その日本語、英語ではこんな意味もあります!その9 プリントPrint後編

こんにちは高橋です。

今日は引き続き「プリントprint」を紹介します。
(「print前編」はこちらをご覧ください。)

昨日は、英語の「print」は日本語の「プリント」とだいたい同じ意味で使えるけれど「足跡」という意味が英語の「print」の場合あるというお話しをしました。

今日はここからですね。

まず、昨日の補足を少しだけしておくと、「print」の王道的な意味として、英語では「印刷アート」「版画」という意味もあります。

これは、日本語の「プリント」から遠くない意味なので
イメージしやすいのではないでしょうか。

辞書ではこうなっています。

●A print is one of a number of copies of a particular picture. It can be either a photograph, something such as a painting, or a picture made by an artist who puts ink on a prepared surface and presses it against paper.

「特定の絵の複製で、写真や絵画をさすことがある、また加工された表面にインクを塗り、紙に押し付けて作る作家の作品をさすこともある」となっていますね。

後半の「puts ink on a prepared surface and presses it against paper」の部分がまさに版画の説明ですね。

アート作品についても「print」と使えることをまず補足として確認しておきました。

それでは、この意味はどうでしょうか?

これは、犯罪小説、犯罪にからんだ映画には必須の文言になります。

出てきた途端にわかってしまうと思いますが、文脈でフォローしてみましょう。

今日は「羊たちの沈黙」からの一節です。

スターリングが誘拐された上院議員の娘(=キャサリン)の部屋を調べているところからです。

ちなみにこのシーンは映画ではカットされています。

●The room was reasonably neat but it had the ruffled appearance left by searchers with big hands, men who try to put things back exactly, but miss just a little bit. Starling would have known the place had been searched even without the traces of fingerprint powder on all the smooth surfaces.
部屋はある程度はきちんとしているが、不器用な捜査員たち、物を正確に片付けようとしているものの、ちょっとした事を見落としてしまう男たちの手によって少し乱れたようになっていた。部屋中のなめらかな表面に指紋採取用の粉の跡がついているが、それがなくても部屋が捜査されたことがスターリングには分かったに違いない。

「fingerprint」となっているので、きっとすぐにわかりましたね。

そうです。

この場合は「指紋」という意味になります。

「print」の話をしていて、「fingerprint」では少し反則ですが
ちゃんと「print」単体で「指紋」という意味を持っています。

辞書に聞いてみましょう。

●You can refer to invisible marks left by someone’s fingers as their prints.

「目には見えない指の跡」を指して「print」とするのですから「指紋」ですね。

単に「指の跡」とはせずに、「目には見えない」=「invisible」となっているのが面白いところです。

同義語として掲載されているのが、まさに「fingerprint」になります。

指紋の場合、意味をはっきりさせるため「fingerprint」を使うことが多いので
今回もその「慣例」に従ってみました。

この「print」はあなたの好きな映画にもきっと頻出する単語だと思います。

例えば、以前紹介した「THE LONG GOODBYE」にもこの「print」が出てきます。

刑務官がマーロウに対して、こういう風に言う場面があります。

―All right, come on, let’s get your prints.よし、来い。指紋を取るぞ。

マーロウがテリー・レノックスのことで強引に取り調べを受け、指紋を取られる箇所です。

ここでは、指全部の指紋を取ったので「prints」と複数形にしてありますが、指紋を単に「print」として表現していますね。

こちらを先に出せばよかったのですが、映像が中心の場面でしたので、補足としてみました。

これで「プリント」の話はおしまいです。

「指紋」や「足跡」はあなたの頭にしっかりと「プリント」されたでしょうか?

それでは!

 

少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓

英語日記ランキング

こんな感じで英語の学習法と雑学を混ぜた情報を配信していますので興味のある方はLINE友だちになってみてください。きっと英語の勉強が楽しくなりますよ♪
友だち追加

 

●追伸
ツイッターを始めました。

どんどん「足跡=print」を残していくのでフォローしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です