「スター・ウォーズ」のヨーダは日本人だった⁉ ~補足~

こんにちは高橋です。

私は、このブログの記念すべき第1回目で(そんな大げさなものではないですが)
「スター・ウォーズ」の「YODA」は日本人がモデルとなっているという話をしました。
( 「スター・ウォーズ」のヨーダは日本人だった⁉ )

そして「熱狂の仕掛け人」という本を参照したうえで
「モデルとなったのは依田巽さんという人で、現会長の松浦氏と一緒に
「エイベックス」(エイベックス株式会社)をつくった人なんです。」

と記しました。

これについて、「シネフィル」(映画オタク)の知人より
いろいろと指摘を受けたので少し捕捉しておきたいと思います。
(英語の話から少し離れるけど読んでね!)

その指摘を箇条書きにしてみると、

1、ジョージ・ルーカスが「YODA」のモデルについて言及した資料はないと思うが、「YODA」は溝口健二の脚本を多く書いた依田義賢(よだよしかた)氏というのがもっぱらの説である。
2、依田義賢氏自身、真相はわからないとしつつ、そのことについて言及している。
3、溝口健二の脚本を書いた依田義賢といえば、海外のシネフィルでは知らない人がいないほど有名で、日本のビックネームである溝口の脚本を書いた人をモデルにするほうが自然だと思う
4、こっちの依田さんも顔が「YODA」そのままである。

「スター・ウォーズのヨーダは日本人だった⁉ 」という記事は
英語の勉強を始める前に「自分の興味を掘っておくことが大切」
「そこをしっかりと掘っておくことで、英語学習が長続きする」
という私の意見を書いたものです。

そのうえで、私は物語の「バックボーン」を含めて「スター・ウォーズ」が好きなので
「聴く」ための学習用コンテンツの1つに選んだということを、紹介しました。

大好物の「バックボーン」の1つがこの「ヨーダが日本人だった」という説ですね。

いわば、どういう風に好きなのか、私の好きになり方を
「ヨーダが日本人だった」という話と
「オビ=ワンの役を振られたけれど断った三船敏郎」の話をだして、説明したわけです。

これは、私が聴いた小説版「ゴッドファーザー」でも同じように
私の変な趣味を書いてきたと思います。

ただし、噂話もなるべく、真実に近づこうとする努力が当然、必要ですね。

ブログでもそれをしなければ、便所の落書きになってしまいます。

今回よい知人(この人は友人の知人という少し関係が遠い人です)
を持ったということで、この知人の意見について、触れておきたいと思います。
(英語からいっぱい離れるけど読んでね!)

まず、依田義賢氏自身、確かに自分が「YODA」のモデルだったという認識は
持っていたようです。

「依田義賢対談集 スクリーンに夢を託して」という本があり
その中でルーカスに聞いてみないとわからないかけれど
と前置きして、「顔が似ている」と話しています。

そして、
「普通英語では「YODA」とはいわずに「YODER」とするはずだから
日本人(の依田)をモデルにしたというのは本当だろうと思う」
とも言っています。

それから、監督のジョージ・ルーカスと日本映画との関係についても
見ておく必要がありますね。

ルーカスは周知のとおり黒澤映画からの影響を広言していて
「スター・ウォーズ」の下敷きは、黒澤の「隠し砦の三悪人」だと
これも広く知られているわけです。

例えば「メイキング・オブ・スターウォーズ」という資料のなかには、
「頭をかくというスカイウォーカーの癖は、いくつかの黒澤映画で
三船敏郎が見せた演技を模倣している」

と、黒澤映画からの直接の引用も示されています。

黒澤への偏愛があるなら、「溝口、小津、黒澤」と並んで称えられた監督への
敬愛もあって自然だと思います。

その溝口のメインライターだった依田さんがモデルということであれば
話しの流れとしても自然ですね。

おそらく元エイベックスの依田さんよりも「YODA」への距離が
ずっと近いと思います。

元エイベックスの依田氏が「YODA」のモデルだというのは、書籍からの引用なので
特に「飛ばし記事」のような感覚で書いたわけではないですが
「溝口のメインライターの依田氏の方がより信憑性が高い」
という書き方のほうがよいようです。

顔もすごく似てますしね。
(ネットで検索してみてください)

今日は、ブログを書くのも大変だよ、という話をしました(違うか)。

英語から離れましたが、こういう変な興味も英語に結びつけることができる
というサンプルになればいいなと思います。

それでは!

 

少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
人気ブログランキングへ

TOEICランキング

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

 
●追伸
せっかく「YODA」の話をしたので、今日は最後にそのセリフを
借りてみたいと思います。

「エピソード2 クローンの攻撃」からの引用です。

議長の懸念に対して「YODA」の含蓄ある言葉を聞くことができます。

外国人に「明日は晴れると思うか」と聞かれたらこの「YODA」の台詞
を模倣してみてください。

それでは!

Palpatine: Do you think it will really come to war?

YODA: The dark side clouds everything. Impossible to see the future is.

パルパティーン:戦争になるとおもうか?

ヨーダ:ダークサイドが広がっている。だれも未来を言い当てることはできない。

 

ツイッターを始めました。
ブログで書いていないこともどんどんつぶやいていくので
フォローしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です