意味だから、「害が及ぼす」っていうのは「disservice」のものと言えるけど、例えば「I did it to myself.」とすると、「自分自身に対してやった」→「自分に危害を加えた」っていうニュアンスが出るわけ。
ウィッキー三世
会話の内容によっては「自業自得」みたいな感じも出るってことですか。
乱三世
そう。「did it to yourself」とすれば他人に対して「当然の報いだよ」なんていう風に意訳もできるわけだ。
ウィッキー三世
そうなると、前置詞の「to」のニュアンスが出ていますね。
乱三世
自分に向っている感じ、としてとらえてもいいと思う。「by」と「for」を使った場合は「一人で」「独力で」という意味が共通してあると言ったけど、この「to oneself」は少し毛色が違うということになるな。とりあえず、前置詞違いの「oneself」を3つ紹介したから、今度は「itself」も同じ数だけ紹介してみよう。まずはこの二つだ。上が「ゴッドファーザー」、下が「羊たちの沈黙」からだ。
 
 
 
 
 

in itself

“The truth is that I’m an abortionist, which in itself is not so bad, so is half the medical profession; but I got caught.
実は僕は堕胎医なんだ。それ自体はそんなに悪いことではないし、医師の半分ぐらいは同じようなことをやっているんだが、僕は捕まってしまったんだ。

 
 

by itself

“ Burnt gunpowder. The doctor said it’ll work out by itself in a couple of days―better than digging for it.”
「燃えた火薬です。医師が二日もすれば自然によくなる―ほじくりだすよりそのほうがいいと言いました」
 
 
 
 
 

乱三世
「in itself」から見てみようか。
ウィッキー三世
「それ自体」だとそのままですよね。
乱三世
これは日本語にすると「本来」っていうのがぴったりだな。その本質が内包されている、っていうニュアンスかな。この文章では、「堕胎っていうのは、本来悪くないんだ」っていう医者である話し手の価値観が話されているわけだ。「by itself」っていうのは、イメージしやすいだろ?
ウィッキー三世
「by oneself」は「自力で」ってことでしたけど、人が物になったと思えばわかりやすいですね。
乱三世
「一人でに」っていう風に比喩的に言えるということだな。この「羊たちの沈黙」の文章はスターリングがその上司のクロフォードに答えている部分を取ったものだけど、バッファーロービルに対して発砲した際に負った怪我が「自然によくなる」と言っているわけだ。「in itself」=「本来」、「by itself」=「自然に、ひとりでに」と確認したから次は、これを見てみよう。また「羊たちの沈黙」からだ。
 
 
 
 
 

In spite of oneself

“Don’t bring him to me just because I got a vacancy, all right?” He smiled. Barney had little baby teeth.
Starling grinned at him in spite of herself.

「たんに空いた監房があるからと言って、俺のところへ連れて来ないでくれ、いいな?」バーニイは少し笑った。小さな乳歯が見えた。
スターリングは彼を見て思わずにこっと笑った。

 
 
 
 
 

乱三世
「In spite of oneself」でどんな意味になっている?
ウィッキー三世
「思わず」ですか。
乱三世
そう。「思わず」とか「意志に反して」「我知らず」という意味になるね。引用文はレクターの看守をしていたバーニイがバッファロービルが捕まっても自分のところに連れてくるなよ、と少し軽口をたたいている場面だ。
ウィッキー三世
だから、思わず、笑ってしまったと?
乱三世
この時は、上院議員の娘が誘拐されていて、早く救出しないとバッファロービルに殺されてしまうかもしれないという緊迫した状況なわけね。そこで看守が冗談を言ったから、まさに「思わず」笑ってしまったということだな。
 
 
 
 
 

前置詞+oneselfまとめ
●by oneself……「一人で」「独力で」

●for oneself……「一人で」「自分のために」

●to oneself……「自分自身に」※「自分自身に対してやった」→「自分に危害を加えた」というニュアンスが出る

●in itself……「本来」

●by itself……「自然に」「ひとりでに」

●In spite of oneself……「思わず」「意志に反して」「我知らず」

 
 
 
 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
人気ブログランキングへ

TOEICランキング

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
「oneself」を使った慣用表現としてほかに、「ここだけの話だか」という意味になる「between ourselves」や、「逆上した」という意味になる「beside himself」というものもあります。参考までにどうぞ。
ツイッターを始めました!気軽にフォローしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です