なぜ小説や映画の「場面」に落とし込んで覚えるのか?

高橋
今まで「今度こそ挫折しない!「聴いて」TOEICの点数をUPする方法」という記事などで私がしてきた勉強方法について触れてきましたが、
今日はちょっとその補足をしておきたいと思います。
単語集を機械的にめくっても全然頭に入ってこない、という経験を持つ方に「効く」内容になっていると思います。
覚えておいて損のない単語も併せて紹介しました!

 
 
 
 
 

ウィッキー三世
今日はやけに大袈裟なタイトルを付けましたね。
乱三世
まあ。そうね。
ウィッキー三世
何か意図があるんですか?
乱三世
前に「fieldフィールド」って単語を紹介したの覚えている?
ウィッキー三世
「分野」とか「野球の外野」とか「畑」とか日本語の「フィールド」でイメージできる単語ではありましたよね。
乱三世
そうだけど、面白い意味があってそれがTOEICに出るって話もしただろ?
ウィッキー三世
「実地の」とかそういう意味ですよね。
乱三世
村上春樹「1973年のピンボール」から引用した意味があっただろ?
ウィッキー三世
「さばく」って意味でしたっけ?
乱三世
そう。「It was the end of winter when I fielded her last phone call. 」って文章を引用しただろ? これ日本語の原文はどんなだった?
ウィッキー三世
確か「さばく」臭はなかったですよね。
乱三世
「僕が最後に彼女への電話を受けたのはその冬の終わりだった」だよ。ちなみにどういう状況で使われている言葉だったか覚えている?
ウィッキー三世
それは、「僕」が学生のときに住んでいたアパートでの出来事を書いた文章ですよね。電話がアパートに1台しかなくて、それをみんなで共有しているっていう話ですよね。確か管理人室の前に電話が置いてあって、かかってきた電話に誰かが出なければいけないシステムになっているということだったと思います。
乱三世
昔の寮とかによくあった形だな。電話に出て、相手に取り次ぐっていう管理人の役割を「僕」がやらなければならなかったわけだろ。
ウィッキー三世
電話がかかってくる→かかってきた相手に取り次ぐ、というのを指して「field」としているということでしたね。
乱三世
そういう、一連の行為を「field」という単語を使ってすごくよく表していると思うんだよ。こういう「field」が持つ言葉の感触っていうのをこの短い文章の中で確認できるようになっていると思う。それは、単語帳をめくって「field」→「うまくさばく」なんていう風になっているものに目を通すだけでは絶対に得られない体験なはずなんだな。
ウィッキー三世
TOEIC頻出の単語を聴いていた小説に落としこむって話をさんざんしてきましたよね。Kindleの使い方なんかも説明して。それを今日も強調したいってことなんですか。
乱三世
高橋がTOEICで750点取ったとき、問題集は単語集しか使わなかったっていう話を以前しただろ? まあ、その単語集はLINE登録したくれた人のための特典動画の中で話してあるわけだけど。
ウィッキー三世
今回のテストも問題集には触れなかったということですよね。
乱三世
うん。要するに、急がば回れじゃないけど、単語集を機械的にめくることでは得られないその単語の感触が「場面」に落とすことで得られるってことだな。そういう風にして得た感触っていうのはまず忘れないと思う。それが自分の人生に影響を与えた「場面」に幸運にも使われていたらなおさらだ。
ウィッキー三世
ええ、繰り返してきましたよね。そこは。そこをもう一度確認しておくということですか。
乱三世
「場面」でその感触ごとわかっている単語や熟語を増やすことが一番大切だということだよ。確かにTOEICに出やすい類の問題っていうのはあると思う。ただその傾向自体常に代わっているわけだ。
ウィッキー三世
だからそういう感触がわかっている単語や熟語を増やしていくほうが近道だってことですか。
乱三世
一見すると、遠回りだと感じても、後々効いてくると思う。特に高橋の場合は単語帳を機械的にめくる作業ではどうやっても頭に入らなかったわけだな。
ウィッキー三世
毎回小説や映画の場面を引用して高橋がやっていたことをそのまま再現しているわけですよね。
乱三世
そう。まあ実は「どんな問題集を使えばいいですか?」っていう質問を多くもらうのでそれより、ここで強調したいのはこういうことなんだ、というのをもう一度触れておきたかったということなんだな。
ウィッキー三世
なるほど……。
乱三世
まあ、いつもやっていることの反復になってしまうかもしれないけど、その実例を「field」のほかにも紹介してみよう。例えば「deliberation」っていう単語も高橋はまさに「場面」に落として把握している単語だな。
ウィッキー三世
「熟考」とか「慎重さ」とかそんな感じですよね?
乱三世
うん。高橋がその「deliberation」を覚えていたのは「ゴットファーザー」の場面だな。ちょっと引用してみよう。
 
 
 
 
 

They did so with frightening deliberation, as if they had all the time in the world.They did not throw punches in flurries but in timed, slow-motion sequences that carried the full weight of their massive bodies.
時間などいくらでもあるといった調子で、念入りに料理にかかっていた。滅多やたらにぶん殴るのではなく、タイミングを計り、ゆっくりしたモーションから全体重をかけてパンチを繰り出すのだ。
※have all the time in the world.(~するためには)時間がたっぷりある 

 
 
 
 
 

乱三世
これは、若い男二人をマフィアの組員が痛めつけているという、結構物騒な場面だな。映画の「ゴッドファーザー」の冒頭で娘を暴行された葬儀屋がドン・コルレオーネに敵を討ってくれるように依頼している場面があるけど、その依頼をまさに実行している場面だ。「deliberation」っていう単語の感触がすごくよく出ていると思う。
ウィッキー三世
「deliberation」って単語をその後の文章で説明しているみたいな感じですね。
乱三世
そう。日本語訳の「滅多やたらにぶん殴るのではなく、タイミングを計り、ゆっくりしたモーションから全体重をかけてパンチを繰り出すのだ」というところで「deliberation」の意味を解説してくれているんだな。さっき「慎重さ」なんていう風にお前が言ったけど、「deliberation」って「ゆっくり注意して」って意味があるんだな。この場面だけでその感触を全部つかめるんじゃないかと思う。「ゆっくり注意して」考えれば「熟考」になるわけだ。
ウィッキー三世
「deliberation」が持っている感じを確かにつかみやすい場面ではありますね。
乱三世
そうだろ? それから例えば「deliberation」と親戚の「deliberate」ってどんな意味?
ウィッキー三世
「故意に」って感じですよね。
乱三世
「(偶然の要素を排して)ゆっくり慎重に」→「(偶然ではなく)わざと」、という風に覚えられてしまう単語だと思う。「deliberate」の副詞の形「deliberately」だって一緒に覚えられるってことだな。
ウィッキー三世
「deliberate」自体にも「ゆっくり慎重に」っていう「deliberation」と同じ意味がありますよね。
乱三世
だから同じ感触のなかで頭に入れられる単語だってことだな。ちなみに注釈を入れておいたけど「have all the time in the world」で「(~するためには)時間がたっぷりある」っていう意味だな。
ウィッキー三世
面白い熟語ですね。
乱三世
スポッと入るだろ? それからもう一つ「paralyzed」なんていうのも紹介しておこう。これもずっと高橋が聴いていた「ゴッドファーザー」に出てくる単語だ。障害を持っている人のオリンピックを指して「パラリンピック」っていうけど「パラリンピック」の「パラ」は「paralyzed」から取ったものだな。
 
 
 
 
 

●Michael swung toward the man sitting against the wall. This man had not made a move. He seemed paralyzed.
マイケルは壁際に座っている男のほうへ身体を向けた。この男は身動き一つしていなかった。麻痺してしまったようだった。

 
 
 
 
 

乱三世
マイケルというのは、後に父親の後を継ぐことになる男のことだね。そのマイケルが交渉相手である麻薬の売人とそのボディーガードの警官を撃ち殺した後、周りにいる人間に注意を向けた時の描写だな。目の前の殺人に呆然として動けなくなっている男の様子がそれこそ「paralyzed」という形容詞で端的に表されていると思う。
ウィッキー三世
「paralyzed」っていうのは「障害を負っている」というような意味以外にこういう「動けなくなった状態」を指して使えるということなんですか。
乱三世
そう。TOEICの点数上げることばかりに触れてきたけど、「場面」で覚えるっていうのは単語を選択するときの確かな根拠になると思うんだな。
ウィッキー三世
というと?
乱三世
その場面をあらわす一番適切な言葉が考えずに出てくるようになるってことだよ。日本語の意味だけ考えるといろいろな選択が考えられるなかで、こういう場面ではこういう風にしか言わないっていうものが積み重なってくるわけだよ。
ウィッキー三世
アウトプットするときのことを考えても、効いてくるということですか。
乱三世
そう。だからさっきも言ったけど、今回は高橋がしていた勉強方法っていうのはどういう意味を持っているのかっていうのを改めて補足しておきたかった、ということだ。
 
 
 

少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
人気ブログランキングへ

TOEICランキング

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

 

●追伸

高橋
花粉の季節から解放されて鼻がようやく正常運転に戻ったと思ったら、今度は掛け布団をいきなり薄くしすぎて、鼻かぜを引いてしまったようです。
とにかく、鼻づまりというのは、イライラするもんですね。
今日のブログでおかしなところがあったら、確実に詰まった鼻のせいです!ツイッターを始めました!気軽にフォローしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です