製造しているのは実は〇〇!?fabricateやmanufactureなどの裏面が少し怖い件

高橋
こんにちは高橋です。
今日は、同じ意味を持つ単語(=同義語)を紹介しますが、ちょっと「変り種」を拾ってみました。「表の顔」も似ていますが、「裏の顔」の方がもっと似ている面々です。さっそくいってみましょう!

 
 
 
 
 

ウィッキー三世
今日はどんな話ですか?
乱三世
前回も「secure」を取り上げたけど、「わくわくTOEIC対策」のシリーズで多義語ってよく取り上げているだろ?
ウィッキー三世
「copy」とか「file」なんて割と好評でしたよね。
乱三世
今日もそのシリーズの末席に加えてもいいんだけど、個性が強めな多義語というかな。ジキルとハイドじゃないけど、共通した裏バージョンを持っている多義語をいくつか紹介したいと思う。だから同義語の紹介にもなるという感じかな。
ウィッキー三世
B面が共通している単語がいくつかあるってことですか?
乱三世
A面が同じものもあるな。A面もB面も似ているということかな。
ウィッキー三世
TOEIC必須の単語で表の顔も裏の顔も一緒の単語があると。
乱三世
そう。「All the tools are fabricated from high quality steel.」ってどういう意味? 「Collins cobuild」に載っていた例文をそのまま拝借したけど。
ウィッキー三世
「すべての道具は高品質の鋼からつくられている」くらいですか?
乱三世
動詞は何?
ウィッキー三世
「fabricate」ですね。
乱三世
これはどういう意味?
ウィッキー三世
「製造する」ですね。
乱三世
「組み立ててつくる」って意味がある言葉だな。じゃあ、この「fabricate」はどんな意味になるかちょっと考えてみて。「コロンボ」の「逆転の構図」という回から取ったセリフだ。現場にいた酔っ払いの証言をコロンボがダブルチェックしたときに返ってきた答えを引用してみた。

 
 
 
 
 

I’m not saying you’re fabricating all this, but I frankly do not remember anything of last night.

 
 
 
 
 

乱三世
これ日本語にすると「作り話だとは思わないが、正直に言うと夕べのこうとは何も覚えていない」となるね。
ウィッキー三世
要するに、昨日は証言したけど、一晩明けたらまるで覚えていなかったというオチですか?
乱三世
そう。「fabricate」がどういう風に使われている?
ウィッキー三世
「話を作っている」だから、「嘘をついている」くらいですね。
乱三世
これは「話をでっちあげる」「捏造する」ってことだな。さっきB面なんてもったいぶって言ったけど、製造している裏で「捏造」もしていた、っていうことを言いたかったわけだ。一応辞書にも聞いておこう。

 
 
 
 
 

If someone fabricates information, they invent it in order to deceive people.

 
 
 
 
 

乱三世
まさに情報を「でっちあげる」「捏造する」っていう風にできるわけだ。
ウィッキー三世
さっきの話では、A面も似ているということでしたけど、同じセットを持つ単語があるってことですか?
乱三世
「製造する」っていう意味の「fabricate」と同義語は何?「製造する」っていう日本語を聞いて一番最初に出てくるのはどんな単語?
ウィッキー三世
「manufacture」ですね。
乱三世
そう。TOEIC必須とか言う前にとにかくよく見かける単語だろ?
ウィッキー三世
このB面も「捏造する」があるってことですか?
乱三世
ちょっと辞書を引いてみようか。

 
 
 
 
 

If you say that someone manufactures information, you are criticizing them because they invent information that is not true.
=fabricate

 
 
 
 
 

乱三世
「=fabricate」としているのは、言うまでもなく同義語は「fabricate」ですよって言っているわけだ。
ウィッキー三世
「真実ではない情報をでっちあげる」ってことですね。
乱三世
そう。それで、引用文には、またB面が同じ単語が紛れ込んでいるだろ?「fabricate」のときも同じ言葉が使われていたけどわかった?
ウィッキー三世
「invent」ですか。
乱三世
それ。
ウィッキー三世
TOEICの定番は「発明する」ですよね。
乱三世
B面は「捏造する」だよ。「invent」の裏バージョンだ。例えば「羊たちの沈黙」にこんなやり取りがあるから見てみよう。レクターとスターリングの会話だ。

 
 
 
 
 

“What’s your worst memory of childhood?
Starling took a deep breath.
“Quicker than that,”Dr. Lecter said.“I’m not interested in your worst invention.”
“The death of my father,” Starling said.

「きみの子供時代の最悪の記憶は何だ?」
スターリングが大きく息を吸い込んだ。
「早く」レクター博士が言った。「きみの最悪の作り話に関心はない」
「父の死です」

 
 
 
 
 

乱三世
これは、バッファロービルの情報を仕入れるのと引き換えにスターリングが自分のプライベートを答えているという場面だな。「invent」の名詞の形だけど「作り話」っていう意味になっているのが確認できたと思う。
ウィッキー三世
名詞の形をした「invention」だと、同義語は「fabricate」の名詞形だったりするわけですか。
乱三世
そう。「fabrication」が「invention」の同義語としてちゃんと辞書に掲載されているね。一応「invent」の意味も辞書に聞いてみよう。

 
 
 
 
 
If you invent a story or excuse, you try to make other people believe that it is true when in fact it is not.

 
 
 
 
 

乱三世
「invent」の表の顔は「発明する」だから、完全に同じとはいかなくても「manufacture」と「fabricate」とは裏面が完全につながっているってことだな。
ウィッキー三世
「捏造だから」裏で手を握っている感じっていうのがよく出ているのかな。
乱三世
うん。「invent」はTOEICの公式問題集で「“We didn’t think we would be involved in inventing snacks,」(「私たちがスナックの考案に携わるだろうとは思っていませんでした。」)なんて出ているけど、こういう表の顔のほかに裏の顔も一応押さえておきたいというところだな。何があるかはわからないから。
ウィッキー三世
「捏造する」も「つくる」になるから、裏も表も苦労なく頭には入ってきそうですけどね。
乱三世
今日は、この3つを見て欲しかったわけだけど、最後にもう一つだけ紹介しておこうか。いきなり辞書から引っ張ってみよう。

 
 
 
 
 

If someone forgessomething such as a banknote, a document, or a painting, they copy it or make it so that it looks genuine, in order to deceive people.

 
 
 
 
 

ウィッキー三世
いままでの3つとは少し「捏造」の意味が違うようですね。
乱三世
「banknote」っていうのはどういう意味?
ウィッキー三世
「紙幣」ですね。
乱三世
「紙幣・書類・絵などを偽造する」っていう意味に使われるわけだ。表の顔も一応紹介しておくと、「炉」とか「鉄を鍛える」、「(努力して関係などを)築く」っていう意味があるね。例えば「コロンボ」の「死者の身代金」では「But I want you to remember something, Forging evidence is a crime.」(覚えておいてほしい。証拠を捏造するのは犯罪だ)というセリフで使われている。
ウィッキー三世
この場合の捏造した証拠っていうのは何ですか?
乱三世
このときは「鍵」だったね。辞書の文言にあるように「複製してだます」っていうニュアンスがあるわけだ。今日はこのあたりで。

 
 
 
 
 

裏の顔が同じ単語のまとめ
fabricate……「話をでっちあげる、捏造する」(別の意味は「製造する」など)
manufacture……「話をでっちあげる、捏造する」(別の意味は「製造する」など)
invent……「話をでっちあげる、捏造する」(別の意味は「発明する」)
forge……「紙幣・書類・絵などを偽造する」(別の意味は「炉」「鉄を鍛える」「(努力して関係などを)築く」など)

 
 
 
 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
人気ブログランキングへ

TOEICランキング

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
私はこのブログで「聴く」ことを英語学習の中心に据えている、とさんざん書いてきましたが、今日取り上げた「コロンボ」は私がよく聴いていたドラマです。今は古畑任三郎の元ネタとしてよく知られているでしょうか? 私はこのドラマを観る(聴く)時に古畑任三郎の各回がどの「コロンボ」から取られているのか、考えながら観て(聴い)ていました。英語学習は楽しみをどれだけ取り入れられるかというのも重要になってくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です