あれ!? あの人の名前なんだっけ!? 名前を聞き返す定番の表現

こんにちは高橋です。

今日は一度会ったことがある人なのに「どうしても名前を思い出せない!」
(だからもう一度聞きたい)というときに使えるフレーズを紹介します。

もちろん、私はこういう表現も映画や小説のコンテンツから拾ったので今日もその場面を引用して紹介しようと思いますが実はこの文言を一度だけ実際に言われたことがあります。

仕事で英語が必要な部署に移ったということを随分お話しましたね。
(詳しくは「スターウォーズ」のヨーダは日本人だったを参照ください)

そこで、一緒に働いていたアメリカ人のそのまた年輩の友達に「名前なんだっけ?」
(もちろん英語で)と尋ねられたことがあります。

その人とは、一度だけ、まさにその同僚のアメリカ人を通してほんの2~3言、言葉を交わしたという間柄でした。

それが再会して、私の名前を忘れていたわけですね。

ついでにいうと私も彼の名前を言うことができませんでした。

ただ、私の場合は名前を忘れたのではなく、そもそも一度聞いてもさっぱり分からなかったので、分かる振りをしていたという悲惨な状態だったので、初めて外国人を見た子供みたいに結構びくびくしていた状況ではありました。

まさにその困った状況で、彼が口にしたフレーズが今日紹介したいフレーズということになります。

もちろん、どっかの政治家に関するネタのように「Who are you?」などと言ったとかそんなオチではないのでご安心を。

それでは、いつものように、この文言が登場する箇所を引用してみたいと思います。

『コロンボ』(「殺人処方箋」の回)に聞いてみます。

コロンボが話かけているのは犯人の愛人で、共犯者の女です。

 
 
―Oh , Miss? Excuse me, What was your name again?
すいません。あなたのお名前はなんでしたっけ?
―Joan Hudson. Why?ジョン・ハドソンよ。なぜ?
―Sorry to trouble you, Ma’am. いえ。どうも失礼しました。

 
 

そうですね。

「What was your name again?」が正解ですね。

ちなみに、この場面、コロンボは実際にはこの女性に会ったことがなく「かまをかけて」名前を聞き出しています。

古畑任三郎に通じるとぼけた演出が効いている場面です。

普通、会話のスタートで、いきなり「What is your name?」などとストレートに切りだすことはないですよね。

初対面で言ったら随分横柄で、礼を欠いた人間と思われてしまうと思います。

ただし「What was your name again?」は通常の会話で使われる表現で「I am sorry.」(or「Sorry」)とセットにして使えば非常に丁寧なものの言い方になります。
(「what」のあとは「is」ではなく「was」になっているところに注意してください)

人の名前を忘れるなんて、普通にあることですね。

そこで「What was your name again?」と切りだせばいいということになります。

今日はさくっとこのあたりで。

それでは!

 

 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
どうも花粉症がひどいと思ったら間違えて去年もらった胃薬を飲んでいました。「誰だこんなところに紛らわしいだろ!」と一人暮らしの部屋で一応怒鳴ってみましたが怒りのやり場がない、というのはこういうことですね。私の学習法はこちらにまとめてあるのでどうぞ→「私の勉強方法についてはこちら!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です