laptopのlapは具体的にどういう意味なの? 意外に重要です!lapの意味

高橋
こんにちは高橋です。今日は「lap」という単語をとりあげてみます。スポーツをやっている人ならすぐに浮かぶであろう1周を意味するあの「ラップ」ですね。いつものように注意しておきたい面白い意味があるので見ていきましょう。今日も小説からの例文を引いてあります!

ひざから腰までの部分を指してlap

ウィッキー三世
今日は「lap」ですか?
乱三世
そう。気にしておいたほうがいい意味があるからいくつか見ていこう。まず一つ目は「ラップトップパソコン」(=laptop)の「ラップ」っていうのは具体的にどういう意味かだな。
ウィッキー三世
普通持ち運べるノートパソコンを指しますよね。
乱三世
そうなんだけど、その場合の「lap」っていうのは具体的に何かを指しているわけだ。この意味の「lap」はズバリこれ!という例があるから見てみよう。『ゴットファーザー』からだ。
 
 

lapがこう使われています!

Jules was immediately contrite. “OK, honey,” he said. He put his head in her lap and using her soft thighs as a pillow, he took a little nap.
※contrite悔い改める ※thigh腿
ジュールスはすぐに手を引っ込めた。「わかったよ、ハニー」と言うと、彼女の柔らかな腿を枕にしてほんの少しまどろんだ。
 
 

乱三世
「柔らかな腿を枕にして」っていうのは日本語でピッタリの表現があっただろ?その部分に頭をのっけることをなんて言った?
ウィッキー三世
「ひざ枕」ですね。
乱三世
そう。男子はみんな大好きひざ枕! 女性が腰をかけている「腰から膝の頭までの部分を指してlap」とするわけだ。
ウィッキー三世
ラップトップ(=laptop)っていうのはそうすると座っているときに膝の上に乗せるようなタイプのパソコンだからラップトップですか。
乱三世
そう。これ英語で範囲をいうとすると「area between the hip and the knee」くらいになるわけだな。さっきは腰っていったけど、座っているときのお尻あたりから膝までの部分ということだ。「lap」という単語はまずこの意味が必須となる。

1周、1巻きを指してlap

ウィッキー三世
「サランラップ」ってあるじゃないですか?
乱三世
食品に巻いたりするやつね。レンジで温めるときに重宝するやつ。
ウィッキー三世
あれは、この「lap」から来ているんですか?
乱三世
いや、あれは「wrap」という別の単語だな。「lap」にも例えば「巻き付ける」とか「包む」という意味があるから「wrap」の意味と非常に近いのだけどサランラップはそのまま「Saran wrap」(=商標名)とか「plastic wrap」と表現するのが正解だ。「lap」は1周するようにぐるりと囲むとイメージすればいい。
ウィッキー三世
そうすると、1周っていうのはまさに日本語の使い方そのままになるわけですか。
乱三世
陸上競技で使う「ラップ」そのままだな。これも一応例えを持ってきたから見てみよう。『羊たちの沈黙』からだ。
 
 

lap=1周

After class Starling ran too many laps and then she swam. She swam until she thought about the floaters and then she didn’t want the water on her anymore.
クラスの後、スターリングはトラックを必要以上に走り、それから泳いだ。泳いでいるうちに水に浮かんだ死体が頭に浮かびそれ以上泳ぐ気がしなくなった。
 
 

ウィッキー三世
そのままトラックの周回のことを指しているわけですね。
乱三世
そう。さっきも言ったけどこの1周を頭に入れておけば「1周する」という動詞も出てくるし、ほかにも「囲む」とか「巻く」「巻き付ける」「体をくるむ」なんていう意味も出てくるわけ。
ウィッキー三世
これは日本語の「ラップ」のイメージがあればいいということですね。
乱三世
そう。だからまず「ひざ」、「1周」と頭に入れておけばいいわけだな。

波が打ち寄せる、ぴちゃぴちゃ音を立てて飲むという意味のlap

ウィッキー三世
ついでに聞いておきますけど「rap」とも違うんですよね。この「lap」は。
乱三世
「rap」はあの音楽の「ラップ」だな。「コツコツ叩く音」に対して「rap」だ。「rap music」とすればそのままあの「ラップ」のことになる。日本人が嫌いな「L」と「R」の発音の違いだな。「lap」が「L」、「rap」がそのまま「R」だ。一応発音も付けておこう。
lap↓
rap↓
ウィッキー三世
1周でもなく、ひざでもない「lap」は意味が全然違うわけですか?
乱三世
犬や猫が水を飲むときぴちゃぴちゃやるだろ? 
ウィッキー三世
なめるようにして飲みますね。
乱三世
その犬や猫が「なめる」とか「なめまわす」っていうのが「lap」なわけ。犬や猫なんかの動物が「ぴちゃぴちゃ音を立てて飲む」ことも「lap」だ。それと、そのぴちゃぴちゃの感じに近い意味で岸辺をぴちゃぴちゃ洗ったらこういう意味になるというのを例文で見てみよう。村上春樹の『1973年のピンボール』からだ。
 
 

波などが~を洗う、寄せるという意味になります!

Occasionally, ripples of emotion would lap against his heart as if to remind him of something.
※rippleさざ波を立てる
時折、幾つかの小さな感情の波が思い出したように彼の心に打ち寄せた。

※日本語は村上春樹の原文をそのまま引用してあります。

 
 

ウィッキー三世
この場合は感情の波が心に打ち寄せるという比喩で使っているわけですね。
乱三世
そう「lap against」と使うのが定番の表現だけど、ずばり「lap against」=「波が洗う」だ。そのほかに例えば喉が渇いてしょうがなくて、ぴちゃぴちゃ飲んでいる、そういう姿を想像するとわりとすんなり入ってくると思うのが「lap up」という表現になる。お世辞を言われてそれを全部「飲んでしまう」とするとどんな日本語が当てはまる?
ウィッキー三世
お世辞を全部飲み込むっていうと、「真に受ける」くらいですか。
乱三世
そう。「情報をうのみにする」とか「真に受ける」っていう意味になるわけだ。「lap up」で単に「囲む」という意味もあるけど、この「真に受ける」っていうのも面白い表現になる。下にまとめをしたから参考までに。今日はここまで!

 
 

「lap」のポイント!
●ひざから腰までの部分(ラップトップのラップ!)
●1周、1巻き
●波が打ち寄せる、(動物が)ぴちゃぴちゃ音を立てて飲む
 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
前回「TOEIC850点は英語を聞くだけで達成できるのか?」というタイトルで書いたらわりと反響がありました。私はMP3プレイヤーに本来映像が付いているものも含めてあらゆる音声を放り込んでいます。それを耳が空いているときはひたすら聞くということをしています。その中にはTOEICの公式問題集のテストも入っています。リスニングテストの音声ですね。これはTOEICを受けだしてからずっとやっています。試験前には1度通しで真剣に聞いてそれでリスニング対策は終わりです。リスニング480点になったときも同じです。あなたもぜひ空いているその耳で学習してみてください。前回の記事はこちらから!↓
「TOEIC850点は英語を聞くだけで達成できるのか?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です