赤い鰊(にしん)red herringで何を表わす? その日本語、英語ではこんな意味もあります! 番外編4

こんにちは高橋です。

今日は「赤い鰊(にしん) red herring」についてお話したいと思います。

といっても、私が「鰊(にしん)」に深い愛着がある、といった類の話ではもちろんありません。

そもそも、あなたはこの「赤い鰊」をご存知ですか?

「ミステリー」が好きなかたなら「常識」かもしれません。

「赤い鰊」とは、もともと「燻製の鰊」のことを指してこれを猟犬の訓練に使ったことから、転じて「目くらまし」「注意をそらすもの」という意味を持つようになった言葉です。

鰊というのは燻製にすると赤くなり、その外見を表して「赤い鰊」としたそうです。

ミステリー小説のなかで「読者から注意をそらすテクニック」として定着した用語でもあるので、ミステリー好きな方にはなじみのある使い方になると思います。

英語で「赤い鰊」は「red herring」と言いますが、辞書(collins cobuild)を引いてみると、端的に意味が表わされています。

 

●If you say that something is a red herring, you mean that it is not important and it takes your attention away from the main subject or problem you are considering.

 

「重要なことではなく、また、あなたが関心のあることや本当の主題から注意をそらすなにか」を指して「red herring」とするというわけです。

まさに「目くらまし」ですね。

ちなみに、この「red herring」は私の辞書にこれ以外の意味は載っていません。

つまり「red herring」といったら燻製のことではなく「目くらまし」の意味に直接つながっているということです。

英語の「red herring」がそのまま日本語になり「赤い鰊」=「目くらまし」として市民権を獲得しているというのが経緯になると思います。

偉そうに講釈をたれていますが正直に白状すると、私もこの意味をはじめから知っていたわけではなく人から教えてもらった知識になります。

昔、東京の祐天寺にあった古本屋の店主の方に教えてもらいましたが、その古本屋はそのままズバリ「赤い鰊」という名前でした。

やけにミステリーが充実しているな、などと思いながら、いつも店内を物色していて一度ふと思いついて質問してみたところ、ここまで偉そうに書いてきたことを私が説明するよりもずっとわかりやすく教えてくれた、というわけです。

ミステリーが充実している古本屋の名前が「赤い鰊」となっていてその意味を知らすに物色していたというのはなかなか「おめでたい」やつですね。
(ただ、上には上がいたらしく、「赤いいわし」とか「赤いさば」と読んでいるお客さんが結構いたそうですが)

この祐天寺の「赤い鰊」、店主が元々映画関係の職についていらっしゃった方で、ジョン・ミリアス(スピルバーグの地獄の黙示録の脚本家)や黒澤明のサインが飾ってあるような渋いお店でした。

職場が祐天寺の近くにあったときは週1回は通ったでしょうか。

その後、転職して祐天寺から足が遠のいた時期にいつの間にかなくなってしまいました。

こういういい古本屋をもう見なくなりましたね。

今日は少しの思い出も交えて「赤い鰊」についてお話しました。

それでは!

TOEIC850点は英語を聞くだけで達成できるのか? 100%実体験を書きました!

2020年2月29日
 
 

少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
「五匹の赤い鰊THE FIVE RED HERRINGS」 (ドロシー・L・セイヤーズ)というまさに「赤い鰊」を題名にした小説があります。1931年に発行とあるので、「赤い鰊」もそれなりの歴史があるということになりますね。

英単語はこう覚える! 本当に効率的なのはこの覚え方です!

2020年3月20日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です