今さら聞けない? 仮定法の考え方 仮定法過去その5 続続・省略の形

こんばんは高橋です。

こりずにやっています!

「仮定法過去」の省略の形です。

なんだか冬でも季節外れの冷やし中華を出している
流行らないラーメン屋みたいですが今日もはりきっていきましょう!

ざっくりおさらいしておくと、「仮定法過去」とは、

「現在の事実ではない」もしくは「可能性の乏しい想像」を
「if+主語+were(or動詞の過去形), 主語+過去形助動詞(could,wouldなど)~+原形不定詞(動詞の原形)」
の形で表わす文法上のルールということでしたね。
(仮定法過去の考え方はこちらをどうぞ↓)
「仮定法過去その1」
「仮定法過去その2 『wish』」

私は例としてゴッドファーザーから次のような文章を引用して説明しました。

例)Perhaps if your father were well, it could be done.
(「たぶんお前のお父さんが健康だったら、そうなっていただろう。」)

またこの仮定法過去というものには「省略」が頻繁に使われる
として「スター・ウォーズ」から以下のような3つの例文をあげ
説明してきました。
前回までは省略はこちら(「仮定法過去その3 省略の形」 「仮定法過去その4 続・省略の形」 )

1、What do you think Padme would do were she in your position?
「パドメがお前の立場だったらどう考える?」
 
2、She would do her duty.
「彼女だったら、自分のやるべきことをする」
 
3、If only Senator Amidala were here.
「アミダラ議員がここにいてくれたらな」

これもざっくりと繰り返すと「1」は「if」が省略された形で「2」
は「if」の文章(条件節)がそのままなくなった形ということでした。

「if」を省略した場合は赤字にしたように語順が
変になるという説明もしましたね。

今日は最後に残った「3」の文章です。

この
「If only Senator Amidala were here. 」
(アミダラ議員がここにいてくれたらな)
という文章は、パルパティーン(のちの皇帝)の思惑通り
共和国がクーロン軍の採用を決めようとするまさにそのシーンで発せられた言葉です。

アミダラ(=アナキンの恋人のパドメのことです)は、命を狙われていたため
アナキンが身辺をガードする形で故郷に帰っており、不在です。

これは、アミダラ(=パドメ)はここにいないけれど「いてくれたら……」という
「事実ではない想像」を表わした文章と言えるわけですね。

「If only Senator Amidala were here.」
とbe動詞が変なかたちになっていて「事実ではない想像」
が書かれているとわかるようになっています。

ただ、そうであるとすると
「ごっそり何かがない」ことになりますね

そうですね。

後ろに続く
「助動詞の過去形(could,wouldなど)+原形不定詞(原形動詞)」
という形の文章がありませんね。

これは「if」に導かれる後ろの文章(帰結節なんて言います)がそっくりそのままなくなってしまった「省略」の形だと言えるわけです。

例えばこの文章は
「If only Senator Amidala were here(she could help us.)」
「アミダラ議員がここにいてくれたら、(私たちを助けてくれるのに)」
と()の内の文章を足すこともできます。

そのほかにも、いろいろと文章を当てはめることはできますね。

ただ、「she could help us.」という後ろがなくても
「If only Senator Amidala were here.」
(アミダラ議員がここにいてくれたらな)
という部分だけでこの人は
「アミダラ(=パドメ)がここにいてほしいんだな」
と理解できる文章になっています。

後ろがなくてもそのまま「願望」としての意味が通じますね。

小春日和のときのマフラーのように
「まあなくてもいいかな。なくても困らないし」
というのがこの「省略」の形だと、ざっくり説明できると思います。

今日取り上げた「スター・ウォーズ」の文章に近いものであれば
「If I only knew!」(音声は↓)という表現もあります。
(トム・ジョーンズの歌にまさに「If I Only Knew」というタイトルがありました)

これは「知ってさえいればなあ」という「現実ではない願望」を表わしたものとなります。

後ろはなくてそのまま、意味を成していますね。

やっぱり簡単でしたね。

最後にいつものようにまとめをしておきましょう。

仮定法過去では後ろに続く
「助動詞の過去形(could,wouldなど)+原形不定詞(原形動詞)」
が省略されることがある。

 
主に(実現不可能な)願望を表わすときに使う。
 
例)
If only Senator Amidala were here.
「アミダラ議員がここにいてくれたらな」

 

少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓

TOEICランキング

TOEICスコアアップに繋がる情報や
英語の雑学などを楽しく学べる情報をLINEで配信しております。
(TOEICスコアアップ動画をプレゼント)
友だち追加

 
●追伸
仮定法は一端ここで終わりにします。

まだほかに、たくさん表現はありますが
そのうちどかっと紹介したいと思います。

もちろんそのときは小説や映画のシーンで紹介します!

ぜひ気軽にフォローしてください↓
ツイッターを始めました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です