その日本語、英語ではこんな意味もあります! その12 greenグリーン

こんにちは高橋です。

今日は前回の「その日本語、英語ではこんな意味もあります! その11 columnコラム」に続き「greenグリーン」を取り上げたいと思います。

いつものように日本語で「グリーン」と引いてなんとでるかと
ヤホーでやってみようと思いましたが、「日本語で定着している」と考えれば
もう「緑」以外ないですね。

「グリーン」=「緑」で間違いないと思います。

では、英語はどうなっているのかというと、これも順当に緑がほとんどの意味を占めています。

私の辞書で一番上にある意味を出してみます。

 

Green is the colour of grass or leaves.

 

「草や葉っぱの色」を指して「green」というのですから、ずばり日本語の「緑」ですね。

この「green」の意味は英語でも同じように「緑」の関係で占められています。

例えば「緑に覆われた」だとか、野菜を指して「青物の、菜っ葉の」といった具合です。

少し変わったところでは「環境保護に関する政治的な活動」を指して
「green」とするなんていうのもあります。

また、この「環境保護に関する政治的な活動」の親戚で、こんなものもあります。

 

●If you say that someone or something is green, you mean they harm the environment as little as possible.

 

「環境に優しい人、モノを指して」「green」というのですから
この「green」はちょっと変わり種ですね。

「環境保護主義者」などとしたら大袈裟ですがそうしたニュアンスで表せる意味でしょうか。

ただ、日本語のグリーンの範疇にまだすっぼりと入って、違和感のない意味だと思います。

グリーンの一番の変わり種はこの意味に譲るということになります。

今日は、小説版「羊たちの沈黙」から取ってみましょう。

娘を誘拐されたマーティン上院議員がレクターと面会する直前にクロフォード(スターリングの上司)と電話で話をしている場面です。
(この場面は映画ではカットされています。)

 

●~”But do this for me. Let Dr. Alan Bloom brief you before you go up against Lecter. Bloom can help you, believe me.”
“I’ve got professional advice.”
“Better than Chilton, I hope.”~
“Infighting wastes time, Mr.Crawford. You sent a green recruit to Lecter with a phony offer. I can do better than that.

「しかし、私の頼みを聞いてください。レクターと対決する前に、アラン・ブルーム博士から説明を受けてください。ブルームは必ずあなたの役に立ちます」
「すでに専門家の助言を受けているわ」
「チルトンよりもましな人間であることを願っていますよ」(中略)
「なわばり争いは時間の浪費だわ、ミスタークロフォード。あなたは訓練生をレクターの所へ行かせて虚偽の条件を提示させたわ。私にはそれよりももっとまともなことができます」

 

「green recruit」を指して「訓練生」としてありますね。

ここでの「green」は「未熟な」「経験の足りない」「青二才」のといった意味になります。

ちなみに「recruit」単独で「軍隊の新兵」「組織の新会員」
のような意味があるので「green」をつけて、さらに「未熟な」ことを
強調しているということになりますね。

この「green」はあなたに馴染みのあるものだったでしょうか。

辞書から引用してきょうは終わりです。

 

●If you say that someone is green, you mean that they have had very little experience of life or a particular job.

 

一応日本語にすると「誰かのことをgreenと言った場合、その人が仕事や人生においてわずかな経験しかないことを意味する」となってなります。

それでは!

 

少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓

TOEICランキング

TOEICスコアアップに繋がる情報や
英語の雑学などを楽しく学べる情報をLINEで配信しております。
(TOEICスコアアップ動画をプレゼント)
友だち追加

 

●追伸
スラムダンクの英語版を手に入れようとしましたが、これがなかなか大変でした。

「全巻セット」を、と欲張って探したら、まずないですね。

試しに1巻分アマゾンで買ったら海外からの輸入になるので
なんと2週間近くかかりました。

読みたい意欲がそがれることこの上ない経験でした。

ぜひ気軽にフォローしてみてください↓
ツイッターを始めました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です