その日本語、英語だとこんな意味になります!② ~サイダーcider

こんにちは高橋です。

以前「その日本語、英語だとこんな意味になります!1~マンションmansion~」という記事を書いたら、わりと好評だったので、第二弾です。

今日はみんな大好き! 「サイダー」の話です。

まずあなたの頭にあるのはきっと「三ツ矢サイダー」の「サイダー」ですよね。

普通どう絞り出しても他の意味はでてこないと思います。

今日はヤホーで調べるのもやめて、さっそく英語の「サイダー」に当たってみます。

みんな大好き「コロンボ」(そうでもないですか?)の「祝砲の挽歌」という回からです。

犯人(=パトリック・マクグーハン)は大砲の爆発事故にみせかけて
人を殺すわけですがコロンボは犯人が大砲に小細工をしたという証拠を
本人に付けつける必要があります。

ここでは学生たちが「密造」した「サイダー」が犯人を追い詰める
重要な小道具になっています。

columbo:Daybreak came at 6:15, and the ciderjar became visible. And it was visible until 6:25, when it was pulled in the window. And not only did you see it at that specific time, Colonel, but you had to be standing in one specific place. That’s right, sir. You see, you can’t see the window from here. The trees cover it. That’s the only place that you can see the window. You have to be standing directly in back of the cannon. Should I go on?
Colonel:You’ve done a very nice job.columbo

コロンボ:日の出は6時15分でリンゴ酒の瓶がその時に初めて見えるようになった。そして窓が開いていた6時25分までの間だ。さらにその10分間だけでは足りない。大佐、特定の場所から見る必要があるんだ。そうだよ。ここからは窓が見えない。木が邪魔になってね。あそこからしか窓は見えない。大砲の後ろからしか見えないんだよ。続ける必要があるかな?
大佐:すばらしいよ。コロンボ。

陸軍学校の校長である犯人は、細工をした砲弾を大砲に入れたときに
部屋にぶら下げてあったリンゴ酒の瓶を見つけそのことで学生たちに罰を与えようとします。

コロンボは、リンゴ酒が外から見えたのは「土曜日の10分間だけ」
だと調べ上げついに犯人を特定するというのがこの場面です。

そう、「サイダー」は学生たちが「隠しておく」必要がある「リンゴ酒」ですね。

あなたは、この英語の「サイダー」をご存知でしたか?

日本語の「サイダー」は完全に和製英語で、もし日本の「サイダー」を
英語にするなら「soda pop」などとするでしょうか。

ちなみに私が以前働いて職場で、同僚のアメリカ人に
「日本に来て変な英語だと思ったのは何?」
と質問したところ、彼がまさにその時飲んでいた「サイダー」の瓶を持ち上げて
「cider(サイダー)!」
と答えていました。

半分冗談も入っていましたが、和製英語だということですね。

辞書にはどう出ているのか、一応当たっておきましょう。

Cider is a drink made from apples which in Britain usually contains alcohol. In the United States, cider does not usually contain alcohol, and if it does contain alcohol, it is usually called hard cider.

イギリスでは「アルコールを含んでいるのがサイダー」
アメリカでは「アルコールを含まない」とありますね。

そして、アメリカでは、アルコールを含む「サイダー」を「hard cider」と呼ぶと書いてあります。

実際この「祝砲の挽歌」でも最初に「サイダー」に関して言及されていたときに、「hard cider」という風に言っていました。

イギリスもアメリカも、リンゴを基に作った飲み物という点で共通しています。

日本の「サイダー」臭はまったくしませんね。

なお、この「祝砲の挽歌」、「三谷幸喜版コロンボ」では
沢口靖子がゲストスターになっている「笑わない女」
小林稔二がゲストスターになっている「殺人リハーサル」に受け継がれています。

「笑わない女」は沢口靖子が戒律を厳格に守る寮長の役で出てきますね。

これは、軍人の育成に注力する校長=犯人がモデルになっていると思います。

小林稔二は時代劇のスターの役で、撮影所を閉鎖しようとする
ボンクラの2代目(長谷川初範)をリハーサル中の事故に見せかけて切り殺します。

「祝砲の挽歌」の冒頭のくだりをまさに受け継いでいます。

「サイダー」の小道具はなくなっていますが、こういう「親子」の関係も面白いと思うのでぜひ、実際の映像に当たってみてください。

今日は、日本の「サイダー」が英語のサイダーと違うというお話をしました。

 

少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

 

●追伸
サントリーのお客様センターのQ&Aを見ていたら
「サイダー」と「ラムネ」について面白いことが書いてありました。

それによると、

1、「サイダー」は明治時代はちゃんとリンゴ風味だった。

2、「ラムネ」はレモネード(Lemonade)がなまったものらしくその名前の通り
レモン風味だった。

3、「サイダー」の容器は王冠栓の瓶で、「ラムネ」の容器はビー玉栓のガラス瓶だった。

4、年月がたって両者の境があいまいになり、今では、容器によって区別されている。

ということです。

「サイダー」にも歴史あり!ですね。

では!

こんな感じで英語の学習法と雑学を混ぜた情報を配信していますので興味のある方はLINE友だちになってみてください。きっと英語の勉強が楽しくなりますよ♪
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です