毎日わくわくTOEIC対策! その13 appointmentアポイントメント~「猿の惑星」を借りて~

高橋
今日は昨日の「commissionコミッション」に続いて「appointmentアポイントメント」を取り上げたいと思います。この単語は前に取り上げた「edgeエッジ~」「fileファイル」よりも割と与しやすい相手ですが、やはりTOEICによく出る意味というのが存在します。今日は久しぶりに映画を使いました。平成のサブカル帝王「猿の惑星」「スター・ウォーズ エピソードⅢ」です。
それではどうぞ!

 
 
 
 
 

乱三世
お前、「猿の惑星」って知っている?
ウィッキー三世
観たことはありますよ。
乱三世
ふーん。
ウィッキー三世
「ふーん」っていうのはなんですか。自分で聞いておいて。
乱三世
いや、ずっと小説の文書を引用してきたけど、そういえばしばらく映画のセリフを引用していなかったな、と思ってさ。しかも私が持ってくる小説ってわりとマイナーだろ?
ウィッキー三世
村上春樹はマイナーとは言えないんじゃないですか?
乱三世
でも、ドラマの「フレンズ」とかそういうのに比べれば、とっつきにくいというのはあるかなと思ってさ。
ウィッキー三世
それで、「猿の惑星」ですか?
乱三世
まあ、「平成」サブカルチャーのアイコンみたいなもんだろ?「猿の惑星」って。
ウィッキー三世
コーネリアスとかいますよね。日本では。
乱三世
そう。小沢健二と一緒にフリッパーズギターってやってた小山田圭吾がソロになって名乗ったのが「コーネリアス」だよな。これは、「猿の惑星」の登場自分ならぬ、登場猿なわけだ。それから、自分のブランドの名前に「A BATHING APE」なんて付けている人もいただろ?
ウィッキー三世
今もいますよ。故人みたいに言わないでくださいよ。
乱三世
まあ、平成が終わったことだし、この際引用してみようかと思ってさ。あと「スター・ウォーズ」ね。ちょうど新時代と同じ名前の登場人物もいるしさ。
ウィッキー三世
「レイア」ね。オヤジギャクはいらないですよ。またPVが落ちるって高橋が泣きますよ。
乱三世
……。とにかくはじめるか。
ウィッキー三世
今日は「appointmentアポイントメント」を取り上げるんですよね。
乱三世
そう。
ウィッキー三世
そんなにいっぱい意味があるようには思えないですけど。
乱三世
細かく分けると4つくらいはあると思うけど、大きく分けると2つだな。その「猿の惑星」から引用してみようか。ザイアスとコーネリアスの会話からだ。まず上の会話があって、その後しばらく時間が経過したあとに下の会話がある、という流れだ。前後の事情を考えてみるとすぐにわかると思う。
 
 
 
 
 

―Cornelius! Cornelius, if you have a moment today, I’d like to discuss this expedition of yours in more detail.
―Certainly, sir. I’ll pick up my notes and I’ll come right over.
※expedition調査
 
 
 
―Did you forget our appointment, Cornelious?
―No sir, I was just collecting my notes.

 
 
 
 
 

乱三世
下の場面はコーネリアス(猿)とその恋人(猿)のジーラがテイラー(人間)を檻から出して話しているところにザイアス(猿)がやってくる場面だな。
ウィッキー三世
「appointment」っていうと、日本語にもなっていますよね。「アポ」なんてカジュアルに使われている意味ですよね。
乱三世
日本語の別の言葉で言うとどんな感じ?
ウィッキー三世
「約束」とか「予約」ってことじゃないんですか?
乱三世
そう。一応日本語訳を当ててみると、上の会話は「コーネリアス! コーネリアス。今日時間があれば君の調査について詳しく聞きたい」→「はい。資料を持って伺います」となるな。ザイアスがコーネリアスの調査について非常に憂慮しているという感じが伝わってくるものの言い方だな。そのあと、コーネリアスのところに自ら訪ねていって「約束を忘れたのか? コーネリアス」→「いいえ。今資料をまとめていて……」という会話になったわけだ。
ウィッキー三世
これは、ちょうど言葉を話せる人間がいるってわかって猿(チンパンジー)たちが動揺している場面ですよね。
乱三世
そういう風に言うと、お前の頭がおかしくなったみたいに聞こえるな。
ウィッキー三世
そういう設定の映画じゃないですか。
乱三世
一応映画の設定に触れておこうか。
ウィッキー三世
知ってますよ。みんな。
乱三世
未来の地球で猿の立場と人間の立場が完全に逆転してしまっているというSF映画なわけだな。まあ、まず「予約」や「約束」の意味の「appointment」を見たから次だ。今度は「スター・ウォーズ」から引用してみよう。これも時間を置いた二つの場面から引用してある。上はアナキン・スカイウォーカーとパルパティーンの会話からだ。パルパティーンがダークサイドにアナキンを取り込むために画策している場面だな。下はそのパルパティーンの提案を評議会が承認し、その後オビ=ワンとアナキンが会話している場面になる。今度は意訳した日本語訳も付けてあるから見てみて。
 
 
 
 
 

―I’m appointing you to be my personal representative on the Jedi Council.
ジェダイ評議会で私の個人的な代理人になってくれ。
―Me? A master? I’m overwhelmed,sir.
私がマスター? 身に余る光栄です。
 
 
 

―The only reason the council has approved your appointment is because the chancellor trusts you.
評議会がお前を承認したのは、議長(パルパティーン)がお前を信用しているからだ。
―And?
それで?
―Anakin, I am on your side. I didn’t want to put you in this situation.
アナキン、俺はお前の味方だ。お前をこういう状況(立場)に置きたくなかった。
―What situation? 
どんな状況(立場)?
―The council wants you to report on all the chancellor’s dealings.
評議会はお前にすべての議長(パルパティーン)の行動を報告するように求めている。

 
 
 
 
 

乱三世
まず上は名詞の「appointment」を紹介しているのに、動詞を引用しているからちょっと反則かもしれないな。紹介したい「appointment」のニュアンスが一番出ているのがこのセリフだったから引用してみた。
ウィッキー三世
訳は「代理人になってくれ」としてありますね。
乱三世
そうね。ただそれは意訳してあって「ジェダイ評議会で私の個人的な代理人としてお前を任命(指名)するつもりだ」となるね。つまり「appoint」「任命する」「指名する」という意味になるわけだ。
ウィッキー三世
名詞の「appointment」になると「任命」「指名」という意味になるということですか?
乱三世
そのとおり!
ウィッキー三世
これがTOEIC必須の意味ですか?
乱三世
そう。最初に出た、「予約」「約束」と「指名」「任命」というのが、必ず押さえておきたい意味になるな。この「スター・ウォーズ」を知っていればすぐに頭に入ってくるだろ?
ウィッキー三世
ずる賢いパルパティーンがアナキンを懐柔しようとしているところですものね。
乱三世
評議会に「任命」するというエサを与えているわけだな。
ウィッキー三世
下のオビ=ワンとの会話で出る「appointment」というのは少し意味が違うんですか?
乱三世
下のほうは、このパルパティーンからの「(『任命』による)『就任』」または「(任命による)職」くらいの意味なると思う。端的に「任命」の意味を知ってもらいたかったから「appoint」という動詞を引用してわけだな。
ウィッキー三世
今日は、大きく分けて二つだから楽でしたね。
乱三世
そんなに難しい意味じゃないから、知っているよ!っていう人も多かったかもね。
 
 
 
 
 

TOEICに出る「appointment」はこれだ!
高橋
「appointment」には「予約」「約束」という意味のほかに「指名」「任命」という大切な意味があります。

二つとも英英辞書で引いてみましょう。

●If you have an appointment with someone, you have arranged to see them at a particular time usually in connection with their work or for a serious purpose.

●The appointment of a person to a particular job is the choice of that person to do it.

上が「予約」「約束」を説明した文章です。「大事な目的や仕事に関係することで特定の時間に会う段取りをつけること」というのですからまさに「約束」ということになりますね。

下は、特定の職に人を選ぶことを指して「appointment」というのですから「指名」「任命」がぴったりきますね。

なおオビ=ワンのセリフに出た意味に近い「役職」「職務」とできそうな意味は辞書で次のように出ています。

●A job or position, usually involving some responsibility

「責任を伴う職、地位」ということですね。「役職」「職務」くらいの意味になると思います。

 
 
 


 
 
 

少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
人気ブログランキングへ


TOEICランキング

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

 

●追伸

高橋
今日は、映画のセリフから引用しましたが、字幕はすべてのセリフを文字にしていないことが多いので苦労します。
特に長いセリフなどは英語の字幕は端折ってある、日本語訳はひどい意訳をしてある、というのが結構あります。
こういう落ちている部分を調べるだけでやたら時間がかかってしまったりもします。
映画を字幕で観るときそういう細かい部分に気を配ってみるのも面白いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です