シートベルトがない車は公道を走れない?

LINE登録の特典動画では半年で350点アップさせたときに役立ったとっておきのコンテンツを紹介しています!
私がTOEIC915点になったときに使っていた参考書はこちらをどうぞ!

TOEIC900点突破のために必要な参考書はこれ! 私が実際に使った問題集を紹介します!

2020年12月13日

TOEIC900点達成するための文法書8選!Part5&6の勉強方法&攻略方について

2021年1月31日
 
 
こんにちは高橋です。

今日はシートベルトの話を少ししてみます。

今、日本では車の助手席に乗っていてもシートベルトの着用が義務になっていますが、そもそも、日本で車両に設置義務ができたのは意外に最近で1969年のことだそうです。

他人の命を守るものではなく、乗っている本人のためだと考えると、警察が得をするために設定されたものだと、という気がしないではないですがどうでしょうか。

とにかく、このシートベルトは比較的歴史が浅く、1969年以前の車にはそもそもシートベルト自体がない、ということになります。

では、そうしたシートベルトがない車については公道を走ることができないのかと疑問がわいてきますがこれがそうではないんですね。

実は、シートベルトがない車は、シートベルトをしなくていいんです。

正確には、そもそもシートベルトのない車種に関しては着用義務が除外されるということなんです。

私は、このシートベルトの設置や着用がそもそも比較的最近になってからできた法律だというのを『コロンボ』(『古畑任三郎』の元ネタです)の『逆転の構図』(NEGATIVE REACTION)という回で知りました。

コロンボが、捜査のため、運転免許試験場の試験官をたずねる場面があります。

二人はコロンボのボロ車に乗りこんで、次のような会話を交わします。

 
 

試験官:Seatbelts, Lieutenant. Seatbelts. Where are they?
(警部シートベルトはどこだ?)

コロンボ:I don’t have any, sir. Is that a requirement?
(ありませんよ。それって義務なの?)

試験官:It certainly is.
(そうだよ(当然だよ))

コロンボ:A new regulation?
(新しい法律?)

試験官:14monts.
(14カ月(前から))

コロンボ:Well, I’ll certainly do something about that.
(そうですか。必ずなんとかします)

 
 
この作品が発表されたのは1974年のことです。

そうなると、その時期には、シートベルトがない車をドラマに出してもそれほど違和感がなかったと考えることができると思います。

私はこのドラマを見た時点で、シートベルトが日本でいつ義務化されたのかを知りませんでした。

興味がわいて調べてみたら、シートベルトがない車が今でも公道を走ることができるということを知ったわけです。

昔、所ジョージがシートベルトのないアメ車を番組で走らせたらすごい量の苦情が届いたと話していました。

そういう人も『コロンボ』を見ていれば、苦情を届ける無駄な労力を使わずに済んだかもしれませんね。

今日は古い英語のドラマや映画は「雑学の宝庫」だと思う、ということをお話してみました。

それでは!

 
 

少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります(今はTOEIC900点を越えました!)。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

 
 

●追伸

高橋
シートベルのくだりだけではなく、私は、この試験官のキャラクターもとても面白いと思ってしょっちゅう『逆転の構図』を観ています。今は違うとは思いますが、昔は運転教習所の教官はやたら偉そうにしている人が多かった印象があります。もっとソフトに書けば厳しい方が多かったと思います。(私も一度怒鳴られたことがあります。)あなたが免許を取ったときはどうでしたか?私は、この試験官を見て「アメリカでもこういう人がいるんだな~」となんだか、アメリカの現実がずっと身近になった気分になりました。

半年でTOEIC350点アップ! TOEIC900点取得者が実践している勉強方法はこれ!

2019年4月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です