その日本語、英語ではこんな意味もあります! その13 titleタイトル後編

こんにちは高橋です。

今日は「title前編」の続きになります。

「title前編」ではまず、英語の「title」も日本語の「タイトル」と同じように、スポーツの「タイトル」や、本や雑誌に付ける「タイトル」の意味があるとお話しました。

また、時には本や雑誌そのものを指して「title」とするなんていう面白い意味もある、合わせて紹介しましたね。

最後にちょっと耳になれないザラっとした意味も紹介しましたが、それは、
前回の「title」で確認していただくとして( 「title前編」を見てね!)
今日はこの続きから始めたいと思います。

まず紹介したい意味を含んだ文章から引用したいと思います。

「ゴッドファーザー」からの引用です。

「ゴッドファーザー」として権勢を誇った先代のドンが死に、その息子(マイケル)
が跡を継ぎます。

ただし幹部たちはファミリーを取り巻く環境を危惧しています。

 

●“The Barzinis and Tattaglias are going to move in on us real hard, Mike. You gotta fight or have a ‘sit-down’ with them.” Everyone in the room noticed that Clemenza had not used a formal form of address to Michael, much less the title of Don.
「バヅィーニとタッタリアは我々を容赦なく叩きのめしにくるはずだ、マイケル。あんたは奴らと戦うか、おとなしくしているしかないんだ」。そこにいる全員は、クレメンザの物の言い方がドンに対するものではなく、ましてドンの称号さえ使わなかったことに気付いていた。

 

どうでしょうか。

「the title of Don」と出てきましたね。

ここでの「title」は「表題」の意味の親戚と言えば、そう言えなくもないですが
「称号」「肩書」という意味です。

辞書ではこんな風に出ています。

 

●A person’s title is a word such as “Sir”, “Lord”, or “Lady” that is used in front of their name, or a phrase that is used instead of their name, and indicates that they have a high rank in society.

 

「『title』は『“Sir”』や『“Lord”』、『“Lady”』などの名前の前に使われる言葉、もしくは名前の変わりに使われるフレーズで、(そのフレーズを使われた人間が)社会的に高い地位を持っていることを示す」とあります。

社会的に優位性を持っているというところで、スポーツの「タイトル」
に通じるところもあるとは思いますが、この「title」は耳に
なじみがあったでしょうか。

さらに「称号」「肩書」には親戚がいて、こんな意味もあったりします。

続けて辞書に聞いてみましょう。

 

●Someone’s title is a name that describes their job or status in an organization.

 

「組織の中で、職務や地位を表わす名前」として使われるということですね。

これは、例えば「経理課長」とか「営業マネジャー」というのがまさにその「title」
だということになりますね。

今日は「称号」「仕事や地位を表わす名前」の意味の「title」を紹介しました。

これで「タイトル」ともお別れです。

それでは!

 

少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓

TOEICランキング

TOEICスコアアップに繋がる情報や
英語の雑学などを楽しく学べる情報をLINEで配信しております。
(TOEICスコアアップ動画をプレゼント)
友だち追加

 

●追伸
以前、英語の実用書の類も読むのが好きだとお話ししたことがあったと
思います。

「~時間で復習できる」とか「~フレーズだけで完璧」などというタイトルに
出会うと、あおりだとわかっていてもついつい手が伸びてしまいます。

あなたはどうですか?

私が今まで出会った英語の実用書のなかで、一番強烈だったのは
「10時間で英語が話せる」ですね。

これにまさるタイトルはないと思います。

今日はこのあたりで。

ぜひ気軽にフォローしてみてください↓
ツイッターを始めました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です