その日本語、英語ではこんな意味もあります!スーツsuit

Tom Hagen, despite his abilities, was simply not suited to be a Consigliere in a time of war. His main fault was that he was not a Sicilian.
トム・ヘーゲンは彼の能力にも関わらず、戦闘時のコンシリオーリではなかった。彼の一番の欠点はシシリー人ではないということだった。
The Godfather Mario Puzo

 
 

ポイント!
suitにはスーツ以外にも「似合っている」「訴訟」などの意味がある!

suit=「似合っている」

こんにちは高橋です。

今回は「suitスーツ」という単語を取りあげてみます。

日本語で普通「suit」と聞けば「背広」このことになると思います。

もちろん英語にも同じ意味があります。

『collins cobuild』ではこういう風に説明されています。
 
 
A man’s suit consists of a jacket, trousers, and sometimes a waistcoat, all made from the same fabric.
 
 

「ジャケット、ズボン、ときにベストを含み、同じ生地から作られているもの」というのですからまさに「スーツ」「背広」です。

また、『collins cobuild』には特定の場面で着る洋服に関しても言及があります。

 
 
A particular type of suit is a piece of clothing that you wear for a particular activity.
 
 

この場合は、例えば「swim-suit」とすれば「水着」と表わすことができます。

こうした使い方に関しては「スーツ」と「suit」はほぼ異同がない、ということが一応わかります。

ただ次のような使い方になると多少の注意が必要となってきます。

『ゴッドファーザー』でドンが撃たれたあと、ナンバー2の立場にいるトム・ヘーゲンの能力について説明が加えられている場面です。

言葉による説明なので、映画ではシーンとして登場しませんがこの小説のバックグランドを知ることができる重要な一節です。
 
 

『ゴットファーザー』ではこんな風に使われています!

Tom Hagen, despite his abilities, was simply not suited to be a Consigliere in a time of war. His main fault was that he was not a Sicilian.
トム・ヘーゲンは彼の能力にも関わらず、戦闘時のコンシリオーリではなかった。彼の一番の欠点はシシリー人ではないということだった。
 
 

この場合は洋服の「スーツ」のことを言っているわけではありません。

トム・ヘーゲンは「コンシリオーリ」という組織のナンバー2の立場に「フィットしていない」「適格でない」または「合っていない」という意味になります。

この意味には親戚がいて、例えば
 
 
It doesn’t suit her to wear a hat.
 
 
というような表現で使われます。

この「suit」の使い方は「似合っている」という意味になります。

ここでは「帽子をかぶるのは彼女には似合わない」です。

それぞれ、辞書も引いておきましょう。
 
 
If something is well suited to a particular purpose , it is right or appropriate for that purpose. If someone is well suited to a particular job, they are right or appropriate for that job.

If a piece of clothing or a particular style or colour suits you, it makes you look attractive.
 
 
上は「suited」という形容詞の形を説明しています。

「物事が特定の目的にあっている、もしくは誰かが特定の仕事に適しているときにsuitedを使う」とあるのでまさに「適格な」ということです。

下は「衣服や特定のスタイルもしくは色があなたを魅力的にしているときにsuitを使う」のですから「似合っている」となります。

suit=「訴訟」

ほかに日本語の「スーツ」から遠ざかる意味としては例えばこんなものもあります。

『羊たちの沈黙』から引用してみましょう。

レスターが初めての面会でスターリングに教えた彼の患者に関する記述です。
 
 

『羊たちの沈黙』ではこう使われています!

Raspail died intestate, and the lawsuits among his relatives over the estate were followed by the newspapers for a number of months before public interest flagged.
※ntestate遺言状を残さない die intestateで遺言せずに死ぬ
※flag活動、興味などが衰える、揺らぐ
ラスペイルは遺言状を残さずに死に、遺産に関する親族間の訴訟は何カ月か新聞をにぎわしたが、やがて世間の関心が薄らいだ
 
 
この「suit」はどうでしょうか?

「lawsuit」と頭に「law」がついている形ですがこれで「訴訟」の意味になります。

「suit」にも同様の意味があって「suit」=「lawsuit」です。

辞書(『collins cobuild』)ではちゃんとこの意味が載っています。
 
 
In a court of law, a suit is a case in which someone tries to get a legal decision against a person or company, often so that the person or company will have to pay them money for having done something wrong to them.
 
 
「suit is a case」と端的に説明されているのがわかります。

「suit」で「訴訟」ということです。

ちなみに『羊たちの沈黙』に出てきた「ラスペイル」というのはレスターの被害にあった患者の一人でボルティモア・フィルハーモニック・オーケストラのフルーティストだったと説明があります。

そして、レスターはラスペイルを殺したあと彼が所属するオーケストラの理事長を自宅に招きその臓器を料理にして提供したらしいという事実が伝えられます。

この後の文章が、フィクションとして考えるとユーモアのあるものになっているのでついでに引用してみます。

 
 
Lecter was known for the excellence of his table and had contributed numerous articles to gourmet magazines.
The president of the Philharmonic subsequently was treated for anorexia and problems related to alcohol dependency at a holistic nerve sanitarium in Basel.

※anorexia神経性食欲不振症
※alcohol dependencyアルコール依存症

レクターは素晴らしい料理を提供することで知られており、グルメ雑誌に数多くの記事を寄せていた。その後、オーケストラの理事長は、バーゼルの精神身体医学療養所で食欲不振症とアルコール依存症の治療を受けた

 
 
私は、映画の中でアンソニー・ホプキンスが演じたレクターがこの文章によってより立体的になったのをよく覚えています。

「contributed ~to」「投稿する」「gourmet」「グルメ、食通」などの意味です。

こういうTOEICでもよく見かける単語もたくさんちりばめられています。楽しみながら、勉強できる典型的な文章だと思います。

suit=「組」「組札」

だいぶ日本語の「スーツ」から遠くなりましたが、英語にはまだ他に意味があります。

英検1級の問題はどのくらいのレベルか確かめたくて買った過去問題集のなかに「suit」が出てきます。

引用してみましょう。
 
 
To demonstrate his point, he cited a psychology experiment conducted with a set of playing cards, in which some cards had the suit colors reversed.
彼は自らの論点を証明するために、一部の札のマークの色を逆にした1組のトランプを用いて行われた心理実験を引用した。
 
 
ここでの「suit」は「組」「組札」となります。

トランプには4つの組が存在します。「ハート」「スペード」「クローバー」「ダイヤ」の4つです。この「組」です。

「suit」として「組札」とはなかなか出てこないのではないでしょうか。

今日は、「suit」という少しやっかいな単語の意味を紹介しました。

それでは!

 
 

TOEIC900点を突破したときに役立った参考書をこちらで紹介しています!

TOEIC900点突破のために必要な参考書はこれ! 私が実際に使った問題集を紹介します!

2020年12月13日

TOEIC900点達成するための文法書8選!Part5&6の勉強方法&攻略方について

2021年1月31日

これは面白かった! TOEIC900点取得者がおすすめする英語関係の本6選!

2020年12月21日

少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります(今はTOEIC900点を越えました!)。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

 
 
●追伸

高橋
「Suit」の過去形は後ろにedをつける形で「suited」になります。説明したとおりこの「suited」はそのままの形で「合っている」を意味する形容詞にもなります。ちなみに「suit」にeをつけるとスイートルームの「suite」になりますね。「Suite」は名詞しかないので、しっかりわけて覚えておきたいところです。

半年でTOEIC350点アップ! TOEIC900点取得者が実践している勉強方法はこれ!

2019年4月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です