TOEICのスコア表(第246回2019年12月15日実施)が届きました。~今回の素点は何点?~

高橋
こんにちは高橋です。
2019年12月15日実施(第246回)のスコア表(OFFICIAL SCORE CERTIFICATE)が届きましたね。また例によって、少し詳しく素点を見てみたいと思います。
今回もTEX加藤さんがブログで発表されているフォームごとの正解数換算表を使用させていただいたので、ご自分のフォームがわからない方はこちらからご覧になってみてください。
 
 


 
 

今回のリスニングの素点は94点(99問中)でした!

ウィッキー三世
2019年12月15日の成績表を基にまた素点を見ていくということですか。
乱三世
まず前提として前回も話したとおり、同じ日にTOEICを受けたとしても全ての人が同じ問題を解いたわけではない、ということだな。高橋はTEX加藤さんの換算表によるとフォーム1になる。
ウィッキー三世
リスニングの平均値(Average)が64/67/84/70/55というやつですね。
乱三世
そう。一番上を「項目1」とすると1が100%だから「0問」、「項目2」が92%だから「2問」、「項目3」が100%だから「0問」、「項目4」が93%だから「3問」、「項目5」が93%だから「1問」、それぞれ間違ったということになるようだ。合計で「6問」落している。
ウィッキー三世
素点で言うと「94点」ですか?
乱三世
今回フォーム1と2では採点対象外の問題が1問あったそうだから、母数が99となるな。だから「99問」中「94問」ということになる。
ウィッキー三世
とにかく6問はまちがったと。
乱三世
「6問」間違えて「480」だったわけだ。前回(2019年11月24日実施)は「92問」正解(8問不正解)で「460」だったから、素点ではそれほど変わらなくてもスコアで20ポイント上がったということだな。高橋は2019年5月にも一度受けていてその時は、全体のスコアが「855」、リスニングが「470」だ。
ウィッキー三世
まあ、だいたいそのあたりをうろちょろしていたわけですね。
乱三世
満点の「495」まであと15ポイントをどうやってあげるか、という対策も必要ではあるけど安定していた、と言えば言えるとは思う。
ウィッキー三世
でも、リーディングが下がったというのが受けますね。
乱三世
前回「415」で今回「390」だな。
ウィッキー三世
でも、とりあえずポテンシャルとしてはスコア「895」はあるというポジティブな考え方もできそうではありますね。
乱三世
リーディングの反省をしてもいいけど、対策としては、前回の成績表を紹介したときに触れたことに尽きるな。
●前回(245回、2019年11月24日実施)の記事はこちらになります!
「TOEICのスコア表が届きました。~今回の素点は何点?~」
ウィッキー三世
同義語と多義語の理解を徹底するということですね。
乱三世
だから、今日は、リスニングが「480」になったその好ましい部分をとりあげよう。ずっとこのブログで言ってきた隙間時間を使って「聴く」ということの重要性をもう一度確認しておこう。

 
 

リスニングの点数をあげた私の方法はこれです!

乱三世
まずこのブログを読んでくれていて、さらにLINEの登録特典の動画を見てくれた人に言いたいのは、あそこで挙げた「聴く」ためのコンテンツは高橋がスコア「480」になった今でも暇があれば聴いていて、同じく挙げている単語集は高橋が事あるごとに立ち返って読み直しているということだ。つまり、あそこで挙げているコンテンツの組み合わせはTOEICで点数を取るために極めて有効だ、ということだな。しかもスコアが「480」になってもTOEICのリスニングに特化した勉強というのはいまだにしていない、ということを改めて強調しておきたいと思う。
ウィッキー三世
でもあれってわりと意外に簡単なコンテンツですよね。
乱三世
大抵の人は簡単だからと高をくくってろくに「聴かない」んだな。ただし、コンテンツの隅々まで聴いてみると、初心者のためだけのものではないと気付くはずなんだな。とにかく、単語集とコンテンツがお互いにそれぞれの復習をできるようになっているという構造が非常に大事なわけ。
ウィッキー三世
LINE登録の動画を見ていない人にはわけのわからないことになってしまいますね。
乱三世
まずは「聴く」という勉強の仕方を紹介した下の記事を読んでもうというのがいいけど改めて要点をかいつまんで説明してみようか。
具体的な勉強方法はこちらにまとめてあります。
「私の勉強方法についてはこちら!」
ウィッキー三世
「聴く」ことのさわりをもう一度ですか。
乱三世
まず、重要なのは、コンテンツを全部聴けるようにMP3形式にしてプレイヤーに放り込んでしまうということだったわけだな。
ウィッキー三世
自己責任ということになりますけど、高橋の場合は自分で所持している映画やドラマのDVDもMP3形式にして聴いていたわけですね。
乱三世
そう。小説も映画もドラマもそのほかのコンテンツも全部耳から入れてしまうわけ。耳が空かないときってあんまりないだろ? 手が空かないっていうのはよくあるけど。
ウィッキー三世
とくに、仕事がある人は通勤電車なんかの移動をかき集めれば結構な時間になるわけですね。
乱三世
プレイヤーをポケットに入れておいて、あとはイヤホンを耳に装着すればいいわけだ。どんなに混んでいたって、両手がふさがっていたって、耳だけはちゃんと空いているはずだろ? あとはこの方法を信じるか信じないかだ。
ウィッキー三世
それじゃあ霊感商法ですよ。
乱三世
点が上がらない人って結局何を言われてもやらないから点が上がらないんだな。簡単な話なの。
ウィッキー三世
でも、小説や映画なんてTOEICの点数あげるなら、少し遠回りだと感じる人もいるんじゃないですか。
乱三世
TOEIC頻出の単語集も聴いてしまえばいいわけ。今CDが付いていないものなんてないだろ?LINE登録で挙げた単語集もそうだけど。すべてMP3 形式にしてしまうのが基本だ。それから、聴くときの別の工夫も紹介しただろ? 覚えている?
ウィッキー三世
それは日本語→英語の順番で流れてくるものを必ず入れておくということでしたね。
乱三世
例えば「アミダラ議員がここにいてくれたらな」という日本語が流れたあとに「If only Senator Amidala were here.」と英語を読んでくれるような順番になっているものということだな。この文章は『スター・ウォーズ』から取ったものなのであくまでも例だけど。
ウィッキー三世
これは仮定法の省略の形だったということですよね。
乱三世
そう。よく覚えているね。この日本語→英語の順番で流れてくる、というのがとにかく効果があるんだな。「英語ではこう言う」っていうのがクイズ形式で頭に入るわけだから。まあその親玉がくどいようだけどLINE登録の特典動画で紹介しているコンテンツなわけだ。それと、映画、小説ということで言えばそれをなんで聴くのかも説明しただろ?
ウィッキー三世
それは、TOEICやその他の資格試験の勉強はそれだけ進めると必ず途中で挫折するからですね。特に社会人は。
乱三世
毎回似たような問題みてそれでも飽きないのは成績が急上昇しているときだけだよ。少し停滞すると勉強も停滞することになる。そういうときに愛着のあるコンテンツに戻れるというのは本当に強みになるよ。それからスコア900以上を狙うんだったらTOEICの過去問にないものを拾ってないと厳しいなんて当たり前の話だろ?
ウィッキー三世
なぜですか。
乱三世
今まであまり聞かなかったことか、まったく聞きかなかったことを、試験で聞いて点を取らせない工夫をするわけだから、考えるまでもないことだろ? 過去問に載っている以外のところをどれだけ答えられるかが最終的にはカギになるわけだ。
ウィッキー三世
それでも「聴く」だけではダメでしょっていう人もいますよね。意味が取れないから。
乱三世
だから日本語で読んだ、あるいは視聴した愛着のあるコンテンツを選ぶということだな。
ウィッキー三世
筋がわかっているものを選ぶと。
乱三世
そう。頭に浮かぶ「場面」で覚えた英語って絶対に忘れないからな。例えば、高橋が『ゴッドファーザー』で耳に残ったフレーズにこんなものがある。

 
 

こんなセリフが頭に残っています!

When the Don answered, his voice was cold, without comfort. “You blaspheme.Resign yourself.
※blaspheme冒涜する、ののしる
ドンが答えたとき、そこには言葉の暖かみはなく冷たい響きしかなかった。
「それは神への冒涜というものだ。受け入れることだ。」

 
 

乱三世
これは、マフィアのドンが癌で亡くなった友人に最後にかけた言葉なんだな。
ウィッキー三世
この部分の具体的には何が耳に残っていたんですか。
乱三世
「Resign yourself.」というところだ。これどんな意味になっている?
ウィッキー三世
「受け入れる」ということですか。
乱三世
「resign」って普通どういう意味?
ウィッキー三世
「辞める」とか「辞任する」ってことですね。
乱三世
「権利なんかを捨てる」ってことなんだけど、「~self」を一緒に使うと「甘んじて受け入れる」となるんだな。「なんだそんなことか」と言われればそうなんだけど、高橋はこのフレーズをずっと、辞書も調べずにそのままにしておいたわけ。ただあるときたまたま立ち読みしたTOEICの問題集にこのフレーズが入った文章を見つけて、初めて意味がはっきりしたんだな。少し強引な話だけど、耳に残しておけばいいの。そうすれば後で別の文脈に入ったときに、その文脈が教えてくれるっていうのはよくあることなんだ。
ウィッキー三世
とにかく高橋はTOEIC専用の特別な対策はせずにリスニングのスコアが「480」にまでなったということですね。
乱三世
そう。聴く工夫をしていけば絶対に可能な数字だということを強調しておこう。今日はここまで。
 
 
少しでも面白いと思ったら「いいね!」の感覚でクリックしていただけると嬉しいです。↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

高橋
TOEICスコアアップに役立つ13分の動画を期間限定でプレゼント中です!

私が働きながら半年で300点の得点をUPさせた際にやったことの全てを網羅してあります。
ブログでは書かなかったことを具体的なコンテンツ名を上げて解説しているのでぜひプレゼント中にお受取りください!
(プレゼントは予告なく削除することがあります)↓ここをクリック

●追伸

高橋
コンテンツを「聴く」というのは最も有効な時間活用術です。私はどうしても机に向かう時間が作れなった日でもコンテンツを聴かなかったという日は一日もありません。MP3プレイヤーには気にいった小説、映画、ドラマ、そのほかの英語のコンテンツがごった煮のように突っ込んであります。またそのコンテンツの内容は核になるもの以外は常に新しいものを入れるようにしています。これも自分を飽きさせない工夫の一つです。自分の好きなものに触れることがそのまま英語の勉強にもなる、というのはある意味理想的な学習と言えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です