900点突破のためにテクニック本は不要です! リスニング、リーディングパート7の攻略方法とは?

高橋
こんにちは高橋です。

先日900点を突破した際に使っていた参考書を紹介しましたが(こちらからどうぞ!)今回はその補足です。

僕があげた参考書にはいわゆるテクニック本の類は一つもありません。

理由ははっきりしていて、この類の本は結局鍋敷きくらいにしかならないからです。鍋敷きを紹介しても怒られるだけですね。

なぜテクニック本は不必要なのか。僕の経験をもとに少し掘り下げてみました。僕の勉強の仕方についての補足にもなっています!

 
 

ポイント!
900点を超えるためにテクニックは不要です。僕はただ頭から読んで、聴いただけで900点を超えました!
 
 

TOEIC935点になりました!

 
 

僕はただ頭から読んでいるだけです!

TOEICでは他の試験と違って速く読む能力が求められます。

だから、速く読むための対策本やテクニック本というのが毎年必ずと言っていいほど出版されています。

僕も、800点を取れなくて足踏みしていたときに、こうしたテクニック本を買ったことがありました。

ただ、結論から先に言ってしまうとこの類の本をやり込んだとしてもあなたの点数があがることは絶対にないので、すぐに捨ててしまったほうがいいです。

速く読めないというのはテクニックが足りないからではありません。

単に文法や単語を知らないから速く読めないだけです。

意味があやふやで読み返しをしてしまう、または読むスピードが落ちてしまう。

だから、最後まで読むことができない。

ただこれだけの話です。

ここを勘違いしていると絶対に点数は伸びません。

リーディングのパート7(長文読解問題です)では設問を先に読んだほうがいいと言われていますね。

僕は未だにそんなことはやったことがありません。

正確に言えば、設問を先に読んでから本文を読むなどという「高等テクニック」を使いこなせたことがありません。

TOEICに役立つテクニックが網羅されている(とうたっている)本を出している人のほとんどが満点ホルダーです。

そうしたテクニック本には、そうした点数を持っているからこそできるテクニックというのが結構あったりします。

当然そのテクニックというのは、あなたではできないものです。

その一つが設問を先に読んでその設問を意識しながら本文を読むというテクニックです。

僕は935点(2022年5月)になった今でもこの類のテクニックに頼ったことがありません。(使いこなせていません)

ただ愚直に頭から読んでいるだけです。

これで935点は達成できます。

あなたがやるべきことは、こうしたテクニック本の類に手を出して無駄な時間を費やすことではなく、地道に文法や単語を覚えることだけです。
 
 

リスニングはただ聴いているだけです!

テクニックなど不要というのは実はリスニングも一緒です。

僕は915点になったときにリスニングは480点でしたが、よくある事前に解答を読んで問題文をイメージするなんていうことをしていませんでした。

やっていたのは、問題の案内が流れているときにグラフや表がある問題を見ておくことくらいです。

TOEICは冒頭にリスニング問題全体の説明が英語でアナウンスされますね。

その時間を使ってグラフや表の内容をチェックすることが事前にやることのすべてです。

後は目をつぶって英語を聞き落とさないようにしていました。

設問に先に目を通すという余裕ができたのは、リスニングが満点になったつい最近のことです。

よくTOEICの本番が終わったあとに雑感のようなものをyoutubeやブログで発信している人がいますね。

主に講師の方や、満点に近い高得点者がこういうことをしています。

例えばリスニングにはこういう問題があってリーディングの何問目が非常に高度で、と詳しく解説をしています。

それを聞いてあなたは自分がその日受けてきた問題を正確に再現できたことがありますか?

こういう問題があった、とネット上の情報を拾って「そうだった、あれは難しかった」と反応できるようになったのは、僕の場合は870点を超えてからです。

TOEICには問題のフォームかいくつかあり、同じ日に受験をしたとしても内容が異なるものを受けているグループが複数存在します。

自分がどのグループの問題を受けたのか他の人に知らせるために、よくリスニングの最初の問題の写真を説明している人がいます。

あなたはそうしたことを言われて、毎回正確に思い出すことができていますか?

僕がそれをほぼ正確にできるようになったのはやはり870点を超えてからです。

問題を再現すること自体高い点数が必要です。意味を日本語と同じくらい正確に取れなかったものは再現できないからです。

テクニック本はあなたが手を出す類の本ではありません。

そこに書いてあることは満点近くの点数を持っていてはじめて実現できることか、TOEICの『公式問題集』を複数回解けば、見えてくる(わかってくる)ことだけです。
 
 

『公式問題集』の解き方はこちらからどうぞ!

【TOEIC公式問題集の使い方】900 点取得者が実践している方法を紹介します!

2021年9月26日
 
 
くどいようですが、あなたがすべきことは、文法や単語の知識をせっせと仕入れることだけです。

注意点があるとすれば、TOEICのテストを熟知した人が書いた本で勉強することくらいです。

僕が900点を達成するまでに使った参考書は全部下の記事で紹介しています。

参考にしてみてください。

今回はこれまで!

 
 

まとめ!
あなたがやるべきことは地道に文法や単語の知識を仕入れることだけです!

 
 

TOEIC900点を突破したときに役立った参考書をこちらで紹介しています!

【TOEIC900点突破】必要な参考書はこれです! 私が実際に使った問題集を紹介します!

2020年12月13日

【TOEIC文法書8選!】900点を達成するためのPart5&6の勉強方法&攻略方について

2021年1月31日

これは面白かった! TOEIC900点取得者がおすすめする英語関係の本6選!

2020年12月21日

少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

僕が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります(今はTOEIC900点を越えました!)。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

 
 

●追伸

高橋
半年でTOEIC750点を超えたときに必死になってやっていたことが英語を聞くことです。

深夜の残業が続くなかで点数をあげるにはこれにしかないとやり続けたことでした。

この時期の耳学問が僕の英語力の基礎になっています。こちらものぞいてみてください。

【半年でTOEIC350点アップ!】TOEIC900点取得者が実践している勉強方法はこれ!

2019年4月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です