one of a kindとはどんな意味か? kind関係の熟語はこれをおさえる!

Her face, like the face of Malachi Constant, was a one-of-a-kind, a surprising variation on a familiar theme―a variation that made observers think, Yes―that would be another very nice way for people to look.
彼女の顔はマラカイ・コンスタントの顔と同じように独特なもので、なじみ深いテーマの驚くべきバリエーションであった。つまり観察者たちに「なるほど、こういう美しさもあるんだな」と思わせるようなバリエーションのことである。
Kurt Vonnegut, Jr. The Sirens of Titan

 
 

ポイント!
●one of a kind=唯一の/比類のない
●kindの関係者で注意したいのは「of a kind」と「in kind」
 
 

one of a kind=唯一の/比類のない

乱三世
TOEICのダブルパッセージとかトリプルパッセージの問題で商品の説明や、講演者の説明→商品を買った人、講演に参加した人のメール、なんていう構成になっている問題がよくあるだろ?
ウィッキー三世
文章の構成を聞いただけで頭が痛くなるやつですね。
乱三世
今日はそういう問題で出てきてもおかしくない表現を取り上げてみる。
ウィッキー三世
それが「one of a kind」ですか?
乱三世
「kind of」という定番の表現から推測できなくもないけれど「If you refer to someone or something as one of a kind, you mean that there is nobody or nothing else like them.」(『Collins cobuild』)というのが説明になるんだな。これわかる?
ウィッキー三世
誰もそういう人がいない(同じようなものがない)っていうんだから「唯一の」とか「比類のない」くらいになるわけですか。
乱三世
この「唯一の」というのが人物の説明にも使えるし、商品の説明にも使えるということなんだな。例えば『タイタンの妖女』ではこんな風に使われている。

 
 
Her face, like the face of Malachi Constant, was a one-of-a-kind, a surprising variation on a familiar theme―a variation that made observers think, Yes―that would be another very nice way for people to look.
彼女の顔はマラカイ・コンスタントの顔と同じように独特なもので、なじみ深いテーマの驚くべきバリエーションであった。つまり観察者たちに「なるほど、こういう美しさもあるんだな」と思わせるようなバリエーションのことである。
 
 

乱三世
ちなみにこの「one of a kind」は数が増えることがあるけどこれはわかる?
ウィッキー三世
「two of a kind」とか「three of a kind」という表現があるということですか?
乱三世
どういう意味になるの?
ウィッキー三世
「one of a kind」で「比類のない」っていうんだから、これを強調するような表現ですか?
乱三世
これは「似たもの同士」とか「同類」となる。拍子抜けするかもしれないけど「two or three people or things that are of the same type.」(『ロングマン』)とただそれだけのことだ。
ウィッキー三世
2つかあるいは3つ、同じものがあるから「同類」になると。
乱三世
そう。ほかにも「of a kind」とすると「used to say that something is not as good as it should be.」(『ロングマン』)なんていう意味になるから注意が必要かな。
ウィッキー三世
「名ばかりの」のくらいですか?
乱三世
クオリティーが低い(=something is not as good as it should be.」ということだから「まずい」ともできる表現だな。こういうのは楽しみながら「へ~」と思ったらすぐに頭に入るものばかりだ。

in kindでどんな意味? kindのざらっとする表現

乱三世
「kind of~」っていうのはつまりどういうことなの?
ウィッキー三世
「~の 種類」ということですね。
乱三世
そういうタイプだっていうことだな。これで何の問題もないはずだ。ただし、口語で副詞的に用いて「kind of」 とすると「いくぶん」とか「ある程度の」という風に断定を避けてあいまいにする働きがあるから見ておこう。『風の歌を聴け』(村上春樹)の英訳から取ってみた。

 
 

“~The guy who works there asked your friend for me. You know, tall guy, kind of weird. He was reading Moliere.”
※weird異様な、風変わりな
「~店の人があなたのお友達に訊ねてくれたわ。背の高いちょっと変った人よ。モリエールを読んでたわ。」
※日本語は村上春樹の原文をそのまま引用してあります
 
 

ウィッキー三世
「kind of weird」で「ちょっと変わった人」ですか。
乱三世
同じ使い方で「I’m kind of hungry.」っていったらどうなる?
ウィッキー三世
「少し空腹だ」とか「まあ空腹だ」なんて感じになると。
乱三世
こういう使い方もあるということだな。それと「a kind of」とすると「~のような」という意味になる。『わたしを離さないで』での使い方はこうだ。
 
 

I wanted to change the subject, but for the moment my mind was a blank. I suppose Ruth must have picked up on this, because she stretched out her arms and did a kind of yawn, saying:~
※yawnあくびをする、あくび
私は話題を変えたいと思っていましたが、そのとき頭が真っ白になっていました。ルースも気づいていたに違いありません。腕を大きくのばし、それからあくびのような動作をしてこう言いました。
 
 

ウィッキー三世
「did a kind of yawn」で「あくびのような動きをした」ということになるわけですね。
乱三世
これもこういう使い方もあるということだな。今日は冒頭でやった「one of a kind」と「of a kind」、それとこれから紹介する「in kind」という表現に触れれば「kind」関係のざらっとするやつはほとんどやっつけたことになると思う。「one of a kind」は何だった?
ウィッキー三世
「比類のない」とか「独自の」ってことですね。
乱三世
「of a kind」は?
ウィッキー三世
「名ばかりの」。
乱三世
「in kind」っていうのは2つ意味があって「to react by doing the same thing as someone else has just done」(『ロングマン』)というのが1つ。それと「a method of paying someone with goods or services instead of money」(『ロングマン』)というのがもう1つだ。それぞれどんな意味?
ウィッキー三世
「to react by doing the same thing as someone else has just done」というんですから「同じやり方で(応える)」という感じですよね。「a method of paying someone with goods or services instead of money」だったら「(金銭ではなくて)物品、現物で(払う、返す)」という感じですか。
乱三世
そう。「同じやり方で」の方の意味は『風の歌を聴け』(村上春樹)のこんな文章が「例文」になる。

 
 

The daily proverb for August 26 on the calendar in J’s Bar read, “He who gives freely shall receive in kind.”
※proverb格言
8月26日、という店のカレンダーの下にはこんな格言が書かれていた。
「惜しまずに与えるものは、常に与えられるものである。」
 
 

乱三世
「惜しまずに与える」とどうなると言っているの?
ウィッキー三世
「He shall receive in kind.」(与えられる、受け取る)ですね。
乱三世
「同じやり方で返礼される」という感じになるということだな。ここで使われている「read」っていうのは前にやったけど覚えている?
ウィッキー三世
「read」で「書いてある」という意味ですね。
乱三世
絶対に落としてはいけない「read」の意味だったわけだな。今日はこれまで!

 
 

今日のまとめ
●one of a kind=唯一の/比類のない
●two of a kind/three of a kind=似たもの同士/同類
●of a kind=名ばかりの
●kind of=いくぶん/ある程度の※口語表現
●a kind of=~のような
●in kind=同じやり方で(応える)/(金銭ではなくて)物品、現物で(払う、返す)

 
 

readが書いたり聞いたりするの!? 「read」のちょっと嫌な意味を紹介しました!

2019年7月18日

英単語はこう覚える! 本当に効率的なのはこの覚え方です!

2020年3月20日

少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

 
 

●追伸

高橋
社会人になって英語が必要になったとき、私がしたことはまず情報を全部耳から入れるということでした。最近はどんな本にも付録のCDが付いているかもしくは音声をダウンロードできるようになっています。こうしたものを全部聞くことから始めました。私の勉強方法はこちらからどうぞ。

私の勉強方法についてはこちら!

2019年5月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です