その日本語、英語ではこんな意味もあります!その1 キャンペーンcampaign

こんにちは高橋です。

今日は英語も日本語とだいたい意味が同じだけれど、違う意味も存在するという単語を紹介したいと思います。

紹介するのは「キャンペーンcampaign」です。

この言葉、試しにヤフーで検索してみると、

「さまざまなプレゼントが当たるキャンペーンを実施中」

だとか

「店頭でのお得情報・キャンペーン・イベント情報をご紹介しています」

などと、企業の宣伝がずらっと出てきます。

この場合のキャンぺーンは「(販売促進のための)運動・勧誘」くらいの意味でしょうか。

日本人であると、この企業が使っている「ある特典が得られる運動」のことを指して「キャンペーン」とすることが最も多いのではないかと思います。

一方でこの「キャンペーン」、英語の場合辞書(collins cobuild)で一番頭に出てくるのはこんな意味になっています。
 
 

私が使っている辞書ではこういう意味が先頭です!

A campaign is a planned set of activities that people carry out over a period of time in order to achieve something such as social or political change.
 
 

「政治的もしくは社会的な変化を達成するために、ある特定の期間なされる活動」といったところでしょうか。

政治的な意味あいが入っていることで日本語の「キャンペーン」とは若干響きが違いますね。

日本語のキャンペーンと英語の「campaign」は「期間限定の社会的な活動」として共通しているが、英語で使った場合は「選挙のキャンペーン」のような使われ方もして、少しニュアンスが違ってくると言っていいかもしれませんね。

ただ、今日紹介するもう一つの「campaign」は「期間限定の社会的な活動」とは少し意味が離れ日本語では使われることがない言葉となります。

『スターウォーズ・エピソードⅢ/シスの復讐』の一節を引用してみましょう。

ジェダイが次の行動について、どうすべきか議論している場面です。

アナキン・スカイウォーカーがオビ=ワンおよび他の評議会のメンバーとうまくいっておらず、ぎくしゃくした雰囲気のなか交わされる会話です。
 
 

『スターウォーズ』ではこんな会話の中で使われています!

ヨーダ:The capture of General Grievous will end this war. Quickly and decisively we should proceed.
アナキン:The chancellor has requested…that I lead the campaign.
ウィドウ:The council will make up its own mind who is to go….not the chancellor.
ヨーダ:A master is needed, with more experience.
他の評議会員:I concur. Master Kenobi should go.
ヨーダ:I agree.
ウィドウ:Very well, Council adjorned.

ヨーダ:グリーバスを捕えれば戦争は終わる。迅速かつ断固たる行動を進めるべきだ
アナキン:議長は私が作戦の指揮を執るように、要望されています
ウィドウ:誰がいくかは、議長ではなく、評議会が決めることだ。
ヨーダ:より経験のあるマスターがふさわしい。
他のカウンセラー:同感です。マスター・ケノービが行くべきでしょう。
ヨーダ:賛成だ。
ウィドウ:よし、(それでは)閉会する。
 
 

アナキンがここでまさに「キャンペーンcampaign」という言葉を使っていますね。

この場合の「キャンペーン」は上に書いた通り、軍事上の「作戦」という意味です。

アナキンは議長=パルパティーン(のちの皇帝)が自分に作戦の指揮を委ねるように依頼していると伝えています。

辞書(collins cobuild)の意味も引用してみましょう。

 
 

軍事作戦の意味です!

In a war, a campaign is a series of planned movements carried out by armed forces.
 
 

まさに「戦争中の作戦」の意味ですね。

この「キャンペーン」は少し日本人の感覚からは出てこない言葉ではないかと思います。

しかしまったく使わない言葉かと言えば、そうでもないですね。

残念ながら、世界ではまだ、紛争地と呼ばれる戦闘地帯が多数存在します。

またアメリカがそうした戦闘に加わったという事実もそう遠くない過去に存在するわけです。

そのため、世界大戦に言及したような資料、文章ではこの「キャンペーン」が頻出することになります。

ムッソリーニ体制のイタリアで、マフィアがどういう扱いを受けたか示す
文章には例えばこう記されています。
 
 

『汝の父を敬え』という本の中の一節です!

During the Fascist regime in Italy, Mussolini sponsored a campaign of terror against the Mafia , torturing many Mafia suspects and without a fair trial killing many more.
(ファシスト体制のイタリアでは、ムッソリーニはマフィア撲滅作戦を展開し、マフィアの容疑者を数多く拷問にかけ、さらにそれ以上の容疑者を公正な裁判を行うことなく殺戮した)

 
 
残念ながら、日本もついこの間まで、戦争を経験してきた国です。

戦争を振り返った資料や、文書などに触れて、間違っても「キャンペーンcampaign」を「キャンペーンガール」の「キャンペーン」とは思わないようにしたいですね。

今日は、「キャンペーン」が持つ別の意味を紹介してみました。

それでは!

 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
私が聴いてTOEICの点数を上げた方法をこちらで紹介しています。もし、あなたが勉強方法について悩んでいたら、参考にしてみてください。「私の勉強方法についてはこちら!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です