バズるって英語なの!? 実は「バズ」はこんなところから来ています!

高橋
こんにちは高橋です。
今日はこの流行らないブログで「バズった」という言葉について考えてみたいと思います。そもそも「バズった」の「バズ」はどこから来ているのか? 英語だとしたら、その英語本来の使い方として「バズる」というのは存在するのか? 今日も色々と実例を引っ張って解説してみました。前回の「TOEICに出る冊子やチラシはこれ!」からがらっと装いを変えて役に立つ雑学を紹介しています!

 
 
 
 
 

ウィッキー三世
最近「バズる」って言葉がよく使われるじゃないですか?
乱三世
このブログは一度たりとも「バズった」ことはないけどな。
ウィッキー三世
そんな悲しい報告しなくてもいいですよ。「バズる」ように少しでも頑張ろうって話しでしょう。
乱三世
最新ネットサーフィンしてたらやたらエロいページばかりに目がいくんだよな。
ウィッキー三世
それがどうしたんですか?
乱三世
このブログもエロいネタ専門にしたほうが客が付くかもしれないなと思ってさ。そもそも中年の男二人で話を進めているっていう設定もそろそろ変えたほうがいいだろ? 
ウィッキー三世
そんな体裁のことを言っても始まらないでしょう。
乱三世
おっさん二人の会話を誰が楽しんでいるんだっていう話もあるしな。相手を昔よく遊びに来てくれた魔子ちゃんに変えるとか工夫が必要だと思わない?
ウィッキー三世
おっさん二人でっていうのはたしかにそうかもしれないですけど、今日は「バズる」っていう日本語の話ですよ。
乱三世
全然「バズった」ことがないブログで「バズる」話をひっそりしているっていうのも寂しい話だけどな。
ウィッキー三世
自虐ネタはいいですから、これ英語でも使うのかどうかですよ!
乱三世
わかったよ。「ブザー」ってあるだろ?
ウィッキー三世
音が鳴るやつですか?
乱三世
そう。どうやって綴るか知っている?
ウィッキー三世
乱三世
「buzzer」っていうのは意味を考えると「buzz」から来ているとわかるんだけど、「buzz」っていのは「ハチが飛び回るような音を出す」といった意味があるわけ。例えば、「People are buzzing around~」ってなったら、「忙しく動きまわる」ってなる。
ウィッキー三世
要するに「ハチが飛び回っている」イメージをすればいいってことですか。
乱三世
「Questions are buzzing around your head」ってなれば「疑問が頭の中をぐるぐる回る」となるわけだ。混乱している感じがでる意味になるということだな。
ウィッキー三世
この「buzz」が日本語の「バズる」に当たるものということですか?
乱三世
ちょうどいいサンプルが吉田修一の「パレード」にあったからこれを紹介してみよう。ごちゃごちゃ説明するよりストレート伝わると思う。
 
 
 
 
 

Psyche, by the way, means “the unconscious,” and is a term Mirai started using all of a sudden after she read a comic book version of Freud’s theory of psychoanalysis. It’s become a buzzword around our apartment.
※psycheギリシャ神話のプシュケ、魂、精神などの意味も
ちなみに深層というのは無意識という意味で、フロイトの精神分析論を漫画で読んだという未来がとつぜん使い始め、当時ぼくらの間だけで流行していた言葉だった。

 
 
 
 
 

ウィッキー三世
「buzzword」でまさに流行っている言葉になるわけですか。
乱三世
そう。日本語の「バズる」っていうのは「急激に関心が高まる」とか「一時的に流行っている」とかっていう意味になるわけだろ?
ウィッキー三世
そうなるとまさに英語の「buzz」をそのまま移植したもの、ということですか。
乱三世
辞書には、こう出ているな。
 
 
 
 
 

You can use buzz to refer to a word, idea, or activity which has recently become extremely popular.

 
 
 
 
 

乱三世
「言葉とか考えや活動が急に流行る」って感じかな。
ウィッキー三世
これは名詞ですけど、動詞の意味はあるんですか。まさに「バズる」と同じ使い方は?
乱三世
「People are buzzing about~」とすれば「人が~のうわさをしている」という意味になるな。転じて「話題になっている」というような意味にもなるよ。
ウィッキー三世
日本語の「バズる」に極めて近い意味ということですか?
乱三世
そう。せっかく日本語になっているんだからおいしいと思って「buzz」を頭に入れてしまえばいいと思うよ。一応「buzz」の意味を補足できる材料も持ってきたから紹介しておこう。「ゴッドファーザー」からだ。
 
 
 
 
 

Some of the local youths were already beginning to buzz around and this stranger with his broken face could do the necessary job of scaring them off.
※scare off~を脅して追い払う
すでにこの土地の若者たち何人か娘につきまといだしており、この顔のつぶれたよそ者なら、うまい具合に追い払ってくれるだろう。

 
 
 
 
 

乱三世
「ハチが飛び回って音をだす」感じといったけどその感覚が出ているだろ?ちなみにこの引用はマイケル・コルレオーネがシチリアに潜伏しているときのもので、マイケルが後に結婚することになるアポロニアという女性の父親の独白だ。
ウィッキー三世
若い女性に付きまとっている感じを表現するために「buzz around」と当てているわけですか。
乱三世
そう。感じが出ているだろ?
ウィッキー三世
今日のこの記事で少しは「バズり」ますかね。
乱三世
まあ「バズる」ことを祈って最後にこんな使い方もあるというのを紹介しておこう。カート・ヴォネガットの「ホーカス・ポーカス」からだ。
 
 
 
 
 

WHEN YOU DARE to think about how huge the illegal drug business is in this country, you have to suspect that practically everybody has a steady buzz on, just as I did during my last 2 years in high school,~
※practically(直後の語を修飾して)ほとんど、同然
非合法の麻薬産業がこの国でどれほど巨大な規模に達したかを考えるには、ほとんどあらゆる人間がいつもほろ酔いなのではないかと疑ってかかる必要がある。わたしのハイスクール最後の2年間がそうだったように~。

 
 
 
 
 

ウィッキー三世
「酔う」となっていますけど、麻薬が効いているってことですか?
乱三世
麻薬などで酩酊していることを指して「buzz」と使うということだな。だいたいこの使い方の場合は「have a buzz on」とするので覚えておくといいと思う。今日はこのあたりで。
 
 
 
 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
人気ブログランキングへ

TOEICランキング

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
今日引用した「パレード」は行定勲の監督で映画化されています。こういうメディアコンプレックスを果たしている作品というのは、英語学習との相性が抜群です。吉田修一の小説の後に英語の翻訳に当たるという手順でもいいですし、その前に映画を挟んで、行定勲の世界を楽しんでから、翻訳に行くというのでももちろん楽しめます。まずは日本語から試してみてください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です